• fluct

  • 映画「窮鼠はチーズの夢を見る」成田凌演じる“今ヶ瀬”の狂おしい恋心が伝わる新場面写真解禁

    2020年07月15日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    大倉忠義さん主演映画「窮鼠はチーズの夢を見る」(9月11日(金)公開)の新場面写真が解禁されました。

    解禁されたのはいずれも、大倉さん演じる大伴恭一に学生時代からずっと片思いしている「今ヶ瀬」(演:成田凌)が、部屋でくつろいでいる姿をおさめたもの。

    ベッドで煙草をくわえた1枚目のカットは、今ヶ瀬の自室でのシーン。

    手に握られたピンクのZippoライターは学生時代に恭一からもらったもので、今ヶ瀬は恭一に再会するまで7年間ずっと、そのライターを使い続けていることを表しています。

    2枚目は、恭一の部屋でソファに座っているカット。

    大事そうに胸に抱えているのは、その夜、誕生日のお祝いに恭一からプレゼントされたワインです。

    ハイチェアの上で小さく体を丸めている3枚目のカットも、恭一の部屋でのシーン。

    ここは今ヶ瀬のお気に入りの場所で、いつしかそこは、2人の恋愛を象徴する大事な場所へと変化していくことに……。

    どのカットも愁いを帯びた表情で一点を見つめており、恭一に対して狂おしいほどの恋心を抱く今ヶ瀬の心情がそのまま切り取られています。

    成田さんが演じた今ヶ瀬については、行定勲監督も「とにかく可愛らしかったですね。しなやかで、繊細で。彼は、恋をしている高揚感に満ちた表情、特にキラキラと潤んだ瞳を表現するのが難しいと言っていたけれど、お芝居をし始めると不思議とそうなっていました」と太鼓判を押しています。

    窮鼠はチーズの夢を見る
    著者:水城せとな
    発売日:2020年04月
    発行所:小学館
    価格:1,265円(税込)
    ISBNコード:9784098710362

     

    関連記事

    部屋着の大倉忠義が、成田凌の手からスナックを……「窮鼠はチーズの夢を見る」くつろぐ2人の場面写真解禁

    「窮鼠はチーズの夢を見る」クランクアップ!大倉忠義「成田凌はナチュラルに今ヶ瀬」

     

    映画「窮鼠はチーズの夢を見る」作品情報

    あらすじ
    7年ぶりの再会 突然の告白 運命の歯車が動き出す――

    学生時代から「自分を好きになってくれる女性」と受け身の恋愛ばかりを繰り返してきた、大伴恭一。ある日、大学の後輩・今ヶ瀬渉と7年ぶりに再会。「昔からずっと好きだった」と突然想いを告げられる。戸惑いを隠せない恭一だったが、今ヶ瀬のペースに乗せられ、ふたりは一緒に暮らすことに。ただひたすらにまっすぐな今ヶ瀬に、恭一も少しずつ心を開いていき……。
    しかし、恭一の昔の恋人・夏生が現れ、ふたりの関係が変わり始めていく。

    原作:水城せとな『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』(小学館「フラワーコミックスα」刊)
    監督:行定勲
    脚本:堀泉杏
    音楽:半野喜弘
    出演:大倉忠義 成田凌 吉田志織 さとうほなみ 咲妃みゆ 小原徳子
    配給:ファントム・フィルム
    映倫区分:R15

    https://www.phantom-film.com/kyuso/

    9月11日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

    ©水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る