• fluct

  • もう絵本選びに迷わない!おすすめ絵本130冊の年齢別ガイドブック「いくつのえほん」全国書店で配布中

    2020年02月10日
    楽しむ
    日販 MD課 福澤
    Pocket

    家庭での読み聞かせや、絵本のプレゼント。書店で絵本を選ぶときに「種類がたくさんありすぎてわからない」「どの年齢でどんな絵本を選べばいいのかわからない」と頭を悩ませたことはありませんか?

    そんな悩みに応えるべく2015年に生まれたのが、おすすめ絵本を年齢別に紹介したガイドブック「いくつのえほん」。

    現在、全国約1,250の書店で2020年度版が無料配布されています。

     

    会員数58万人の「絵本ナビ」で評価の高い130冊を〈年齢別〉に紹介

    「いくつのえほん」には、会員数58万人を誇る絵本の情報・通販サイト「絵本ナビ」でレビュー評価の高い130冊が、年齢別に収録されています。長く読み継がれているロングセラーから、ここ数年のうちに出版された話題の絵本まで、幅広いラインアップとなっています。

    読み聞かせも、プレゼントも、まずはこの中から。絵本選びの強い味方です。

    年齢に応じた絵本選びのポイント ※()内は「いくつのえほん」収録作品数

    0さい(31冊)
    赤ちゃんは、形がはっきりした鮮やかな色合いの絵本や写実的な絵に興味を惹かれます。

    1さい(24冊)
    少しずつ身の回りのことに関心を持ち始めます。身近なものが描かれた、わかりやすい絵本がおすすめです。

    2さい(25冊)
    食べ物・のりもの・虫や生き物を楽しめるようになります。じっくりと絵を見せながら読んであげましょう。

    3さい(26冊)
    短めのお話を理解し、主人公の気持ちに共感できるようになります。

    4・5さい~(24冊)
    絵本から様々なことを学んだり、長めのお話を楽しめるようになります。ユーモアたっぷりの絵本、少しこわい絵本もおすすめです。

     

    1冊1冊にママ・パパのレビュー 巻頭には横山だいすけさんのコラムを掲載!

    「紙が厚く角も丸いので赤ちゃんでも安心」「膝に乗せてギューと息子を抱きしめながら読んでいます」など、絵本選びの参考になる情報から、ほっこりするエピソードまで、収録絵本1冊1冊に多彩な読者レビューが掲載されています。

    さらに2020年度版の巻頭には、NHK「おかあさんといっしょ」11代目歌のお兄さん 横山だいすけさんによるコラムを掲載! 横山さんのあたたかなコラムも必読です。

     

    全国の書店で特設コーナーを展開

    「いくつのえほん」の無料配布を行なっている書店では、冊子に収録されている130冊のコーナーが設けられています。

    ガイドブックで気になった絵本は、ぜひ書店で手に取ってみてください。

    〉ガイドブック「いくつのえほん」配布書店はこちら
    https://www.honyaclub.com/shop/pages/ikutsunoehon_store.aspx

    ※オンライン書店「Honya Club.com」でも、「いくつのえほん」掲載の絵本が紹介されています。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る