• fluct

  • ブックホテルに“入場料のある本屋” 「本との偶然の出会い」を生む話題のスポットがグッドデザイン賞を受賞

    2019年10月04日
    本屋を歩く
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    昨年2018年にオープンしたブックホテル「箱根本箱」(神奈川県箱根町)と“入場料のある本屋”「文喫 六本木」(東京都港区)が、2019年グッドデザイン賞の「グッドデザイン・ベスト100」を受賞しました。

    この2つはどちらも、新しい“本のある空間づくり”を追求し、日販のブックディレクションブランド「YOURS BOOK STORE」がセレクトを手がけたもの。「箱根本箱」は総合プロデュース・企画・運営を自遊人が、「文喫 六本木」はリブロプラスが運営している施設です。

    いずれも「本を選ぶ豊かな時間」「本との偶然の出会い」を演出する空間として、そのデザイン性が高く評価されての受賞決定だそう。

    読書の秋。まだの方はこの機会に、いつもと違う読書体験をしに足を運んでみてはいかがでしょうか。

     

    関連記事

    強羅温泉で心ゆくまで読書を楽しむ!話題のブックホテル「箱根本箱」を完全レポート

    “入場料1,500円の本屋”「文喫」の新しい試み 約3万冊を揃え六本木にオープン

     

    ブックホテル「箱根本箱」

    「本に囲まれて『暮らす』ように滞在」をコンセプトにした、ブックホテルを中心とした複合施設。

    2018年8月オープン
    神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-491
    http://hakonehonbako.com/

    事業主:株式会社ASHIKARI
    総合プロデュース・企画・運営:株式会社自遊人
    クリエイティブディレクター:岩佐十良(株式会社自遊人)
    BOOKディレクション:YOURS BOOK STORE

     

    本と出会うための本屋「文喫」

    入場料1,500円を支払って入る、これまでにないスタイルの本屋。

    2018年12月オープン
    東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル1F
    https://bunkitsu.jp/

    事業主:日本出版販売株式会社
    運営:株式会社リブロプラス
    プロデュース:YOURS BOOK STORE、株式会社スマイルズ
    BOOKディレクション:YOURS BOOK STORE

     

    グッドデザイン賞とは

    1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。

    受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。

     

    「グッドデザイン・ベスト100」とは

    グッドデザイン・ベスト100は、その年のすべてのグッドデザイン賞受賞対象の中で、審美性、提案性、可能性など総合的に優れているとして高い評価を受けた100点です。

    今日におけるデザインの水準を高めるに相応しい、これからのモデルとなりうるデザインであり、今年度グッドデザイン大賞候補(ファイナリスト)をはじめとする特別賞各賞がグッドデザイン・ベスト100の中から決定し10月31日に発表されます。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る