• fluct

  • ヨシタケシンスケの絵本で考える「自分」や「自分らしさ」:わが店のイチオシ本(vol.36 Hama House)

    2020年03月10日
    本屋を歩く
    日販 ほんのひきだし編集部「日販通信」担当
    Pocket

    全国の書店員さんが一押し本を紹介する連載「わが店のイチオシ本」。

    第36回は、東京都中央区にあるHama Houseのコミュニティマネージャー・角田美佳さんにご登場いただきました。

     

    “自分”について考えるきっかけに

    Books&Cafeと謳っているように、Hama Houseは本とコーヒーが共存する場所です。書籍の数はおよそ2000冊。選書は弊社の代表がこだわって行っております。私が任されているのが、売場の2割ほどを占める絵本の選定です。

    今回はその中から、ヨシタケシンスケさんの『ぼくのニセモノをつくるには』をご紹介します。

    ぼくのニセモノをつくるには
    著者:ヨシタケシンスケ
    発売日:2014年09月
    発行所:ブロンズ新社
    価格:1,540円(税込)
    ISBNコード:9784893095916

    主人公のケンタは、宿題、お手伝い、部屋の掃除など、やりたくないことだらけでげんなりしている男の子。ある日、「ぼくのニセモノをつくって、そいつに全部やってもらおう」と思いつきます。

    実際にロボットを購入し(「子どもがどうやって買うの?」などは置いておいて)、いざ「自分の代わりにやりたくないことをやってもらおう」というところで、ロボットに問いかけられるのです。「ケンタのことを教えて」と。

    ここからケンタは、自分の好きなもの・嫌いなもの、できること・できないこと、周りからどう思われているかなど、自分についてじっくりと考えはじめるのです……。

    思えば私も、幼少期からよく考える子どもでした。みんなが目の前の遊びに夢中になる中、空を眺めては「あの雲はどこへいくのだろう?」「なんで太陽はずっとお空にあるのだろう?」など、ぼんやりと考える日々。

    その興味は徐々に自分自身へと向き、高校生の頃にはすでに「これからの生き方は?」なんて生き急いだことを考えていたと思います。

    そんな私がこの作品を読んで率直に思ったことは、「最近自分のことについて考えていないな」ということ。ケンタのようにできることを10個以上あげることはできないし、それはできないことも同様。人が自分をどう思っているかなんて、あえて考えないようにしていると思います。

    この物語は、ケンタが「ぼくはひとりしかいない」ということに気づくところで終わります。「人間は木のようなもの。木の種類は生まれつきだから選べないけど、どうやって育てて、飾り付けするかは自分で選ぶことができる」と、おばあちゃんが話していたことを思い出すのです。

    私の木は、いま生き生きと生い茂っているだろうか? 人に与えられるだけの実はなっているだろうか……? そう今の自分を見つめ直すとともに、たまにはあの頃の自分を思い出して、ただひたすらじっくりと、自分のことを考える時間を作ろうと改めて思えた作品でした。

     

    絵本を手に取らない人にも興味を持ってほしい

    Hama Houseでは、今回紹介したヨシタケシンスケさんの作品をはじめ、大人も楽しめる絵本を多数揃えています。「本好きの第一歩」「考えると出会う」など、すっと頭に入りやすいワードを意識した6ジャンルに分けて、POPも自分でデザインした、お店の雰囲気に馴染むシンプルなものに。

    「普段あまり絵本を手に取らない人にも興味を持ってほしい」という思いから作った絵本診断チャートは、その珍しさからかお客様に好評で、やってみてよかったなと思えた展開方法のひとつです。弊社が培ってきた場づくりのノウハウと、当店に関わってくださる方の知恵を合わせて、今後も思わず本を手に取りたくなる売場づくりを考えていけたらと思います。

    ◆作り手からのメッセージ◆
    自分とは何か?という、興味深くも、やや面倒なテーマが、ヨシタケさんの観察眼と思考を通過して、魅力的な絵本になっています。発想えほんシリーズの中でも、子どもはもちろん、社会人からの反響も大きかった一冊。何をするにも、自分をよく知っているのは最大の強み。ぜひご一読を。(ブロンズ新社 フリーランス編集者 沖本敦子さんより)

    Hama House(Tel:03-6661-7084)〒103-0007
    東京都中央区日本橋浜町3-10-6
    ※営業時間 11:30~21:00(土・日・祝日 11:00~18:00)


    (「日販通信」2020年3月号「わが店のイチオシ本」より転載)




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る