• fluct

  • 「日向坂46と書店で待ち合わせ」マフラー姿のメンバーが撮り下ろしカバーに!光文社文庫で「日向坂文庫 2021冬 書店デート」フェア開催

    2020年10月15日
    本屋を歩く
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    日向坂46メンバーと“書店デート”しているような気分が味わえるフェア「日向坂文庫 2021冬 書店デート」が、2021年2月1日(月)より開催されることになりました。

    「日向坂文庫 2021冬 書店デート」フェアでは、光文社文庫の人気作品22冊が、日向坂46メンバーの撮り下ろしカバーでずらりと書店店頭に並びます。スペシャルカバーのコンセプトは「日向坂46と書店で待ち合わせ」。冬らしくマフラーを巻いたメンバーが、表紙だけでなく、裏表紙・カバー袖にも登場します。カバー袖は、切り取ってしおりとして使うこともできるので、読み進めるのがさらに楽しみになりそうです。

    そして、このたびのフェア開催決定にあわせ、まずは加藤史帆さん、齊藤京子さん、金村美玖さん、小坂菜緒さんがカバーを担当する作品が発表されました(齊藤京子×坂木司『アンと青春』/加藤史帆×宮部みゆき『刑事の子』/小坂菜緒×誉田哲也『世界でいちばん長い写真』/金村美玖×赤川次郎『三毛猫ホームズの証言台』)。

    【2021/2/1】日向坂文庫の全ラインアップが発表されました。

    日向坂文庫 ラインアップ
    ・潮紗理菜×『クローバーナイト』辻村深月
    ・影山優佳×『光』道尾秀介
    ・加藤史帆×『刑事の子』宮部みゆき
    ・齊藤京子×『アンと青春』坂木司
    ・佐々木久美×『ひなた』吉田修一
    ・佐々木美玲×『一年四組の窓から』あさのあつこ
    ・高瀬愛奈×『ぼくは落ち着きがない』長嶋有
    ・高本彩花×『黒猫の小夜曲』知念実希人
    ・東村芽依×『晴れたらいいね』藤岡陽子
    ・金村美玖×『三毛猫ホームズの証言台』赤川次郎
    ・河田陽菜×『ココロ・ファインダ』相沢沙呼
    ・小坂菜緒×『世界でいちばん長い写真』誉田哲也
    ・富田鈴花×『100億人のヨリコさん』似鳥鶏
    ・丹生明里×『ぶたぶた図書館』矢崎存美
    ・濱岸ひより×『学ばない探偵たちの学園』東川篤哉
    ・松田好花×『群青のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート2』福田和代
    ・宮田愛萌×『おさがしの本は』門井慶喜
    ・渡邉美穂×『東京すみっこごはん 雷親父とオムライス』成田名璃子
    ・上村ひなの×『千手學園少年探偵團』金子ユミ
    ・高橋未来虹×『江戸川西口あやかしクリニック』藤山素心
    ・森本茉莉×『神楽坂愛里の実験ノート』絵空ハル
    ・山口陽世×『社内保育士はじめました』貴水玲

    ※フェア対象書目がなくなり次第、フェアは終了となります。
    ※一部地域で開始日が異なる場合があります。

    photo by Yosuke Kamiyama, Yukimi Nishi




    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る