• fluct

  • 柴門ふみ『女ともだち』『東京ラブストーリー』が“令和”仕様になり再ドラマ化!

    2020年04月10日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 吉田
    Pocket

    抒情的なモノローグにより女性たちの心理を巧みに表現し、90年代にトレンディドラマの一大ブームを作った柴門ふみさん。

    彼女が描いた恋愛白書『女ともだち』『東京ラブストーリー』の2作が、今春再TVドラマ化されます。

     

    仕事、結婚そして不倫……恋愛に悩む女心を描く傑作『女ともだち』

    1983年から88年にかけて「別冊アクション」(双葉社)不定期連載された『女ともだち』は、当時の雑誌編集長に「自分の描きたいものを描きなさい」とアドバイスされて描かれた、柴門さんにとって最長の連載作。

    柴門さんの周りにいた「女ともだち」をモデルに、恋愛における男女の意識のすれ違いや、結婚や仕事、不倫をきっかけに葛藤する女性が描かれています。

    『東京ラブストーリー』は、広告代理店で働く主人公・永尾完治“カンチ”と同僚の赤名リカを中心にした、東京に生きる若者たちの恋愛物語。1991年に放送されたTVドラマが大ヒットし、「トレンディドラマ」の一時代を築きました。

     

    『女ともだち』『東京ラブストーリー』が“令和”仕様の再ドラマに。

    1986年に一度TVドラマ化されている「女ともだち」が、4月11日(土)より再び連続TVドラマになります。大学時代の友人と不倫関係にあるシューズデザイナー・“セツ”を原沙知絵さんが、そのセツと高校時代からの友人で、浮気性の夫を持つ主婦“ちさと”を磯山さやかさんが演じます。

    また4月29日(水・祝)からは、こちらも再ドラマ化の「東京ラブストーリー」がフジテレビの「FOD」、Amazon Primeなどの動画配信サイトで放送予定。“カンチ”を伊藤健太郎さんが演じるなど、こちらも豪華な役者陣が出演します。

    どちらの作品も再ドラマ化にあたって、舞台設定が令和仕様にアレンジされ、より現代の視聴者に寄り添う物語になっています。

     

    『女ともだち』のドラマセレクションが4月10日(金)に発売!

    今回の再ドラマ化にあわせて編集された『女ともだち ドラマセレクション』が4月10日(金)に発売されます。

    「ベストセレクションのさらなるベスト作品集」という位置付けの本作は、TVドラマの主人公・セツの「とまどい」や、ちさとの物語「カミングアラウンドアゲイン」を中心に収録されています。

    ▲2人の女性を同時に愛する、不貞な夫を責めきれない「カミングアラウンドアゲイン」

    今春始まるTVドラマ版とはひと味違う、トレンディドラマの元祖ともいわれる女性たちの物語をお楽しみください。

    女ともだち
    著者:柴門ふみ
    発売日:2020年04月
    発行所:双葉社
    価格:935円(税込)
    ISBNコード:9784575338058

    『女ともだち』

    恋愛、結婚、不倫などに直面する女性たちの、揺れ動く心の内面や葛藤を丁寧に描いた柴門ふみ不朽の名作「女ともだち」が、37年の時を経て今、TVドラマとして甦る。

    このドラマで使用される原作をすべて詰め込んだ、読みごたえ十分の内容に、著者描きおろしの新カバーイラスト。装いも新たにコミック化される、「ドラマセレクション」新装版です。

    (双葉社公式ホームページより)




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る