• fluct

  • 尾崎世界観『身のある話と、歯に詰まるワタシ』待望の書籍化!“もっとも気になる人”との対談集

    2020年06月18日
    楽しむ
    日販 仕入部 村中
    Pocket

    ロックバンド・クリープハイプのボーカル・ギターとして活躍しながら、小説『祐介』やエッセイ『泣きたくなるほど嬉しい日々に』など精力的な執筆活動でも注目されている尾崎世界観さん。

    6月19日(金)に、対談集『身のある話と、歯に詰まるワタシ』が発売されます。

    身のある話と、歯に詰まるワタシ
    著者:尾崎世界観
    発売日:2020年06月
    発行所:朝日新聞出版
    価格:1,540円(税込)
    ISBNコード:9784022516879

    本作は、2018年から2019年に文芸誌「小説トリッパー」に連載した対談をまとめたもの。

    作家としても活躍中の男性アイドルグループ「NEWS」の加藤シゲアキさんをはじめ、詩人の最果タヒさんや格闘家・那須川天心さんなど、さまざまなジャンルで活躍している人との対談を収録。尾崎さんが「いま、もっとも気になる人」と言葉を通して語り合います。

    書籍化にあたって、かつて「尾崎世界観さんの追っかけ」をしていた、ロックバンド「My Hair is Bad」のフロントマン・椎木知仁さんとの初対談を特別収録。

    人気ロックバンドのボーカルと熱烈なファンから、対等の関係になった2人の話は必読です。

    作家・ミュージシャン・タレントとして活躍する尾崎世界観による初の対談集。ゲストは、加藤シゲアキ、神田伯山、最果タヒ、金原ひとみ、那須川天心、尾野真千子、椎木知仁(My Hair is Bad)。

    あらかじめ記しておくが、これは雑談集ではない。

    あくまでも一対一の真剣勝負、心にヒッカキキズを残す本音だけのやり取りである。互いの存在を寄りどころにして生まれた言葉と言葉の応酬は、飛躍や脱線を繰り返しながら思わぬ着地点へと向かう。

    尾崎世界観が「いま、もっとも気になる人」とともにつくりあげた、対談という名のあたらしい作品集。

     

    関連記事

    尾崎世界観と千早茜が共作「ダメ男×めんどくさい女」を描く恋愛小説『犬も食わない』
    クリープハイプの「生みの苦しみ」が凝縮!尾崎世界観の日記エッセイ第2弾『苦汁200%』




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る