• fluct

  • 悪人?ヒーロー?“戦国の梟雄”松永久秀を熱く描く『じんかん』:わが店のイチオシ本(vol.41 ふたば書房山科駅前店)

    2021年01月10日
    本屋を歩く
    日販 ほんのひきだし編集部「日販通信」担当
    Pocket

    全国の書店員さんが一押し本を紹介する連載「わが店のイチオシ本」。

    第41回は、京都市山科区のふたば書房山科駅前店の店長・宮田修さんにご登場いただきました。

    じんかん
    著者:今村翔吾
    発売日:2020年05月
    発行所:講談社
    価格:2,090円(税込)
    ISBNコード:9784065192702

     

    「天下の三悪をなした武将」再評価される松永久秀を描く

    『じんかん』の主人公は、戦国の梟雄と恐れられた松永久秀である。あの織田信長から、天下の三悪をなしたと言われた男である。

    歴史は、勝者が紡いできたものである。敗者には、弁解を挟む余地はない。都合の悪いところは、罪を被せられる。

    今、再評価されつつある松永久秀を、今、最も熱い作家である今村翔吾さんが描ききった快作である。

    特に、前半部分の史実に拘束されない部分は、著者の面目躍如といったところか。生きる意味を見いだせない九兵衛(久秀のこと)には、ただ弟を守るためには自分が汚れても構わない、その思いだけがあった。

    冒頭の寺のシーンは、動機は違えども、『ベルセルク』のグリフィスを思い出した。野盗団の多聞丸が示した夢に心を動かされた九兵衛は、その夢とともに歩むことを決意する。だが、その想いも儚く散ってしまう。

    「俺達の夢は消えない」。亡き友のため、九兵衛は夢を引き継ぐ。

    そして力を蓄えている九兵衛に、運命の出会いが堺で待ち受ける。三好元長との邂逅である。このシーンには魅了された。風が吹いている情景がまざまざと眼前に浮かび上がった。前半の山場である。

     

    不条理に抗い、汚名を甘んじて受け入れる

    後半、史実が増えてくるので、その合間にうまく話をはめ込んでいっている。仕えた主人殺し、天下の将軍の暗殺、東大寺の大仏殿を焼き尽くす、三悪と言われた汚名を甘んじて受け入れる。そこには、抗うものとしての久秀像が私達に迫ってくる。

    戦国の世で、現在の価値観では測れないところがある。きれいすぎる印象は否めない。それでも夢を信じ、それに殉じるために、全ての不条理に抗い続ける九兵衛の姿は、美しい。

    弟・甚助との別れのシーンからラストまでの怒涛の展開は、涙なしには語れない。

    今村さんは、前作の『八本目の槍』では、賤ヶ岳七本槍のそれぞれを描いた連作短編で石田三成という男の新たな魅力を引き出し、今作では、松永久秀を魅力的な青年武将として蘇らせた。そして、久秀の唯一の理解者が織田信長という点には唸った。

     

    コミカライズで広がる新たな『じんかん』の世界

    2月17日には、『じんかん』を原作とするコミック『カンギバンカ』も発売になる。映像化、コミカライズは別物と思っている。見せ方や、掘り下げるところなど違いは出てくる。相互に補完できる形が望ましい。今回のコミカライズでは、恵広史さんという絵師が関わり、また新しい『じんかん』の世界が広がりを見せている。

    一読者としては、我が故郷の土佐の出来人「長宗我部元親」を描いたものや、「戦国武将×47都道府県 連作読み切り小説」の掌編、それ以外の時代の連載も、単行本で読めるのを楽しみにしている。また違った視点からの新たな人物像を見せてくれることだろう。願わくば、埋もれている人物に出会わせてもらいたい。

    カンギバンカ(1)
    著者:恵 広史 今村 翔吾
    発売日:2021年02月
    発行所:講談社
    価格:495円(税込)
    ISBNコード:9784065220665

    ◆作り手からのメッセージ◆
    400年もの間「悪人」と呼ばれた男の評価が、いま変わろうとしています。その名は松永久秀! 大河ドラマ「麒麟がくる」でも人気爆発中の武将が過去に起こしたとされる3つの悪には、どれも根拠がないといわれています。では本当は一体どんな男なのか? SNS時代に必読の一冊です!(講談社 文芸第二出版部「小説現代」編集部 菅 龍典さんより)

    ふたば書房山科駅前店(Tel.075-592-3530)
    〒607-8013
    京都府京都市山科区安朱中小路町5
    ビエラ山科 2F
    ※営業時間 10:00~22:00(土・日・祝日 10:00~21:00)


    (「日販通信」2021年1月号「わが店のイチオシ本」より転載)




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る