• fluct

  • 『カケラ』湊かなえ待望の新作!見た目をテーマに、人間の暗部を炙り出す長編ミステリ

    2020年05月17日
    楽しむ
    日販 在庫仕入課 さりー
    Pocket

    インターネット上には、CGと見紛うような美人が溢れています。

    そんな時にふと鏡を見ると、「もっと瞳が大きければ」「フェイスラインが細ければ」「くびれたウエストだったら」……と体形や容姿のタラレバとともにため息が漏れる。こうした経験をするのは私だけでしょうか。

    ダイエットに効果のあるサプリメントや美容エステなど、体形や容姿に関する広告が目に入るようになり、「今のあなたは、理想の姿ではない」と言われているような感覚を覚える人もいるでしょう。

    最近では性別にかかわらず、体形や容姿に悩む人は増えているように思います。

     

    外見にまつわる自意識を見つめる心理ミステリ『カケラ』

    湊かなえさん待望の新作『カケラ』が5月14日(木)に発売されました。「大好きなドーナツがばらまかれた部屋で亡くなった」ある女の子の死を解き明かす中で、「見た目」に執着する人間の暗部が炙り出されています。

    「痩せている」「太っている」「きれい」……見た目の尺度は、誰が決めるものなのでしょうか。見られることへの自意識や、満足できない自分の「見た目」など、現代人が抱える心理が描かれた長編ミステリです。

    カケラ
    著者:湊かなえ
    発売日:2020年05月
    発行所:集英社
    価格:1,650円(税込)
    ISBNコード:9784087717167

    美容クリニックに勤める医師の橘久乃は、久しぶりに訪ねてきた幼なじみから「やせたい」という相談を受ける。カウンセリングをしていると、小学校時代の同級生・横網八重子の思い出話になった。幼なじみいわく、八重子には娘がいて、その娘は、高校二年から徐々に学校に行かなくなり、卒業後、ドーナツがばらまかれた部屋で亡くなっているのが見つかったという。母が揚げるドーナツが大好物で、それが激太りの原因とも言われていた。もともと明るく運動神経もよかったというその少女は、なぜ死を選んだのか――?

    〈集英社公式ホームページより〉

     

    併せて読みたい

    白ゆき姫殺人事件
    著者:湊かなえ
    発売日:2014年02月
    発行所:集英社
    価格:660円(税込)
    ISBNコード:9784087451580

    美人会社員が惨殺された不可解な殺人事件を巡り、一人の女に疑惑の目が集まった。同僚、同級生、家族、故郷の人々。疑惑の女の関係者たちがそれぞれ証言した驚くべき内容とは。 ネットや週刊誌報道を中心に、無責任な「噂話」が広まり、彼女の人物像はますます見えなくなっていく。果たして彼女は残忍な魔女なのか、それとも――。

    ダイエット幻想
    著者:磯野真穂
    発売日:2019年10月
    発行所:筑摩書房
    価格:924円(税込)
    ISBNコード:9784480683618

    「やせたい」、そう願う人はたくさんいる。でも、どうしてやせたいんだろう? 健康のため? 「かわいい」あるいは「かっこいい」と思われたい? おしゃれがしたい? 理由はいろいろあるけれど、それに人生、振り回されていませんか? 食べること、他者と生きることをあらためて見つめなおす一冊。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る