• fluct

  • [連載]御書印帖とめぐる日本の本屋:vol.11 タロー書房(東京都中央区)

    2020年10月29日
    本屋を歩く
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    お参りの“証”として、訪れた神社・寺の名前、ご本尊の名前、お参りした日付などを墨で書き入れていただく「御朱印帳」。これをもじった、人と書店を結ぶ「御書印帖」というものがあるのをご存じでしょうか?

    御書印帖には、訪れた日付、書店員が選んだ本のタイトルや一節が記入され、最後に、書店ごとのオリジナル印が捺されます。

    この連載「御書印帖とめぐる日本の本屋」では、旅行記のように、津々浦々の“御書印店”を紹介していきます。初めての土地・書店を訪れるワクワク感、書店員さんとの交流をお楽しみください。

    「御書印」とは?
    御書印帖を持参すると、訪れた日付、書店員が選んだ本のタイトルや一節が記入され、最後に、書店ごとのオリジナル印が捺されます。
    御書印をもらう際に渡す200円ほどの「御書印代」は、その書店のサポートになります。
    市販の御朱印帳でも参加できますが、参加書店では「御書印帖」を数量限定で無料配布中。また、それとは別バージョンの「特装版 御書印帖」が、参加書店にて発売中です(一部店舗を除く)。

    ※全国の御書印参加書店はこちら 》「御書印プロジェクト」公式note

     

    今回訪れる書店

    タロー書房
    ・1994年創業
    ・所在地:〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町B1
    ・営業時間:当面の間、平日8:00~20:00/土日祝10:00~20:00(定休日:元日、その他不定休)
    ・御書印受付時間:10:00~20:00
    ・電話番号:03-3241-2701

     

    実用書・文庫担当 五坪侑恵さんに聞きました!

    ―― まずはご当地自慢をお願いします!

    古くは江戸城下町として栄え、五街道の基点としても知られる日本橋地域。銀行発祥の地としても知られ、昭和初めの統計によると、日本橋の橋上の歩行者数は東京随一だったとのことです。

    かつての華やかな街並みは東京大空襲によって大きく消失しましたが、いまも、重要文化財建築でもある日本橋三越や、1911年に架けられた19代目の橋は現役です。

    当店の御書印の印影は、日本橋に鎮座する有翼の麒麟像です。麒麟は吉兆や繁栄を表す神獣だそうですが、本来ない翼がついているのは、日本橋が古くからのように起点となり、日本中に飛び立ってほしいという願いが込められているそうです。

    ▼慶應義塾大学名誉教授 白石孝さんのエッセイ『読んで歩いて日本橋』は、日本橋散策におすすめ。

    読んで歩いて日本橋
    著者:白石孝
    発売日:2009年11月
    発行所:慶應義塾大学出版会
    価格:2,200円(税込)
    ISBNコード:9784766416985

    ―― 五坪さんは書店員何年目ですか? お店の歴史や特徴も教えてください。

    私は、今年で書店歴10年目です。大学卒業後、書店大型チェーンの京都の店舗で働いていましたが、ビルの改装にともなって店舗が閉まるタイミングで、東京の旗艦店へ異動しました。その後、3年ほど前にタロー書房に入社しました。

    タロー書房は、かつては同じ地で3階建ての路面店として営業していましたが、2010年のコレド室町開業時に、テナントとして入りました。平日のお客様は近隣の会社にお勤めの方が多いですが、特に金融や不動産関連の会社が多いため、店内の在庫もあわせてご用意しています。

    内装・什器は、九州新幹線「ななつ星」などのデザインで知られるインダストリアルデザイナーの水戸岡鋭治氏が手がけています。また、店名の揮毫は、オーナーと親交があった岡本太郎氏によるもので、そのご縁から、御書印帖の一筆は、岡本太郎氏の著書のタイトルから拝借しました。

    自分の中に毒を持て 新装版
    著者:岡本太郎
    発売日:2017年12月
    発行所:青春出版社
    価格:814円(税込)
    ISBNコード:9784413096843

    ―― 街や書店の歴史を知ると、さらにいろんな本が読みたくなりますね。最後に、五坪さんが行ってみたい書店はありますか?

    たくさんあるのですが、信頼する出版社や書店の方が大好きなお店だとおっしゃっていたので、鳥取の定有堂書店はぜひ一度行ってみたいです。

    ―― ありがとうございました!


    タロー書房の御書印帖をゲット! 次の書店もお楽しみに。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る