• fluct

  • 部屋着の大倉忠義が、成田凌の手からスナックを……「窮鼠はチーズの夢を見る」くつろぐ2人の場面写真解禁

    2020年03月18日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    6月5日(金)公開の映画「窮鼠はチーズの夢を見る」の新たな場面写真が解禁されました。

    解禁されたのは、大倉忠義さん演じる恭一と、成田凌さん演じる今ヶ瀬がテレビを見ながらくつろぐシーン。

    妻と別れ、独り身になった恭一のもとへ押しかけた今ヶ瀬。恭一も最初こそ彼を拒んでいましたが、次第に恋人同士のように、親密な時間を過ごすようになっていきます。

    今ヶ瀬の差し出すスナック菓子を、パクリとくわえる恭一。そして無意識に今ヶ瀬の髪に触れ……。

    先日解禁された予告編は「俺は、お前を選ぶわけにはいかないよ」と苦悩する恭一が印象的でしたが、二人暮らしの他愛もない日常を切り取った今回の場面写真は、その先のドラマを期待させる一枚となっています。

    またこのシーンとあわせて、2人の関係を揺るがす恭一の元恋人・夏生(演:さとうほなみ)、恭一の同僚・たまき(演:吉田志織)の写真も解禁されました。

    そのほか本作には、〈今ヶ瀬の恋路を阻む刺客的な存在〉として、恭一の妻・大伴知佳子(演:咲妃みゆ)、恭一の不倫相手・井出瑠璃子(演:小原徳子)が登場します。

    窮鼠はチーズの夢を見る
    著者:水城せとな
    発売日:2009年05月
    発行所:小学館
    価格:530円(税込)
    ISBNコード:9784091325143

     

    関連記事

    【コメントあり】水城せとな『窮鼠はチーズの夢を見る』大倉忠義・成田凌出演で映画化!監督は行定勲

    大倉忠義主演「窮鼠はチーズの夢を見る」第2弾キャスト解禁!海を見つめる恭一×今ヶ瀬の場面写真も

    「窮鼠はチーズの夢を見る」クランクアップ!大倉忠義「成田凌はナチュラルに今ヶ瀬」

     

    映画「窮鼠はチーズの夢を見る」(R15)作品情報

    僕たちはまだ本当の恋を知らなかった
    原作は、人を好きになることの喜びや痛みをどこまでも純粋に描き、圧倒的な共感を呼ぶ心理描写で、多くの女性から支持を得た水城せとなの傑作コミック『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』。
    ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞を2度も受賞するなど、日本を代表する映画監督・行定勲。その繊細な表現力と確かな演出力で、様々な愛のかたちを写し取った「ナラタージュ」(17)、「リバーズ・エッジ」(18)に続き、本作では、揺れ動くふたりの狂おしくも切ない恋を、時に繊細に時に大胆に描きだす。
    主人公の大伴恭一を演じるのは、映画では「100回泣くこと」(13)に続き、単独主演を務める大倉忠義。そして、恭一を一途に想う今ヶ瀬渉役には、「愛がなんだ」(19)、「カツベン!」(19)など話題作への出演が絶えない実力派・成田凌。
    好きになってはいけないと頭ではわかりながらも、どうしようもなく惹かれてしまう葛藤や強い嫉妬心……それらの複雑な感情を、痛いほどリアルに、時に涙がでるほど美しくスクリーンに焼き付けている。
    これは、胸が苦しくなるほど誰かを愛したあなたへ贈る、忘れられない恋の物語。

    〈あらすじ〉
    7年ぶりの再会 突然の告白 運命の歯車が動き出す――
    学生時代から「自分を好きになってくれる女性」と受け身の恋愛ばかりを繰り返してきた、大伴恭一。
    ある日、大学の後輩・今ヶ瀬渉と7年ぶりに再会。「昔からずっと好きだった」と突然想いを告げられる。
    戸惑いを隠せない恭一だったが、今ヶ瀬のペースに乗せられ、ふたりは一緒に暮らすことに。
    ただひたすらにまっすぐな今ヶ瀬に、恭一も少しずつ心を開いていき……。
    しかし、恭一の昔の恋人・夏生が現れ、ふたりの関係が変わり始めていく。

    原作:水城せとな『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』(小学館「フラワーコミックスα」刊)
    監督:行定勲
    脚本:堀泉杏
    音楽:半野喜弘

    出演:大倉忠義 成田凌 吉田志織 さとうほなみ 咲妃みゆ 小原徳子

    配給:ファントム・フィルム

    6月5日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

    https://www.phantom-film.com/kyuso/

    ©水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る