• fluct

  • 「騙し絵の牙」本編映像初解禁! “人を騙してそんなに面白いですか” “めちゃくちゃ面白いです”

    2020年01月23日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    映画「騙し絵の牙」(6月19日(金)公開)の、本編映像初解禁となる特報が解禁されました。

    映画「騙し絵の牙」は、『罪の声』でも知られる塩田武士さんの同名小説が原作。大泉洋さんを主人公に“あてがき”した前代未聞の小説で、映画でも大泉洋さんが主演をつとめています。

    特報映像には大泉さんのほか、松岡茉優さん、佐藤浩市さん、宮沢氷魚さん、池田エライザさん、中村倫也さんら、本作で騙し合いを繰り広げるクセモノたちの姿が次々に登場。廃刊の危機迫る編集部では、編集長の速水(大泉洋)が雑誌を立て直そうと奮闘する一方、超大御所作家(國村隼)や改革派の専務(佐藤浩市)たちからは「戦争だな」「狸、黙らせろよ」と不穏な雰囲気が漂い、短いながら陰謀が渦巻くようすが伺えます。

    これに巻き込まれる新人編集者(松岡茉優)の「人を騙して、そんなに面白いですか」という言葉に続くのは、速水の「めちゃくちゃ面白いです」。

    さて、いったいどんな展開が待っているのか。速水が仕掛ける大逆転の奇策とは――?

    映画「騙し絵の牙」6月19日(金)全国ロードショー

    【STORY】大手出版社「薫風社」に激震走る! かねてからの出版不況に加えて創業一族の社長が急逝、次期社長を巡って権力争いが勃発。専務・東松(佐藤浩市)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉洋)も、無理難題を押し付けられて窮地に立たされる……。が、この一見頼りない男、実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた! 嘘、裏切り、リーク、告発。クセモノ揃いの上層部・作家・同僚たちの陰謀が渦巻く中、新人編集者・高野(松岡茉優)を巻き込んだ速水の生き残りを賭けた“大逆転”の奇策とは!?

    監督:吉田大八
    脚本:楠野一郎 吉田大八
    原作:塩田武士『騙し絵の牙』(角川文庫刊)

    出演:
    大泉洋 松岡茉優
    宮沢氷魚 池田エライザ / 斎藤工 中村倫也
    坪倉由幸 和田聰宏 石橋けい 森優作 後藤剛範 中野英樹 赤間麻里子 山本學
    佐野史郎 リリー・フランキー 塚本晋也 / 國村隼
    木村佳乃 小林聡美 / 佐藤浩市

    配給:松竹

    騙し絵の牙
    著者:塩田武士 大泉洋
    発売日:2019年11月
    発行所:KADOKAWA
    価格:792円(税込)
    ISBNコード:9784041026427

    ©2020「騙し絵の牙」製作委員会

     

    関連記事

    大泉洋が“小説”で初主演!?『罪の声』の塩田武士による新感覚の社会派小説『騙し絵の牙』

    【コメントあり】大泉洋の“小説初主演作”『騙し絵の牙』吉田大八監督で映画化 松岡茉優・佐藤浩市も出演

    【登場人物まとめも】大泉洋主演「騙し絵の牙」曲者揃いの追加キャスト12名!公開日は6月19日に決定




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る