• fluct

  • 「全国書店員が選んだおすすめコミック2017」発表!【書店員コメント・解説あり】

    2017年02月01日
    本屋を歩く
    日販 ほんのひきだし編集部 芝原
    Pocket

    第9位:『ヲタクに恋は難しい』(2016年12月に第3巻が発売)

    ヲタクに恋は難しい 1
    著者:ふじた
    発売日:2015年04月
    発行所:一迅社
    価格:880円(税込)
    ISBNコード:9784758008464

    ヲタクな人も、そうじゃない人もニヤニヤできてキュンキュンしちゃう、あなたのためのラブコメディ!! 隠れ腐女子のOL・成海は転職先で幼なじみのルックスよく有能だが重度のゲームヲタクである宏嵩と再会をする。 とりあえず付き合い始めたものの、ヲタク同士の不器用な二人に真面目な恋愛は難しくて…。

    pixivコミック『ヲタクに恋は難しい』より)

    書店員のおすすめコメント:
    ある!ある!ある!と読みながらうなづいてしまいます。自分のヲタク度がわかってしまうマンガ。

    『ヲタクに恋は難しい』試し読みはこちらから

     

    第8位:『はたらく細胞』(既刊4巻)

    はたらく細胞 01
    著者:清水茜
    発売日:2015年07月
    発行所:講談社
    価格:648円(税込)
    ISBNコード:9784063765601

    白血球、赤血球、血小板、マクロファージ、記憶細胞、キラーT細胞、NK細胞、B細胞、マスト細胞…etc.人間の細胞の数、およそ60兆個! 彼らは皆、体の中で休むことなく働いている! 体内に入ってきた細菌・ウィルス・異物には徹底抗戦! そこには細胞たちの知られざるドラマがあった!

    講談社コミックプラス『はたらく細胞』より)

    推薦書店員のコメント:
    白血球が激しい戦いをしているかと思ったらラブストーリーもあったりと、ストーリー設定が面白い。体内の勉強をしながら楽しめるのが良い、おすすめの作品。

    『はたらく細胞』(試し読みはこちらから

     

    第7位:『ヴァニタスの手記(カルテ)』(既刊2巻)

    ヴァニタスの手記 1
    著者:望月淳
    発売日:2016年04月
    発行所:スクウェア・エニックス
    価格:627円(税込)
    ISBNコード:9784757549616

    聞いたことはありませんか? 吸血鬼に呪いを振り撒くという、機械仕掛けの魔導書のお話を。いま“ヴァニタスの書”に導かれて、役者たちはパリへと集う。「PandoraHearts」の望月淳が贈る、呪いと救いの吸血鬼譚、開幕。

    ガンガンJOKER公式サイト『ヴァニタスの手記』より)

    書店員のおすすめコメント:
    吸血鬼+スチームパンク、舞台は19世紀のパリ。華やかさにアクションやモンスター、そして恋愛(?)要素が組み込まれ、この先の展開が気になります。作品は、ノエとヴァニタスのW主人公で2人共まったく違う魅力があります。

    『ヴァニタスの手記(カルテ)』試し読みはこちらから

     

    第6位:『私の少年』(既刊2巻)

    私の少年 1
    著者:高野ひと深
    発売日:2016年06月
    発行所:双葉社
    価格:670円(税込)
    ISBNコード:9784575848106

    多和田聡子は会社の帰路、夜の公園で美しい少年・早見真修と出会った。会社の上司であり、元恋人でもある椎川文貴の言動に翻弄され、傷つく聡子をなぐさめる真修。しかしその真修もまた、家族に問題を抱えており、放っておけない聡子は、真修を気にかけていく―。年齢差や立場の違いを超えて、孤独を抱える二人は互いに心を通わせていく。聡子に芽生えた感情は、母性なのか、それとも―?

    『私の少年』特設サイトより)

    書店員のおすすめコメント:
    正直、一般受けしていないと思ったが、かなりの反響があった。母性なのか異性愛なのか、今後の展開によってまた反応がありそう。

    『私の少年』試し読みはこちらから

    ***

    ここからはいよいよトップ5! 売れ行きや読者層など、簡単な解説付きでお送りします。

    1 2 3 4
    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る