• fluct

  • 鬼頭莫宏『ぼくらの』完全版が全5巻で刊行 ゼロ年代を代表するトラウマロボットSF 完全新作漫画も収録

    2020年07月10日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    鬼頭莫宏さんの漫画『ぼくらの』の完全版(全5巻)の刊行が、6月27日(土)よりスタートしました。

    全巻ともカバーが新たに描き下ろされ、雑誌掲載時しか見ることのできなかった本編カラーや、初収録となる設定画・イラストなどを特別収録。さらに、10月発売の最終5巻には完全新作漫画が収録されます。

    完全版ぼくらの 1
    著者:鬼頭莫宏
    発売日:2020年07月
    発行所:小学館クリエイティブ
    価格:1,980円(税込)
    ISBNコード:9784778038311

    『ぼくらの』は、2003年から約5年半にわたって「月刊IKKI」(小学館)で連載され、以降の漫画やアニメ、ゲームに大きな影響を与えたロボットSF漫画。2007年にはTVアニメ化されて主題歌「アンインストール」とともに話題になり、2010年には第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞しました。

    本作の主人公は、夏休みの自然学校で「ココペリ」という謎の男に出会った15人の少年少女たち。暇を持て余していた彼らは、ココペリに誘われて“契約”を交わしてゲームに参加し、真相を知らぬまま戦いに身を投じていくことになります。

    ゲームの内容は「パイロットとして無敵の巨大ロボットに乗り、敵を倒して地球を守る」というもの。しかしやがて彼らは、これが単なる遊びではないことを仲間の命をもって知らされます。

    子どもたちが背負うにはあまりに残酷な運命と、丁寧に描かれる少年少女たちの心の機微。ラストの衝撃は、きっと今読んでも10年の経過を感じさせません。

    現在は第1巻・第2巻が発売中。第3巻は8月、第4巻は9月に発売予定です。

    なお『ぼくらの』完全版刊行を記念して、全巻購入者を対象に、カラー複製原画を抽選でプレゼントするキャンペーンも実施されます。くわしくは『ぼくらの』完全版公式Twitter(@boku_koemusi)にて。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る