• fluct

  • [連載]御書印帖とめぐる日本の本屋:vol.7 とほん(奈良県大和郡山市)

    2020年10月13日
    本屋を歩く
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    お参りの“証”として、訪れた神社・寺の名前、ご本尊の名前、お参りした日付などを墨で書き入れていただく「御朱印帳」。これをもじった、人と書店を結ぶ「御書印帖」というものがあるのをご存じでしょうか?

    御書印帖には、訪れた日付、書店員が選んだ本のタイトルや一節が記入され、最後に、書店ごとのオリジナル印が捺されます。

    この連載「御書印帖とめぐる日本の本屋」では、旅行記のように、津々浦々の“御書印店”を紹介していきます。初めての土地・書店を訪れるワクワク感、書店員さんとの交流をお楽しみください。

    「御書印」とは?
    御書印帖を持参すると、訪れた日付、書店員が選んだ本のタイトルや一節が記入され、最後に、書店ごとのオリジナル印が捺されます。
    御書印をもらう際に渡す200円ほどの「御書印代」は、その書店のサポートになります。
    市販の御朱印帳でも参加できますが、参加書店では「御書印帖」を数量限定で無料配布中。また、それとは別バージョンの「特装版 御書印帖」が、参加書店にて発売中です(一部店舗を除く)。

    ※全国の御書印参加書店はこちら 》「御書印プロジェクト」公式note

     

    今回訪れる書店

    とほん
    ・2014年開業
    ・所在地:〒639-1134 奈良県大和郡山市柳4-28
    ・営業時間:11:00~17:00(定休日:木曜)(御書印受付時間も同じ)
    ・電話番号:080-8344-7676

     

    店主・砂川昌広さんに聞きました!

    ―― まずはご当地自慢をお願いします!

    とほんのある奈良県大和郡山市は、歴史ある城下町。江戸時代には、大和国を治める郡山藩として栄えた土地です。桜の名所として有名な郡山城跡をはじめ、神社仏閣や趣のある古い建物も残っていて、町歩きにおすすめです。とほんは、そんな町の柳町商店街というところにあります。

    大和郡山市は、近年は金魚の養殖が盛んです。日本の三大金魚産地のひとつとして、金魚が楽しめるスポットがいくつもあります。そのため御書印にも、金魚の品評会などで使われる白い円形のホーローのたらいに金魚が泳いでいる様子をデザインしていただきました。

    市を訪れた際は、少し歩きますが、金魚の養殖池や金魚資料館も味わい深いので、お時間があればぜひ足を延ばしてみてほしいです。

    ―― それでは続いて、砂川さんご自身とお店について教えてください。

    私は本が好きで、本屋でアルバイトを始めたことがきっかけで書店員になりました。書店員歴は約20年です。

    とほんは、2014年2月22日にオープンしました。新刊本を中心に雑貨も少し置いています。大切に持っていたくなる本、長く読み続けたくなる本、読んで良かったと思える本、そんな本を販売しております。

    ――「とほん」という名前がユニークですね。

    「雑貨とほん」「大和郡山とほん」「人とほん」「町とほん」など、いろいろなものごとに「と、ほん」と繋がっていけたらと思い名づけました。

    普段は、近所の常連の方から県外の方まで、さまざまな方が足を運んでくれています。最近印象に残っているのは、先日、90歳のおばあちゃんのちぎり絵展を開催したら、普段は年配の方はあまり来店されないのですが、おばあちゃんが大勢ご来店くださったこと。嬉しかったです。

    ―― 普段は店主としていろいろな方を迎えていますが、逆に、行ってみたい書店はありますか?

    御書印に参加されている、利尻島の本庫屋書店さんに行ってみたいです。

    ―― それでは最後に、今記事をご覧の皆さんにメッセージをお願いします!

    とほんでは、オリジナル雑誌やオリジナルトートバックも販売しています。奈良旅のおともにぜひ。


    とほんの御書印をゲット! 次の書店もお楽しみに。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る