• fluct

  • 『累』の松浦だるまが新境地・時代劇に挑む!『太陽と月の鋼』スペリオールで連載開始

    2020年06月12日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    6月12日(金)発売の「ビッグコミックスペリオール」13号(小学館)にて、『累―かさね―』の松浦だるまさんによる新連載『太陽と月の鋼(はがね)』がスタートしました。

    前作『累―かさね―』は、類まれな演技力を持ちながら醜く生まれたヒロイン・累が、“伝説の女優”といわれた母が遺した口紅の力を使い、口づけすることで他人の顔を奪いながら舞台女優としてのし上がっていくさまを描いたサスペンス漫画。2018年には土屋太鳳さん・芳根京子さんのダブル主演で実写映画化され、累計発行部数230万部の人気作となりました。

    今作『太陽と月の鋼』は、なんと時代劇! 「ビッグコミックスペリオール」13号には、『太陽と月の鋼』が巻頭カラーで掲載されています。

    連載に際し、前作のヒロイン・累と、新主人公・竜土鋼之助のコラボイラストも到着しました。

    約二年ぶりの本連載、しかも時代劇という新境地で緊張しておりますが、一緒にたのしんでいただけたらうれしいです! 『累』から『鋼』へ よろしくお願い致します!

    ビッグコミック スペリオール 2020年 6/26号
    著者:
    発売日:2020年06月12日
    発行所:小学館
    価格:380円(税込)
    JANコード:4910260040608
    累 14
    著者:松浦だるま
    発売日:2018年09月
    発行所:講談社
    価格:682円(税込)
    ISBNコード:9784065125670

     

    関連記事

    人の運命をも変える“美醜” その本質を描く『累』はこうして生まれた〈松浦だるまインタビュー〉




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る