• fluct

  • hotel koé tokyoの空間を“雑誌”に見立てた体験型展示『月刊koé』 月替り特集第1弾は「シブヤ再定義。」

    2020年01月29日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    2月9日(日)に2周年を迎える、渋谷のホテル併設型店舗「hotel koé tokyo(ホテル コエ トーキョー)」。同店が3年目のチャレンジとして、「hotel koé tokyo」の空間を“雑誌”に見立てた体験型展示『月刊koé』を2月7日(金)にスタートします。

    そもそも「hotel koé tokyo」は、ファッション・音楽・食・宿泊など多彩なコンテンツを提供する店舗。その特性は、あるコンセプトのもとさまざまな情報を届ける“雑誌”という媒体にも似ています。

    『月刊koé』では、月替りの“特集”に沿ったコンテンツを店内の空間を使って展示。雑誌をパラパラめくるように空間を回遊することで、さまざまなコンテンツ、プロダクトに触れることができます。

    この特集企画を手がけるのは、「文喫 六本木」「箱根本箱」などを手がけるブックディレクションチーム「YOURS BOOK STORE」。編集長を同チームの有地和毅氏がつとめ、創刊準備号「シブヤ再定義。」(3月8日(日)まで)を皮切りに、ニューライフ、旅、パートナー、スポーツ、音楽、食、文学、ファッション、ニューメディア、ゲーム、ギャル……といったテーマが展開される予定です。

    なお初日の2月7日(金)には、『月刊koé』創刊を記念して、リテール・フューチャリストの最所あさみさん、有地編集長、「hotel koé tokyo」を運営する㈱ストライプインターナショナルの岩見俊介氏によるトークイベントが開催されます。

    創刊準備号 特集「シブヤ再定義。」
    1964年の東京オリンピックによる再開発、1973年の渋谷PARCOオープンなどのターニングポイントを経て、ユースカルチャーの発信地となっていった渋谷。
    再び東京オリンピックを迎える2020年、大規模な再開発で変わり行く渋谷は、新しいターニングポイントに差し掛かったのかも知れません。
    これからの渋谷を『月刊koé』は、渋谷・公園通りの交差点に位置する「hotel koé tokyo」の視点から、新しい渋谷のストーリーを紡ぎます。

     

    『月刊koé』創刊準備号 概要

    ●特集「シブヤ再定義。」
    ・日時:2020年2月7日(金)~3月8日(日)10:00~23:00
    ・会場:hotel koé tokyo 1F・2F(東京都渋谷区宇田川町3-7)
    ・内容:展示&トークイベント
    ※第2号以降の内容は、追って発表されます。

    ●『月刊koé』創刊記念イベント
    ・日時:2月7日(金)14:00~15:00
    ・登壇者:最所あさみ(リテール・フューチャリスト)、有地和毅(日本出版販売㈱ YOURS BOOK STORE ブックディレクター)、岩見俊介(㈱ストライプインターナショナル)
    ・一般参加申し込み:Peatixにて受付中(https://peatix.com/group/6888191/view

    最所あさみ
    大手百貨店入社後、ベンチャー企業を経て2017年独立。ニューリテールにまつわるコンサルティングや執筆、コミュニティマネジメント、イベントプロデュースを行なう。
    また「note」有料マガジンを通して、独自の考察や海外事例の紹介、小売や店舗を軸にしたコミュニティ運営を行なう。
    2019年7月よりnoteプロデューサーに就任。ブランドや店舗オーナーがnoteを通して発信し、顧客とコミュニケーションをとる活動全般を支援する。

    有地和毅
    日本出版販売㈱ YOURS BOOK STORE ブックディレクター
    2010年、日販グループのあゆみBOOKSに入社。あゆみBOOKS小石川店にて小説家との書簡を店頭で公開する「#公開書簡フェア」、SNSユーザー参加型の棚「#音の本を読もう」を実施。
    2016年日本出版販売株式会社に出向。書店店頭を活用した本によるブランディング企画担当を経て、2018年より現職。ブックディレクターとして選書ディレクション、コンセプトメイキングに携わる。




    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る