• fluct

  • 読書月間には“大人のご褒美じかん”を 枚方 蔦屋書店で益田ミリさんの原画展や、三浦しをんさんのトークライブを開催

    2021年10月21日
    本屋を歩く
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    大阪府枚方市の枚方 蔦屋書店にて、10月23日(土)~11月14日(日)の期間、本が読みたくなる・もっと本が好きになるイベント「読書月間 ~秋澄む大人のご褒美じかん~」が開催されます。

    5度目となる今年は、益田ミリさんの原画展や、パナソニックパンサーズと枚方 蔦屋書店がコラボした「パンサーズの本棚」、三浦しをんさんのトークライブ、直木賞作家・澤田瞳子さんのトーク&サイン会など、オフライン・オンラインで参加できる企画が盛りだくさんとなっています。

     

    BOOKフェア

    ◆パナソニックパンサーズ×枚方 蔦屋書店「パンサーズの本棚」
    展開期間:10月16日(土)~11月14日(日)
    場所:枚方 蔦屋書店 3F BOOKフロア

    大阪府枚方市を拠点とする男子バレーボールチーム・パナソニックパンサーズの、選手・監督のおすすめ本、「バイブル」として大切にされている本を一同に集めて展開。おすすめ書籍には、枚方 蔦屋書店とコラボした限定の「パナソニックパンサーズ×枚方蔦屋書店」オリジナル帯+しおりがついています。

    また、おすすめ本の購入者特典として、豪華グッズほかが当たる抽選に参加できます。

     

    ◆益田ミリの切り絵や描き下ろし漫画も 『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』原画展
    展開期間:11月1日(月)~11月14日(日)
    場所:枚方 蔦屋書店 4F カフェスペース

    コミックエッセイ『今日の人生』『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』の2作の原画や、装丁に使用された益田ミリさんによる切り絵に加えて、描き下ろし漫画が展示されます。

     

    ◆尾形真理子『隣人の愛を知れ』によせて― 櫻井彩、ガラスで彩る。
    展開期間:11月1日(月)~11月14日(日)
    場所:枚方 蔦屋書店 3F

    商業施設「ルミネ」や「NEWoMan」の広告を手掛けるコピーライター・尾形真理子さんの新刊小説『隣人の愛を知れ』に、ガラス作家・櫻井彩さんが作品を寄せます。

    『隣人の愛を知れ』に受けたインスピレーションから、アクセサリーなどの小品で物語の世界観を表現します。

    隣人の愛を知れ
    著者:尾形真理子
    発売日:2021年09月
    発行所:幻冬舎
    価格:781円(税込)
    ISBNコード:9784344431263

     

    トークライブ(一部はオンラインのみで開催)

    「読書月間 ~秋澄む大人のご褒美じかん~」開催期間中に、全8回行われます。

    三浦しをんさんや澤田瞳子さんなどを招く「枚方 蔦屋書店・文学サロン」や、本棚から見える一日の風景を描いたオリジナルの朗読劇など、いずれも「本」にまつわる催しとなっています。

     

    高橋久美子『その農地、私が買います』刊行記念 / 高橋久美子×中田兼介 耕す私たちの乱
    開催日:10月24日(日) 4F カフェスペース

    東京に住みながら、地元・愛媛の畑を買い、奔走する姿を描いた実録エッセイ『その農地、私が買います』が10月20日(水)に発売された高橋久美子さんと、京都女子大学教授の動物行動学者・中田兼介さんの対談を開催。

    高橋さんは、東京の自宅でも30種類ほどの野菜や果樹を育てるなど、都市のなかで自分なりの自給自足を探究し、中田さんは、大阪の住宅地に住みながら、近隣に借りた畑を耕してお米や野菜を育て、研究のかたわらで畑仕事を楽しんでいます。

    畑をやってみて考えた食や生き物のこと、そして農地に絡むさまざまな問題、さらには都会に住みながら畑をすることなど、具体的な話も含めておもしろさや悩みを全部ひっくるめて語るトークライブです。

     

    枚方 蔦屋書店・文学サロンVOL.25 / 三浦しをん とりどりの世界を書いて
    開催日:10月30日(土) オンライン配信

    第135回直木賞(2006年)を受賞した『まほろ駅前多田便利軒』や、「2012年本屋大賞」を受賞した『舟を編む』など、数々のヒット作品を生み出してきた三浦しをんさん。

