• fluct

  • 名作文学モチーフの「#文学の雑貨」 エコバッグに続きブックカバーが登場

    2021年04月01日
    本屋を歩く
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    名作文学をモチーフにしたエコバッグを展開している「#文学の雑貨」から、新たに「ブックカバー」が発売され、早くも好評を呼んでいます。

    ブックカバーの柄は、エコバッグでも人気の高い『赤毛のアン』『銀河鉄道の夜』『こころ』の3種類。エコバッグとお揃いのキャンバス地を使ったブックカバーで、裏地にレッド、ブルー、ブラウンの布をあわせたバイカラーデザインとなっています。

    表紙を差し込む「そで」の部分にはワンポイントが入っており、裏地と同じカラーのレザー調しおり紐もついています。サイズは、現在は文庫本用のみの展開です。

    価格は販売店舗によって異なりますが、500円前後と、エコバッグ同様気軽に買いやすい価格設定となっています。

    今後、デザインも順次増やしていく予定とのこと。すでにエコバッグを持っている方も、これから選ぶ方も、読むだけでなく持ち歩く時間も楽しくしてくれる“読書のお供”をぜひ見つけてみてください。

    読書に役立つ雑貨や文具、本棚の専門店、書店限定アパレルなど、広がりを見せている〈読書時間や本との生活を楽しむためのアイデア〉。トートバッグ、ブックカバーと続き、「#文学の雑貨」からは今後、本好きの心に響くどんなアイテムが登場するのでしょうか。

    ▼「#文学の雑貨」ブックカバー商品概要
    ブックカバー素材
    ・表生地(キャンバス):ポリエステル60%、コットン40%
    ・裏生地:ポリエステル85%、コットン15%
    ・しおり紐:PUレザー

    サイズ
    ・(開いた状態で)幅32cm×高さ16.5cm

    ※オープン価格のため、店舗によって販売価格が異なります
    ※各デザイン・サイズの販売状況は、店舗まで直接お問い合わせください

     

    「#文学の雑貨」エコバッグについてはこちら

    本好きの心に響く「文学作品のエコバッグ」 付録つき雑誌や絵本も入る大きめサイズが登場

    レジ袋有料化で登場したある書店のエコバッグが「これはいいアイデア」と話題に

     

    「#文学の雑貨」最新情報は公式SNSで

    〉Twitter   @bungakunozakka
    〉Instagram  @bungakunozakka




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る