• fluct

  • 長嶋有トーク&サイン会「長嶋有のなんでも質問箱 vol.2」開催:『私に付け足されるもの』刊行記念【1/17・代官山】

    2019年01月08日
    本屋を歩く
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    長嶋有さんの短編集『私に付け足されるもの』の刊行を記念し、1月17日(木)、代官山 蔦屋書店にてトーク&サイン会「長嶋有のなんでも質問箱 vol.2」が開催されます。

    当日は開場時刻から開演までの約30分間に長嶋さんへの質問を募集し、20分ほどのミニトークの後、長嶋さんが集まった質問に時間の許す限り回答。また参加者には、『私に付け足されるもの』のオリジナルグッズがプレゼントされます。

    参加申し込みは、店頭・電話・オンラインストアにて受付中。参加券は「トークショーのみ」「書籍付き」の2種類あり、サイン会には書籍付きのチケットを購入した方のみ参加できます。

    私に付け足されるもの
    著者:長嶋有
    発売日:2018年12月
    発行所:徳間書店
    価格:1,620円(税込)
    ISBNコード:9784198647339

    2013年から5年間にわたって書かれた「地味な女シリーズ」が、書き下ろしを加えて全12編の作品集に。

    トラに襲われたい。くっつけたい。あきらめたい。地面を掘りたい。移動したい。いなくなってほしい。一緒に日食が見たい。
    ――これは、くだらないのに難しい、願望の話。

     

    イベント概要

    『私に付け足されるもの』(徳間書店)刊行記念 長嶋有トーク&サイン会
    「長嶋有のなんでも質問箱」vol.2

    日時:2019年1月17日(木)19:00~20:00頃/18:30開場
    会場:代官山 蔦屋書店 1号館2Fイベントスペース(〒150-0033 渋谷区猿楽町17-5)
    定員:50名

    参加申し込み:
    代官山 蔦屋書店 1号館1Fレジカウンター、電話(03-3770-2525)、オンラインストアにて受付中。
    ・トークショー参加券(税込1,000円)
    ・『私に付け足されるもの』付き参加券(税込2,500円)

    くわしくはこちら

    主催:代官山 蔦屋書店
    問い合わせ:03-3770-2525(代官山 蔦屋書店)

    ※参加券は1人1枚で、購入後に「トークのみ」「書籍付き」の券のタイプを変更することはできません。ご注意ください。
    ※サイン会の列に並ぶのは1人1回までとなります。
    ※今回のサイン会ではすべて、書籍にお客様のお名前入れ(為書き)をいたします。
    ※サインは「代官山 蔦屋書店」で購入された書籍のみが対象です。古書の持ち込みはご遠慮ください。また色紙など、本以外の物へのサインはいたしかねます。
    ※録音・撮影は禁止です。

    長嶋有(ながしま・ゆう)
    1972年生まれ。2001年「サイドカーに犬」で文學界新人賞を受賞しデビュー。2002年「猛スピードで母は」で芥川賞、2007年『夕子ちゃんの近道』で大江健三郎賞、2016年『三の隣は五号室』で谷崎潤一郎賞を受賞。その他の小説に『パラレル』『泣かない女はいない』『問いのない答え』『愛のようだ』『もう生まれたくない』、コミック作品に『フキンシンちゃん』、エッセイ集に『安全な妄想』、映画評に『観なかった映画』などがある。




    タグ
    Pocket

  • 広告用

    20190320
  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る