• fluct

  • 今一番面白い漫画はこれ!「全国書店員が選んだおすすめコミック 2019」ランキング発表!

    2019年02月01日
    本屋を歩く
    日販 ほんのひきだし編集部 芝原
    Pocket

    第9位:『ミステリと言う勿れ』(第4巻が2月8日に発売)

    ミステリと言う勿れ 1
    著者:田村由美
    発売日:2018年01月
    発行所:小学館
    価格:463円(税込)
    ISBNコード:9784098700295

    書店員のおすすめコメント:
    読めば読むほど不思議と自分の悩みもどんどん解決されていく、新感覚ミステリー!! まるで、哲学の本を読んでいるかのようで、そして、1巻を読めばかならず次の巻を読みたくなる、ステキな作品です♡

    あらすじ:
    そんなつもりは全然ないのに、なぜか物事の本質をあぶりだしてしまう謎の青年・久能 整がさまざまな事件を解決…!?

    月刊フラワーズ公式サイト『ミステリと言う勿れ』より)

    『ミステリと言う勿れ』の試し読みはこちらから

     

    第8位:『風都探偵』(第5巻が2月28日に発売)

    風都探偵 01
    著者:石ノ森章太郎 三条陸 佐藤まさき
    発売日:2018年03月
    発行所:小学館
    価格:596円(税込)
    ISBNコード:9784091898494

    書店員のおすすめコメント:
    風都で活躍していたハードボイルド! …いや、ハーフボイルドがコミックでも大活躍!! 続編なので、成長したキャラも出てくれて嬉しいです。新たなる敵の正体、ヒロイン(ときめ)の過去など、今後どうなるのか楽しみです!

    あらすじ:
    小さな幸せも、大きな不幸も、常に風が運んでくる風の街・風都。翔太郎とフィリップはその風都で鳴海探偵事務所に所属する私立探偵である。「街を泣かせる悪党は許さない」というふたりの元に、今日も数々の超常的な事件が持ち込まれる…!!

    ビッグコミックBROS.NET『風都探偵』より)

    『風都探偵』の試し読みはこちらから

     

    第7位:『おじさまと猫』(既刊2巻)

    おじさまと猫 1
    著者:桜井海
    発売日:2018年02月
    発行所:スクウェア・エニックス
    価格:880円(税込)
    ISBNコード:9784757556263

    書店員のおすすめコメント:
    大変かわいらしくほっとするのにところどころで泣かされます。猫好きは必見!! ぶちゃかわいいからいいのです!! うちの猫は最強にかわいいんだ!!!

    あらすじ:
    ペットショップで売れ残っていた一匹の成猫。日に日に値段が下げられ、見向きもされず、諦めていた猫の前に一人の男性が現れる。彼が告げた言葉とは…「私が欲しくなったのです」これは誰かに愛されたかった猫とおじさまの、心温まる日々を紡いだ物語。

    スクウェア・エニックス公式サイト『おじさまと猫』より)

    『おじさまと猫』の試し読みはこちらから

     

    第6位:『名探偵コナン ゼロの日常』(既刊2巻)

    名探偵コナンゼロの日常 01
    著者:新井隆広 青山剛昌
    発売日:2018年08月
    発行所:小学館
    価格:680円(税込)
    ISBNコード:9784091285362

    書店員のおすすめコメント:
    安室の魅力にやられました。どこを見てもカッコイイ!日常でティータイムなんてオシャレすぎます。

    あらすじ:
    その男、トリプルフェイス。
    公安=降谷零/探偵=安室透/黒ずくめ=バーボンの3つの顔を持ち、
    光と闇をまとう男の、まだ誰も知らない日々―――
    原作者・青山剛昌が完全監修の公式スピンオフ!

