• fluct

  • としまえん跡地の「ハリー・ポッター」「ファンタビ」体験型施設、2023年前半の開園へ

    2020年08月18日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    映画シリーズ第1作「ハリー・ポッターと賢者の石」公開から来年で20周年。「ハリー・ポッター」シリーズで描かれた魔法の世界は「ファンタスティック・ビースト」シリーズに引き継がれ、現在も世代を超えて愛されています。

    そんななか、8月18日(火)、ロンドンで「メイキング・オブ ハリー・ポッター」を運営するワーナー ブラザース スタジオツアーズとワーナー ブラザース ジャパン、西武鉄道、伊藤忠商事、芙蓉総合リースが、としまえん跡地での体験型エンターテインメント施設「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 – メイキング・オブ ハリー・ポッター」(以下「スタジオツアー東京」)の開発に関する契約を締結したと発表しました。

    2012年開園の「スタジオツアーロンドン」に次ぎ、世界で2番目の開設となる「スタジオツアー東京」。同施設では、映画シリーズ製作者の設計による映画セットの数々を探索しながら、「ハリー・ポッター」「ファンタスティック・ビースト」2つの映画シリーズの世界観をより深く知ることのできる、特別な仕掛けが用意される予定だそう。映画で使用された衣装・小道具などの室内展示も楽しめます。

    オープン予定は2023年前半で、施設の広さは約30,000平方メートル。入場口前の広場には、“魔法動物”の彫刻が置かれた造園エリアの展開が計画されており、来場者だけでなく地域の人々も楽しめる「新しいシンボル」となりそうです。

    ‘Wizarding World’ and all related names, characters and indicia are trademarks of and © Warner Bros. Entertainment Inc. – Wizarding World publishing rights © J.K. Rowling.

     

    関連記事

    ハリポタ20周年×ファンタビ続編公開!魔法ワールドを味わうおすすめ本5選

    「ハリー・ポッター」8番目の物語が描くのは、あの戦いの“19年後”




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る