• fluct

  • 高山一実、『トラペジウム』を語る読者イベント開催 文喫で「高山一実を作った本」展示・販売中

    2019年06月20日
    本屋を歩く
    日販 ほんのひきだし編集部 浅野
    Pocket

    乃木坂46 高山一実さんの長編小説デビュー作『トラペジウム』が「平成生まれ世代が買った本」第1位となったことを記念して、6月19日(水)、高山さん本人が登壇するトークイベントが文喫 六本木で開催されました。

    トラペジウム
    著者:高山一実
    発売日:2018年11月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784040686967

     

    重版に次ぐ重版…… 発売後約4か月で累計20万部を突破

    『トラペジウム』は昨年11月28日に発売され、デビュー小説としては異例の初版2万部がすぐに完売。年末には「表紙に使われている用紙の在庫を使い切ってしまった」「年内の生産力ではこれが限界」という異例の“嘆きのコメント”が公表されるまでになりました。

    その後、書店でのお渡し会や、乃木坂46メンバーからの感想文発表、湊かなえさんら著名作家からの絶賛コメントなどがさらなる追い風となり、今年3月に20万部に到達。

    とりわけ30歳までの「平成生まれ世代」に読まれたということで、今回のイベント開催に至りました。

    関連記事
    高山一実『トラペジウム』 想像以上の売れ行きで「年内の生産はこれが限界」

     

    「読書のきっかけに」

    会場に集まったのは、『トラペジウム』を読み、感想文を寄せた応募者から抽選で選ばれた50名。

    執筆エピソードなどを高山さん本人から聞くことができるとあって、会場は熱気に包まれました。

    「平成生まれ世代にもっとも読まれた本」第1位に対する感想を聞かれた高山さんは、「夢を叶える過程を描いた作品なので、その世代の方に特に読んでもらいたいなと思って書いていた」とコメント。

    また「ダ・ヴィンチ」での連載についても、「もっと早くから本を読んでいたらよかったと思うことがあって、自分よりも若い世代の方たちが読書に興味を持つきっかけになったらいいなという思いで続けていました」と語りました。

     

    「高山一実を作った本」を自ら選書! 文喫スタッフによるサプライズ選書も

    続いて、自らが読書経験を振り返って選んだ「高山一実を作った本」を紹介。21冊のなかには、執筆のきっかけとなった湊かなえ作品のほか、三島由紀夫やヘミングウェイ、ブコウスキーなど文豪の作品も。

    「『命売ります』は、帯が面白くて買いました。三島由紀夫さんのことは学校の授業で習って、作品もタイトルは知っていたんですけど、読むようになったのは高校生になってからです。棘がありつつもユーモアのある作風が好きですね」

    また、湊かなえさんの『未来』については「『未来』は、私の伝えたかったメッセージがすべて詰まっている作品です」「『トラペジウム』を9割ほど書き終わった頃に湊さんと対談させていただいたんですが、『未来』がそんな作品だったので、『トラペジウム』を出すのをやめようかと思ったくらいでした」とコメント。その対談の際に湊さんからかけられた言葉に背中を押され、無事『トラペジウム』を書き上げることができたのだといいます。

    また当日はサプライズとして、文喫スタッフから「高山一実さんにおすすめする本」も紹介! 『トラペジウム』の内容や「高山一実を作った本」を参考に、さまざまな角度から“高山さんの人物像”を想像して18冊の本が選ばれました。

    その内容は、ユーゴスラビアの作家 ダニロ・キシュの作品集『死者の百科事典』や、先日芥川賞へのノミネートが発表された今村夏子さんのデビュー作『こちらあみ子』、ほしよりこさんの漫画『逢沢りく』など。バラエティに富んだラインアップに、「すごい! 全部気になります。読みたいです」と、驚きと喜びが入り交じったようすでした。

    そしてイベント終盤では、参加者お待ちかねの質問コーナーを実施。作中曲「方位自身」に込めた思いや、登場人物の名前の由来、執筆当初から浮かんでいたシーンなどが語られました。

    最後に高山さんから「ファンの皆さんへの感謝をどうやって伝えるか考えたとき、『文章ならたくさん思いを込められる』と思って、『トラペジウム』を書きました。でもこうやって今日お会いして、まだまだ伝えきれない思いがあると感じています。これからもよろしくお願いします」と来場者へメッセージがあり、トークイベントは盛況のうちに終了しました。

     

    なお今回選書された「高山一実を作った本」「文喫が高山一実さんにおすすめする本」は、文喫 六本木(1階)にて約2週間にわたって展示・販売されます。ぜひ足を運んでみてください。

    文喫
    ・〒106-0032 東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル1F
    ・営業時間 9:00~23:00(L.O. 22:30)※不定休
    ・Tel.03-6438-9120

    ・席数 90席
    ・電源、Wi-Fiあり(閲覧室・研究室・喫茶室のみ)
    ・飲食可(閲覧室・研究室・喫茶室のみ)

    bunkitsu.jp




    タグ
    Pocket

  • 広告用

    20190320
  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る