    小学館公式サイト『名探偵コナン ゼロの日常(1)』より)

    『名探偵コナン ゼロの日常』試し読みはこちらから

    ここからはいよいよトップ5! 売れ行きや読者層など、簡単な解説とともにお送りします。
    ※記事中の購入者層や併読されている作品は、いずれも「日販 WIN+調べ」です。

     

    第5位:『終末のワルキューレ』(既刊2巻)

    終末のワルキューレ 1
    著者:アジチカ 梅村真也 フクイタクミ
    発売日:2018年05月
    発行所:ノース・スターズ・ピクチャーズ
    価格:626円(税込)
    ISBNコード:9784199804953

    書店員のおすすめコメント:
    人類の存亡をかけた神々との13番勝負! 人類代表と神代表の組み合わせにも注目! 想像するだけで胸が熱くなります

    あらすじ:
    全世界の神VS偉人、武人、傑人!!!!
    地上で横暴を極める人類に対し、神々は人類の滅亡を決定する。その決定を覆すべく選ばれたのは人類史上最強、13人の戦士たち。神々とのタイマン13番勝負に勝ち、人類を存続させることは出来るのか!?
    第一回戦は北欧神話最強「トール神」VS三国志最強「呂布奉先」! 人類存亡を賭けた戦いが、今始まる!!

    徳間書店公式サイト『終末のワルキューレ(1)』より)

    解説:
    『終末のワルキューレ』は、神と人間が繰り広げる「人類の存亡をかけたガチンコ13番勝負」を描いたバトル漫画。

    呂布や佐々木小次郎、ゼウス、オーディンといったすでに誰もが知っているキャラクターが異種格闘技戦を繰り広げるというワクワクする設定、迫力ある画とケレン味たっぷりのド派手な演出で、連載開始直後から大きな話題に。

    2018年9月の第2巻発売時に、作画を担当しているアジチカさんが第1話をまるごとTwitterに公開。そのツイートが爆発的に拡散され、書店店頭でも爆発的に売上を伸ばしました。「このマンガがすごい!2019」オトコ編では第5位を獲得しています。

    現在の読者は約8割が男性ですが、投票した書店員には女性も多く、また美形の男性キャラクターが登場していることもあり、今後女性人気の高まりも期待できそうです。

    併読されている漫画には『ワンパンマン』(原作:ONE、作画:村田雄介/集英社)や『ドリフターズ』(平野耕太/少年画報社)、『ゴールデンカムイ』(野田サトル/集英社)、『テラフォーマーズ』(原作:貴家悠、作画:橘賢一/集英社)などのバトルアクション作品が見られます。

    『終末のワルキューレ』の試し読みはこちらから

     

    第4位:『地獄楽』(既刊4巻)

    地獄楽 1
    著者:賀来ゆうじ
    発売日:2018年04月
    発行所:集英社
    価格:475円(税込)
    ISBNコード:9784088814711

    書店員のおすすめコメント:
    『地獄楽』の魅力は登場人物のキャラ立ちが際立っているところです。全員が主人公のようです。しかし、その魅力的なキャラたちは誰がいつ死ぬかわからないのです。一瞬も気が抜けません。

    あらすじ:
    最強の忍として畏れられ、抜け忍として囚われていた画眉丸は、打ち首執行人の”山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!! 生死を悟る忍法浪漫活劇、開幕──!!

    集英社公式サイト『地獄楽』より)

    解説:
    『地獄楽』は、『FANTASMA』で知られる賀来ゆうじさんによる、江戸時代末期を舞台とした和風ダークファンタジー。現在「少年ジャンプ+」にて連載中です。

    幕府に囚われた最強の忍・画眉丸が、愛する妻に再会するために、無罪放免の条件である不老不死の薬を手に入れるべく、“極楽浄土”と噂される謎の地で死闘を繰り広げます。

    「がらんどう」と呼ばれた主人公の変化や、“極楽浄土”とは名ばかりのグロテスクな舞台設定、鬼気迫るバトルシーンなどが魅力の本作。書店員からの推薦コメントには「おどろおどろしいのに、どこか美しい」など、画力を高く評価するものも多く見られました。

    『地獄楽』は、男女問わず高い人気を集めており、併読されている漫画には『呪術廻戦』(芥見下々/集英社)、『鬼滅の刃』(吾峠呼世晴/集英社)、『約束のネバーランド』(原作:白井カイウ、作画:出水ぽすか/集英社)など、ダークな世界観の作品が見られます。

    『地獄楽』の試し読みはこちらから




    1 2 3
    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る