• fluct

  • 宮脇書店員が選ぶ“いま一番読んでほしいコミック”「ミヤコミ2021」5作品が決定!

    2021年07月20日
    本屋を歩く
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    香川県を中心に全国に店舗を構える宮脇書店が、2016年にスタートした「ミヤコミ」。

    これは、宮脇書店直営店の全従業員(パート・アルバイト含む)が投票したおすすめコミック作品の中から、「いま、あなたに一番読んでほしい作品」を決めるものです。

    今年は応募総数1,369件から、得票数の多い20タイトルを選出。その中から選考委員が「いま、読んでほしいタイトル」5作を厳選しました。すべてが自信をもっておすすめできる一冊なので、順位はついていません。

    「ミヤコミ2021」に選ばれた本は、宮脇書店直営店にて、7月15日(木)から9月下旬ごろまでフェア展開されています。ぜひ店頭で、「いま、一番読みたい本」を探してみてください。

     

    『怪獣8号』(ジャンプコミックス)

    怪獣8号 1
    著者:松本直也(漫画家)
    発売日:2020年12月
    発行所:集英社
    価格:528円(税込)
    ISBNコード:9784088825250

    舞台は怪獣発生率が世界屈指で、怪獣に日常を侵されている日本。かつて防衛隊員を目指していた主人公・日比野カフカはいまは怪獣専門清掃業で働いています。

    同僚を怪獣から救ったことで、一度は諦めた防衛隊員をふたたび目指すことを決めた矢先、謎の生物の仕業で身体が怪獣化することに。怪獣討伐を担う日本防衛隊からコードネーム「怪獣8号」と呼ばれる存在になります。

    『怪獣8号』は2020年の「コミックス第1巻 年間売上ランキング」でトップになるなど、いまもっとも勢いのある漫画のひとつです。

    関連記事
    2020年の“新作漫画”だけで集計した「コミックス第1巻 年間売上ランキング」第1位は『怪獣8号』

    宮脇書店員コメント
    ・英雄か脅威か、世紀の大怪獣 貴方の目にはどう映る?(ヨーカドー久喜店/20代男性)
    ・今一番熱いバトル漫画。怪獣のデザインが最高にクール!(仙台卸町店/20代女性)

     

    『女の園の星』(フィールコミックス)

    女の園の星 1
    著者:和山やま
    発売日:2020年07月
    発行所:祥伝社
    価格:748円(税込)
    ISBNコード:9784396767976

    主人公は、とある女子校の2年4組担任・星先生。生徒たちが学級日誌で繰り広げる絵しりとりに翻弄されたり、教室で犬のお世話をしたりと、なんてことない日常が描かれていますが、シュールでクスっと笑える内容となっています。

    「このマンガがすごい!2021」オンナ編で第1位を獲得するなど、数々のマンガ賞に入賞しているいま注目の作品です。

    宮脇書店員コメント
    ・淡々と流れる女子高教師の日々から、何故か目が離せない。(原尾島店/10代女性)
    ・毒にも薬にもならぬ。が、なぜか癒される。(アリオ倉敷店/40代女性)

     

    『島さん』(アクションコミックス)

    島さん 1
    著者:川野ようぶんどう
    発売日:2021年01月
    発行所:双葉社
    価格:693円(税込)
    ISBNコード:9784575855425

    ベテランのコンビニ深夜アルバイト・島さんはちょっと頼りないけどちょっと頼りになる、ちょっと“わけあり”のおじいさん。そんな島さんと、いろんな人たちとのふれあいを描く、コンビニヒューマンドラマです。

    優しそうなおじいさんにしか見えない島さんの正体とは……?

    宮脇書店員コメント
    ・酸いも甘いも知り尽くした島さんの言葉が心に響きます!(本店/40代男性)
    ・失敗しても、前向きになれる。とても温かみのある作品です。(邑久店/30代女性)

     

    葬送のフリーレン(少年サンデーコミックス)

    葬送のフリーレン 1
    著者:山田鐘人 アベツカサ
    発売日:2020年08月
    発行所:小学館
    価格:499円(税込)
    ISBNコード:9784098501809

    主人公は、魔王を倒した勇者一行の魔法使い・フリーレン。物語は魔王討伐後からはじまり、その数十年後にフリーレンは勇者・ヒンメルの死を見届けます。長生きなエルフの彼女は、たった10年一緒に旅をしただけのヒンメルの死に何故自分がこんなにも悲しむのかわからず、人を“知る”旅に出ることにします。

    勇者一行の“後日譚”を描くという斬新な設定と、魅力的なキャラクターやストーリーが話題となり、「マンガ大賞2021」で大賞となるなど、2021年を代表する注目作品となっています。

    宮脇書店員コメント
    ・別れの後からはじまる出逢いの物語、じんと心に沁みます(徳島本店/30代女性)
    ・勇者パーティーのその後、まだエンドロールは流れない(韮崎店/20代男性)

     

    うるわしの宵の月(KC デザート)

    うるわしの宵の月 1
    著者:やまもり三香
    発売日:2020年12月
    発行所:講談社
    価格:495円(税込)
    ISBNコード:9784065217771

    周囲に「王子」と呼ばれて、まるで少女漫画のヒーローのような扱いをされている女子高校生・宵。そんなとき、同じく「王子」と呼ばれる先輩・市村と出会います。彼に「美しい」と言われたうえ、コンビニで酔っ払いに絡まれているところを助けられ、ふたりは急接近することになります。

    いつもは“王子扱い”されている宵が、お姫様抱っこで“ヒロイン扱い”されて赤面するシーンなど、美形×美形の恋愛模様に胸キュンすること間違いなしです!

    宮脇書店員コメント
    ・美しい2人の不格好な恋模様(南本店/20代女性)
    ・かっこよく美しい2人で目の保養をしませんか?(備前店/30代女性)

     

    〉宮脇書店公式ホームページ
    http://www.miyawakishoten.com/

     

    関連記事

    宮脇書店が選ぶ今、一番読んでほしい本「ミヤボン2020」 『なぜ僕らは働くのか』『滅びの前のシャングリラ』など5作

     

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る