• fluct

  • いくえみ綾『いとしのニーナ』がドラマ化 主演は「中学聖日記」の岡田健史

    2020年02月06日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    いくえみ綾さんの漫画『いとしのニーナ』が岡田健史さん主演で実写ドラマ化され、今春FODで配信されることが決定しました(全8話)。

    『いとしのニーナ』は、ある事件をきっかけに、憧れの少女・青谷新名(ニーナ)のボディーガードをすることになった高校生男子を描く、不器用でまっすぐなラブストーリー。ドラマ「中学聖日記」でブレイクした岡田健史さんが、主人公の高校生・外山厚志を演じます。

    ストーリー
    ある日突然、幼なじみで親友のマサから「青田新名を拉致った」と告げられた厚志。新名は、マサが通学中に一目惚れした清流女学園の女子生徒だった。にわかには信じ難い厚志がマサのアパートへ行くと、ニーナが拘束されていた。しかも間もなく学校一の不良・牛島がやって来ると言う。とっさに厚志はニーナを連れてアパートから逃げ出す。事件後、厚志はニーナに事件の主犯はマサではなく牛島だったことを伝えるが、ニーナは事件のトラウマで夜も寝られず、厚志に責任をとってボディーガードをしろと言い放つ。

    主人公・厚志は、主犯格の牛島に怯えながらも、心に傷を負ったニーナの力になりたいと思ううち、彼女に恋心を抱くようになる……というキャラクター。演じる岡田さんにとっては初めての“ヘタレキャラ”となりますが、使命感や友情、恋心の間で揺らぎ葛藤しながら彼が成長していく姿も見どころです。

    なお、原作漫画は全4巻で発売されています。

    いとしのニーナ 1
    著者:いくえみ綾
    発売日:2007年03月
    発行所:幻冬舎コミックス
    価格:880円(税込)
    ISBNコード:9784344809536

    主演・岡田健史さん
    「皆様初めまして、外山厚志役を演じさせて頂きます岡田健史です。今回『いとしのニーナ』でFODの作品に初めて出演させて頂くことになりました。その上、主演という大役を授かりとても嬉しいのと同時に身が引き締まる思いです。
    今作品は、いくえみ綾先生の作品を実写化したもので、原作に忠実に再現しつつ、我々スタッフ、キャスト一同でしか表現できないものを表出していますので、その中でダメダメ男子っぷりに注目して頂けると幸いです。
    少女漫画界に君臨されるいくえみ先生の作品に参加できることがとても嬉しいです。皆様、是非ご覧下さい」

    原作・いくえみ綾さん
    「皆様初めましてこんにちは。原作のいくえみ綾と申します。
    この度はフジテレビさんのFOD作品として『いとしのニーナ』をドラマ化していただくことになり、大変光栄でございます。少し昔の作品で、少し危険を孕む内容ではありますが、私の描きたかった事を忠実に脚本にしていただきました。
    岡田健史さんをはじめ、若い方達に演じてもらうにあたり、ダメダメなキャラ達がどのように動いてくれるのか、楽しませてくれるのか、ドキドキさせてくれるのか、今からとても待ち遠しいです。たくさんの方々に観てもらえると嬉しいです。よろしくお願いいたします」

    プロデュース・鹿内植さん(フジテレビ・コンテンツ事業室)
    「いくえみ綾先生の『いとしのニーナ』は、本当に多くの要素が盛り込まれながら1つ1つが大切に描かれた素敵な作品です。
    恋愛、友情、家族の絆、妬み、克服、成長…。原作はそのバランスが絶妙で、映像化にあたりそこをかなり意識しながら、高校生らしいキラキラした勢いのある作品にしようと現在も制作しています。
    また、主人公のヘタレ高校生を岡田健史さんが演じてくださいます。今まで正統派でまじめな印象が強かった岡田さんですが、今回はまだ10代で男として足りないながらもひとりの女性を本気で好きになり、もがきながらも成長していく人間味あるダメ男を演じてくれています。コメディの勘もよく、様々な表情を見せてくれる可愛らしい新たな岡田健史さんにも注目してください!!」

     

    ドラマ「いとしのニーナ」作品情報

    2020年春 FODで配信予定(全8話)

    原作:いくえみ綾『いとしのニーナ』(幻冬舎コミックス刊)

    主演:岡田健史

    スタッフ
    脚本:阿久津朋子 錦織伊代
    プロデュース:鹿内植
    プロデューサー:浅野澄美 郷田悠(FCC)
    演出:楢󠄀木野礼 中田博之
    制作協力: FCC
    制作著作: フジテレビジョン




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る