• fluct

  • 映画「さくら」北村匠海・小松菜奈・吉沢亮演じる“三兄弟”の劇中撮り下ろし公開 西加奈子からのコメントも

    2020年02月21日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    西加奈子さんの“初期の傑作”と評されるベストセラー小説を原作に、北村匠海さん・小松菜奈さん・吉沢亮さんが三兄弟を演じる映画「さくら」。このたび3人を写した劇中撮り下ろし写真と、西加奈子さんの最新コメントが到着しました。

    当時の私のきらめきも、過ちも、全てを受け止めてくれた映画のおかげで、どうやら「さくら」が私より長生きしそうです。

    西加奈子

    映画「さくら」で描かれるのは、ごく普通の家族と、いつも彼らに寄り添う愛犬・さくらの物語。メガホンを取るのは、「三月のライオン」(ベルギー王室主催ルイス・ブニュエル「黄金時代賞」受賞)、「ストロベリーショートケイクス」(バルセロナ・アジア映画祭・国際審査員特別賞)などで海外からも高い評価を受け、詩情溢れる作品を多数生み出してきた矢崎仁司監督です。

    北村さん・小松さん・吉沢さんが演じるのは、平凡な主人公の次男・薫(北村匠海)、容姿端麗で破天荒な妹・ミキ(小松菜奈)、ハンサムで人気者の長男・一(吉沢亮)。公開された劇中写真からは、仲睦まじい3人の関係性が感じられます。

    なおこの写真は、原作小説の新しい帯にも使用され、2月25日(火)より順次書店店頭に並ぶとのこと。映画公開までにぜひ、手にとってみてください。

    さくら
    著者:西加奈子
    発売日:2007年12月
    発行所:小学館
    価格:660円(税込)
    ISBNコード:9784094082272

    【あらすじ】ヒーローだった兄ちゃんは、20歳4か月で死んだ。超美形の妹は、内に籠もった。母も肥満化し、酒に溺れた。僕も東京の大学に入った。あとは、「サクラ」となづけられた犬が一匹――。そんなある年の暮れ。家を出ていた父が戻ってきた…。(小学館公式サイトより)

    映画「さくら」

    出演:北村匠海、小松菜奈、吉沢亮 ほか

    原作:西加奈子(『サラバ!』『きいろいゾウ』『まく子』)
    監督:矢崎仁司(三月のライオン」「ストロベリーショートケイクス」)
    製作:『さくら』製作委員会
    配給:松竹

    2020年秋公開

    sakura-movie.jp

    ©西加奈子/小学館 ©2020「さくら」製作委員会




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る