• fluct

  • オンライン本屋博

    「#オンライン本屋博」10時間ぶっ通しの特別イベント!全国の本屋・作家・アーティストが代わる代わる出演

    2020年04月30日
    本屋を歩く
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    オンライン本屋博

    5月5日(火・祝)、本にまつわるトークセッションやスペシャルライブをYouTubeで配信する〈「オンライン本屋博」一日限定の特別イベント〉が開催されます。

    “本屋博”は、「40の本屋が集まるフェス」として1月31日(金)・2月1日(土)に二子玉川ライズで開催され、2日間で3万人超が来場、1万冊以上を売り上げたイベント。現在の状況を受け「オンラインで、本屋博みたいなことはできないかな」と青山ブックセンターの山下優さんがTwitterで発したのをきっかけに、いまは「#オンライン本屋博」のハッシュタグで、全国の書店が「いま推したい本」を日々発信しています。

    このたび開催が決定した〈「オンライン本屋博」一日限定の特別イベント〉は、そのスピンオフ企画。「全国の本屋さん」と「全国の本好き・本屋好き」が、おうちにいながら楽しめる場所を……という思いから実現した、1日だけの特別イベントです。

    当日はYouTubeのプレミア公開で順次動画が公開され、先日「二子玉川 本屋博」に出店・出演した書店やアーティスト、本屋博を応援する人々が登場します。

    ●日時 2020年5月5日(火・祝)14:00~24:00
    ●会場 本屋博 公式YouTube
    ●公式ハッシュタグ「#オンライン本屋博」


    ●タイムテーブル・出演者 ※2020/5/4 タイムテーブル追加決定

    14:00~15:00「本屋博をおもしろくするための公開ブレスト」
    出演者:竹田信弥(双子のライオン堂)×長江貴士(マルノウチリーディングスタイル)×山下優(青山ブックセンター)
    聞き手:北田博充(本屋博実行委員長)

    15:00~15:30「本屋リレー 1.」
    出演者:本屋博に出店した40の本屋さん

    15:30~16:00【MUSIC】「本と音楽 1.」
    出演者:The Worthless(うたうヒゲとおどるマリオネットのジャグバンド)

    16:00~17:00「小説メシ。Vol.1 ~ピリ辛の鶏そぼろあんかけ豆腐~」
    出演者:築野由佳(二子玉川 蔦屋家電 食コンシェルジュ)×北田博充(同 人文コンシェルジュ)

    17:00~18:00(タイトル未定)
    出演者:橋本亮二(朝日出版社)and more…
    聞き手:碇雪恵(フリーライター・出版社営業)

    18:00~19:00「BOOKウルフ ~知らない本を紹介する方法~」
    出演者:花田菜々子(HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE)×小国貴司(BOOKS青いカバ)×鎌田裕樹(恵文社一乗寺店)×栗俣力也(TSUTAYA文庫プロデューサー)
    司会:松本泰尭(二子玉川 蔦屋家電 人文コンシェルジュ)

    19:00~20:00「いま、 映画にできること」
    リモート映画企画『TOKYO TELEWORK FILM』& 短編映画『カメラを止めるな!リモート大作戦!』公開記念
    出演者:斎藤工(俳優、映画監督)、上田慎一郎(映画監督)
    聞き手:木村綾子(株式会社蔦屋書店)

    20:00~20:30「本屋リレー 2.」
    出演者:本屋博に出店した40の本屋さん

    20:30~21:00【MUSIC】「本と音楽 2.」
    出演者:平戸祐介(ジャズピアニスト)、世田谷ピンポンズ(フォークシンガー)

    21:00~22:00「金曜に、買いすぎた玉子を食べながら」
    出演者:朝吹真理子(小説家)×犬山紙子(コラムニスト)×村田沙耶香(小説家)
    聞き手:木村綾子(株式会社蔦屋書店)

    22:00~23:00「『ODD ZINE Vol.4』刊行記念トーク」
    出演者:太田靖久(小説家)×町屋良平(小説家)
    聞き手:北田博充(本屋博実行委員長)

    23:00~24:00「なぜみんな本屋が好きなのか?」
    出演者:ライムスター宇多丸(ラッパー、ラジオパーソナリティ)×粕川ゆき(いか文庫)×北田博充(本屋博実行委員長)
    聞き手:嵯峨山瑛(二子玉川 蔦屋家電 住コンシェルジュ)

    ※イベントの開催時間・内容は、予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。
    ※最新の情報は、二子玉川 蔦屋家電HP、および二子玉川 本屋博SNSでご確認ください。


    主催:本屋博実行委員会
    協賛:日本紙パルプ商事株式会社
    協力:二子玉川 蔦屋家電

    オンライン本屋博 開催に向けて(本屋博実行委員長 北田博充さんより)

    非日常において、本は「あったら嬉しいもの」から「なくては困るもの」に変わることがあります。
    自宅で過ごすことが増え、思うように外出ができない今、本屋さんで本を買いたいと思う読者は多くいると思います。その一方で、営業したくても営業ができない、本を届けたくても届けられない本屋さんも多くいます。
    そういった読者と本屋さんを、「本屋博」がつなげられればと考えました。

    このような状況下で本なんか読んでる余裕ないよ、と仰る方もたくさんいるかもしれません。その一方で、息苦しい日々の中で本が酸素代わりになる、と感じる方も少なからずいるでしょう。海外に行かなくても、映画館に行かなくても、スタジアムに行かなくても、ページを開くだけで「世界」とアクセスできるのが本の利点です。「こんな時だからこそ」ではなく、「こんな時でも」「どんな時でも」本を読者にお届けするのが本屋の使命です。

    今は、近い距離でお話しできず、直接本を手渡せないことが何より寂しいです。本屋博の会場で、たくさんの濃密なコミュニケーションが幸せを生んだあの2日間が、遠い夢のようです。きっとまた近い将来、本屋博で幸せな時間を共有できると信じています。今はオンライン上で、少しでも本と本屋さんの魅力を感じていただければ、これほど嬉しいことはありません。

    ▼「二子玉川 本屋博 2020」ダイジェストムービー公開中

     

    関連記事

    本と本屋の可能性を発信するフェス「二子玉川 本屋博」2日間で3万人超が来場 1万冊以上を売り上げ

    本屋博いよいよ開催!又吉直樹「僕もいつか移動式の本屋やってみたい」




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る