• fluct

  • 和田唯奈×黒瀬陽平トークイベント開催 絵本『ぽっかりちゃん』刊行記念【3/27・銀座】

    2019年03月20日
    本屋を歩く
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    きらきら・ぴかぴかした画風や、絵画展「しんかぞく」などの取り組みで注目を集める画家の和田唯奈さん。

    そんな和田さんの初めての絵本『ぽっかりちゃん』が、3月25日(月)に発売されます。“心の傷”をテーマにした『ぽっかりちゃん』は、あたたくて力強くて、どこか切ない物語。子どもはもちろん、大人も自身の心と向き合うことができる美しい絵本です。

    ぽっかりちゃん
    著者:和田唯奈
    発売日:2019年03月
    発行所:アートダイバー
    価格:2,160円(税込)
    ISBNコード:9784908122132

    3月27日(水)には、そんな『ぽっかりちゃん』の刊行を記念して、銀座 蔦屋書店にて、美術批評家の黒瀬陽平さんをゲストにトークイベントが開催されます。

    和田さんが絵描きになった原体験は、お母さんに毎日読み聞かせをしてもらった「絵本」と、自分で「絵本」を描いたこと。

    当日は、そうした思い出から絵描きになるまでの道のり、本作に込めた思いや、開催中の絵本原画展「ぽっかりちゃん」についてなど、和田さんの様々な側面に迫ったトークが展開される予定です。

    トーク終了後には、絵本『ぽっかりちゃん』を対象に、和田唯奈さんによるサイン会が実施されます。

    絵本原画展「ぽっかりちゃん」
    ・会期:3月11日(月)~24日(日) 14:00~21:00 ※会期中無休
    ・会場:共同アトリエB.Esta337(台東区台東3-3-7)

     

    イベント詳細

    日時:
    2019年3月27日(水)19:30~21:00
    ※19:30開場

    会場:
    銀座 蔦屋書店(東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F)【MAP

    参加費:
    2,000円(税込)

    申込方法:
    下記のいずれかの方法でお申し込みください。
    ①店頭予約
    ②電話予約(03-3575-7755)
    オンライン予約(2019年3月26日(火)午前9時の受注分まで)
    ※当日、ご参加前にメインカウンターへお越しください。

    定員:
    50名

    主催:
    銀座 蔦屋書店

    お問い合わせ:
    03-3575-7755(銀座 蔦屋書店)

    ご注意:
    ・参加券1枚でお一人さまにご参加いただけます。
    ・参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはできません。
    ・定員に達し次第、受付終了となります。
    ・止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。

    詳しくはこちら

    【プロフィール】
    和田 唯奈(わだ ゆいな)画家。1989年岐阜県生まれ。名古屋芸術大学洋画2コース卒業。Gallery Delaive(アムステルダム)所属。GEISAI#17鈴木心賞受賞、ゲンロン カオス*ラウンジ新芸術校第1期夏野剛賞。2017年より絵画教室「お絵描きのお家」をはじめ、2018年よりお絵描きのお家の生徒を組織したコレクティブ「しんかぞく」を主催している。主な個展に、2013-2014年 Gallery Delaive(アムステルダム)、2017年 ゲンロン カオス*ラウンジ新芸術校上級コース成果展「まつりのあとに」連動企画「あなたのわたしで描いた絵」B.Esta337(東京)。主なキュレーション展に、2019年 お絵描きのお家による絵画展「しんかぞく」都内各所、B.Esta337(東京)。

    黒瀬 陽平(くろせ ようへい)
    1983年生まれ。美術家、美術批評家。ゲンロン カオス*ラウンジ新芸術校主任講師。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。博士(美術)。2010年から梅沢和木、藤城嘘らとともにアーティストグループ「カオス*ラウンジ」を結成し、展覧会やイベントなどをキュレーションしている。主なキュレーション作品に「破滅*ラウンジ」(2010年)、「カオス*イグザイル」(F/T11主催作品、2011年)、「キャラクラッシュ!」(2014年)、「カオス*ラウンジ新芸術祭2017『市街劇 百五〇年の孤独』」(2017年)など。著書に『情報社会の情念』。




    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る