• fluct

  • 「心霊探偵八雲」シリーズ完結!最終12巻『魂の深淵』6月25日発売 16年の軌跡をたどるファンブックも

    2020年06月05日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    心霊探偵八雲 12
    著者:神永学
    発売日:2020年06月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,540円(税込)
    ISBNコード:9784041091814

    神永学さんによる人気シリーズ「心霊探偵八雲」が、6月25日(木)発売の第12巻『魂の深淵』をもって完結を迎えます。

    同日には、公式ファンブック『心霊探偵八雲 COMPLETE FILES』も発売。シリーズ完結を記念して、Webサイン会の実施や、特典付きサイン本セットの販売も決定しました。

    「心霊探偵八雲」シリーズは、死者の魂を見ることのできる“赤い左眼”を持つ青年・斉藤八雲と、大学の友人であり助手(自称)でもあるヒロイン・小沢晴香を中心としたサスペンス・ミステリー。2003年に神永さんが自費出版した『赤い隻眼』(文芸社刊)に端を発し、これまでに漫画化、TVドラマ化、アニメ化、再演を含む6度の舞台化など幅広く展開され、若年層を中心にヒットしました。

    公式ファンブックには、そんな「心霊探偵八雲」シリーズ16年の魅力を凝縮。書き下ろし短編や神永さんのロングインタビュー、京極夏彦さんとの対談、藤巻亮太さん(元レミオロメン)との対談、未公開のイラストギャラリーなどが掲載されます。

    『心霊探偵八雲 COMPLETE FILES』掲載内容
    ・スペシャル対談Ⅰ:京極夏彦「小説とはすべて妖しく異なものである」
    ・スペシャル対談Ⅱ:藤巻亮太「僕らを育てた街と、僕らの物語」
    ・書き下ろし短編「それぞれの明日」
    ・神永学ロングインタビュー:八雲とともに生きた16年間のこと
    ・開かずの間に巣食うもの ――幻のデビュー作『赤い隻眼』より ほか

    著者:神永学
    発売日:2020年6月25日
    仕様:A5判並製・200ページ
    装画:加藤アカツキ
    装丁:原田郁麻
    定価:本体1600円+税
    発行:株式会社KADOKAWA
    ISBN:9784041094129

    Webサイン会は、三省堂書店池袋本店、星野書店近鉄パッセ店、大垣書店オンライン、紀伊國屋書店ウェブストアにて実施。こちらの書店で6月4日(木)10:00より、神永さんのサイン本(直筆為書き入り・特典付き)の予約販売が行なわれます。

    特典は、「神永学直筆メッセージ付き特製イラストカード」「サイン会参加者限定 スペシャルトーク動画視聴権」の2点。なお申し込みは先着順で、受付期間内でも予定数に達し次第締切となります。

    【東京】三省堂書店池袋本店
    【名古屋】星野書店近鉄パッセ店
    【全国】大垣書店オンライン
    【全国】紀伊國屋書店ウェブストア

     

    関連記事

    売れっ子作家は、デキるビジネスマンでもある!?:神永学さんの仕事場訪問




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る