• fluct

  • 六本木の本屋「文喫」 19時以降の入場料が1,000円になる新プランをリリース

    2019年03月26日
    本屋を歩く
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    六本木「文喫」19時以降の入場料が1,000円になる新プランをリリース

    “入場料のある本屋”として話題になった東京・六本木の「文喫」で、4月より、平日19時以降の入場料が1,000円になる新料金プラン「Night Cruising」がスタートすることになりました。

    文喫の営業時間は、9時から23時まで。通常の入場料は1,500円ですが、4月以降は19時以降の入場に限り1,000円で利用できるようになります(いずれも税別価格)。食事や利用エリアなどは、従来のサービス内容と変わりません。

    仕事が終わった後にゆったり本を読んで新しい発想を求める、疲れた脳をクールダウンさせるなど、夜ならではの楽しみ方ができそうです。

    文喫の食事は実はしっかり量があるので、いったん本を傍らに置いて、夕食をとるのもいいかもしれません。

     

    入場料1回分をプレゼントできるギフトチケット 5月より販売予定

    また今回の発表にあわせて、文喫のギフトチケットが準備中であることも明らかになりました。

    ギフトチケットは5月頃より販売予定。価格は通常の入場料と同じ1,500円(税別)で、1日中文喫を利用できます。

    文喫
    ・〒106-0032 東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル1F
    ・営業時間 9:00~23:00(L.O. 22:30)※不定休
    ・Tel.03-6438-9120

    ・席数 90席
    ・電源、Wi-Fiあり(閲覧室・研究室・喫茶室のみ)
    ・飲食可(閲覧室・研究室・喫茶室のみ)

     

    関連記事

    “入場料1,500円の本屋”「文喫」の新しい試み 約3万冊を揃え六本木にオープン




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る