    自身の文学の目覚めから、『マナーはいらない 小説の書きかた講座』に見る執筆の奥義、そしてデビュー作~最新作の変遷を、トークライブで辿ります。

    マナーはいらない
    著者:三浦しをん
    発売日:2020年11月
    発行所:集英社
    価格:1,760円(税込)
    ISBNコード:9784087900156

     

    枚方 蔦屋書店・文学サロンVOL.26 / 澤田瞳子『輝山』刊行記念トーク&サイン会
    開催日:10月31日(日) 4F カフェスペース

    『星落ちて、なお』で第165回直木賞(2021年)を受賞した澤田瞳子さんの、受賞後第1作となる『輝山』が10月1日(金)に発売されました。

    トークライブでは、『輝山』の制作秘話や作品に懸ける思いを語るほか、これまで歩んできた小説家人生の軌跡をたどります。

    輝山
    著者:澤田瞳子
    発売日:2021年09月
    発行所:徳間書店
    価格:1,980円(税込)
    ISBNコード:9784198651893

     

    枚方 蔦屋書店・文学サロンVOL.27 / 松川ジェット アコースティックLive&BOOKトーク
    開催日:10月31日(日) オンライン

    枚方 蔦屋書店で3度目となる、「LACCO TOWER」のボーカル・松川ケイスケさんのBOOKトークを開催。

    MCにDJ・浅井博章さんを招き、松川さんがこの1年間で読んできた本、そして永遠のバイブルなどを紹介します。

    BOOKトーク終了後には、「LACCO TOWER」のメンバー・真一ジェットさんとのユニット「松川ジェット」のアコースティックLiveが開催されます。

     

    枚方 蔦屋書店・文学サロンVOL.28 / 精神科医・藤野智哉 あなたに手渡す本の処方箋
    開催日:11月3日(水・祝) 4F カフェスペース

    愛知医科大学病院に勤務しながら、「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)で「ストレスを減らす心の処方箋」として数々の本を紹介するなど、幅広く活躍する医師・藤野智哉さんが登壇します。

    最新刊『自分を幸せにする「いい加減」の処方せん』の話や、藤野さんが独自の感性で選ぶ「今だから皆様に処方したい」本などを紹介します。

    自分を幸せにする「いい加減」の処方せん
    著者:藤野智哉
    発売日:2021年09月
    発行所:ワニブックス
    価格:1,320円(税込)
    ISBNコード:9784847070723

     

    グラスマーケッツ朗読劇『とある本棚の話』
    開催日:11月6日(土) 4F カフェスペース

    朗読家・佐野真希子さんが、作家・池田久輝さん(脚本家としては池田長十名義で活動)のオリジナル脚本作品「とある本棚の話」を朗読します。

    とある書店の、とある本棚の前――。
    たくさんの人がやって来て、思い思いに本を手に取り、静かに読み始める。
    あの人は何を読んでいるのだろう? この人はどんな本を探しているのだろう?
    本棚から見える一日の風景を描いたオリジナル朗読作品。

     

    枚方 蔦屋書店・文学サロンVOL.29 / 浅井博章×飯室大吾ブックトーク
    開催日:11月7日(日) 4F カフェスペース

    大阪のラジオステーション、FM802でDJとして活動する浅井博章さんと飯室大吾さんが、音楽ではなく”本”についてとことん語り合うブックトークです。

    当日のトーク内で、2人が紹介する書籍を購入した方は、サイン会にも参加ができます。

     

    枚方 蔦屋書店・文学サロンVOL.30 / カツセマサヒコ×岸政彦 都市で生きる文学
    開催日:11月13日(土) 4F カフェスペース

    6月に『夜行秘密』を発売した小説家・カツセマサヒコさんと、2月に『リリアン』を発売した小説家・岸政彦さんの対談です。

    カツセさんから岸さんへ贈られたラヴコール(「今年一番刺さった小説!」)をきっかけに実現となりました。

    初対面となるお2人によるトークは、いかに展開されるのでしょうか。

    夜行秘密
    著者:カツセマサヒコ
    発売日:2021年07月
    発行所:双葉社
    価格:1,540円(税込)
    ISBNコード:9784575244212

    リリアン
    著者:岸政彦
    発売日:2021年02月
    発行所:新潮社
    価格:1,815円(税込)
    ISBNコード:9784103507239

     

    各トークライブの詳細はこちらから



    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る