• fluct

  • やっぱり「優しいヤンキー」は正義なのかもしれない:自転車屋さんの高橋くん 第1話

    2020年03月18日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    慌ただしい朝。パンをくわえて会社に向かっていたら、自転車のチェーンが外れてしまった! 途方に暮れる主人公、“パン子”こと飯野朋子(はんの ともこ)の前に現れたのは……?

    昔ながらの「自転車屋さん」で働く“高橋くん”と、アラサーOLのパン子を描く漫画『自転車屋さんの高橋くん』

    不器用でちょっとじれったい。優しい空気のただよう作品世界にほっとする、第10回ananマンガ大賞準大賞の注目作! 『1122』渡辺ペコさんも推薦する本作の、試し読みをお届けします。

    ©松虫あられ/リイド社

    今日も食パンをくわえて会社へ急ぐパン子と、実は自転車屋さんの店先から(スティックパン片手に)毎朝彼女を見ていた高橋くん。

    ここから物語はどんなふうに進んでいくのでしょうか?

    『自転車屋さんの高橋くん』第2話へ

    自転車屋さんの高橋くん 1
    著者:松虫あられ
    発売日:2019年11月
    発行所:リイド社
    価格:693円(税込)
    ISBNコード:9784845860333

    ★『自転車屋さんの高橋くん』第1巻発売中! 連載は「トーチweb」で!!★




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る