• fluct

  • “息子が姿を消した日、同級生が殺された。息子は殺人犯か、被害者か――?” 映画「望み」特報映像解禁!

    2020年06月10日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    “高校生の息子が消えたその日、同級生が殺された。息子は犯人なのか。それとも、もう1人の被害者なのか?”

    雫井脩介さんの同名小説を原作に、「人魚の眠る家」「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督がメガホンをとり、「八日目の蝉」の奥寺佐渡子さんが脚本を手がける映画「望み」(2020年10月全国公開)。

    6月10日(水)、初の映像解禁となる特報映像が公開されました。

    特報映像は、「行ってきます」と笑顔で出かける雅(清原果耶)・規士(岡田健史)の姿と、子どもら2人を見送る父母(堤真一・石田ゆり子)が映し出される“平凡ながら幸せな家庭の風景”からスタート。しかしそんな一家の日常は、息子の失踪と、それとともに起きた「同級生の殺害事件」によって一変していきます。

    「殺された倉橋くんと遊び仲間だったそうですね?」と迫る記者(松田翔太)。「(息子は)被害者だという可能性もあるんじゃないか」と刑事に訴える父。「お父さんは規士が死んでてもいいって言うの!?」と声を荒げる母。石川家を取り巻く人々の印象的な表情も映し出され、事の真相と、それぞれの“望み”に思いを巡らせる内容となっています。

    ストーリー
    一級建築士の石川一登(いしかわ かずと)とフリー校正者の妻・貴代美(きよみ)は、一登がデザインを手掛けた邸宅で、高校生の息子・規士(ただし)、中3の娘・雅(みやび)とともに幸せに暮らしていた。規士は怪我でサッカー部を辞めて以来遊び仲間が増え、無断外泊が多くなっていた。受験を控えた雅は、志望校合格を目指し、毎日塾通いに励んでいた。
    冬休みのある晩、規士は家を出たきり帰らず、連絡すら途絶えてしまう。
    翌日、一登と貴代美が警察に通報すべきか心配していると、同級生が殺害されたというニュースが流れる。
    警察の調べによると、規士が事件へ関与している可能性が高いという。しかし「もう一人殺されている」という噂が流れたことで、規士が被害者である可能性も出てきた。
    行方不明者は3人。そのうち犯人だと見られる逃走中の少年は2人。息子は犯人なのか、それとももう一人の被害者なのか。

    望み
    著者:雫井脩介
    発売日:2019年04月
    発行所:KADOKAWA
    価格:748円(税込)
    ISBNコード:9784041082096

     

    関連記事

    [コメントあり]“息子の失踪”から「家族」が壊されていくミステリー 映画「望み」に岡田健史・清原果耶・松田翔太ら出演決定!

     

    映画「望み」作品情報

    堤真一 石田ゆり子
    岡田健史 清原果耶
    加藤雅也 市毛良枝 松田翔太 竜雷太

    監督:堤幸彦
    原作:雫井脩介『望み』(角川文庫刊)
    脚本:奥寺佐渡子

    配給:KADOKAWA

    10月全国公開

    nozomi-movie.jp

    © 2020「望み」製作委員会




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る