• fluct

  • 映画「おらおらでひとりいぐも」11月6日公開 桃子さんの“賑やかな孤独”が垣間見える予告編も解禁

    2020年07月30日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    映画「おらおらでひとりいぐも」の公開日が11月6日(金)に決定し、本編映像初解禁となる予告編が公開されました。

    同作は、芥川賞・文藝賞をダブル受賞した若竹千佐子さんのデビュー小説を、「南国料理人」「横道世之介」などで知られる沖田修一監督が映画化したもの。夫婦水入らずで穏やかな老後を過ごそうと思っていた矢先に、夫に先立たれてしまった「桃子さん」という75歳の女性が主人公です。

    “どうすっぺ、この先――。”

    ひとり退屈な毎日がずっと続くのか……と思っていた桃子さん。しかし彼女の前に突然、自分と同じ服装をした3人組が現れます。

    「おらだば おめだ(俺はお前だ)」。

    3人組は、桃子さんの心の声が具現化された“寂しさ”たち。それから桃子さんの毎日は、新しい世界に開けた、〈賑やかな孤独〉に満ちた日々へと変わっていきます。

    予告編には、現在と若い頃の桃子さん(田中裕子・蒼井優)、桃子さんの“寂しさ”たち(濱田岳・青木崇高・宮藤官九郎)、夫の周造(東出昌大)のほか、VFXによってアノマロカリスやマンモスも登場。

    ハナレグミが歌う主題歌「賑やかな日々」では、沖田監督が初めて作詞に挑戦しています。

     

    関連記事

    『おらおらでひとりいぐも』田中裕子・蒼井優で映画化 原作に惚れ込んだ沖田修一が監督・脚本を手がける

    田中裕子15年ぶりの主演映画「おらおらでひとりいぐも」 主人公の《寂しさ》役で濱田岳・青木崇高・宮藤官九郎が出演

     

    映画「おらおらでひとりいぐも」作品情報

    昭和、平成、令和をかけぬけてきた75歳、ひとり暮らしの桃子さん。
    ジャズセッションのように湧き上がる“寂しさ”たちとともに、賑やかな孤独を生きる――

    1964年、日本中に響き渡るファンファーレに押し出されるように故郷を飛び出し、上京した桃子さん。あれから55年。結婚し子供を育て、夫と2人の平穏な日常になると思っていた矢先……突然夫に先立たれ、ひとり孤独な日々を送ることに。図書館で本を借り、病院へ行き、46億年の歴史ノートを作る毎日。しかし、ある時、桃子さんの“心の声=寂しさたち”が、音楽に乗せて内から外から湧き上がってきた!
    孤独の先で新しい世界を見つけた桃子さんの、ささやかで壮大な1年の物語。

    おらおらでひとりいぐも
    著者:若竹千佐子
    発売日:2020年06月
    発行所:河出書房新社
    価格:693円(税込)
    ISBNコード:9784309417547

    田中裕子
    蒼井優 東出昌大 / 濱田岳 青木崇高 宮藤官九郎
    田畑智子 黒田大輔 山中崇 岡山天音 三浦透子 / 六角精児 大方斐紗子 鷲尾真知子

    原作:若竹千佐子『おらおらでひとりいぐも』(河出文庫)
    監督・脚本:沖田修一
    音楽:鈴木正人
    主題歌:ハナレグミ「賑やかな日々」(スピードスターレコーズ)
    撮影:近藤龍人
    照明:藤井勇
    美術:安宅紀史
    録音:矢野正人
    編集:佐藤崇
    VFXスーパーバイザー:オダイッセイ
    アニメーション:四宮義俊
    フードスタイリスト:飯島奈美

    製作:『おらおらでひとりいぐも』製作委員会
    配給:アスミック・エース

    http://oraora-movie.asmik-ace.co.jp/

    © 2020「おらおらでひとりいぐも」製作委員会




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る