Tue, 28 Mar 2017 10:00:40 +0000 smartnews feed old | ほんのひきだし 人と本や本屋さんをつなぐWEBメディア「ほんのひきだし」 http://hon-hikidashi.jp/ ja 10 http://hon-hikidashi.jp/wp-content/themes/hikidashi/images/logo_hikidashi_rss.png ほんのひきだし http://hon-hikidashi.jp/ http://hon-hikidashi.jp/?p=26294Tue, 28 Mar 2017 10:00:40 +0000ほんのひきだし編集部 浅野『ラーメン大好き小泉さん』TVアニメ化決定!寡黙な美少女のラーメン探訪を描くja_book,ja_comic鳴見なるさんの漫画『ラーメン大好き小泉さん』のTVアニメ化が決定しました。

アニメーション制作は、「きんいろモザイク」や「咲-Saki-」「この中に1人、妹がいる!」などを手掛けたStudio五組が担当。今回の発表にあわせて、アニメのティザービジュアルが公開されています。

▼ひと目見ただけでお腹が空いてくるラーメンのビジュアル……。

『ラーメン大好き小泉さん』は、「まんがライフSTORIA」(竹書房)で連載されている本格派ラーメングラフィティ。

ある日転校してきた無口でクールな美少女・小泉さんが、実は「ラーメンに関わることなら大抵の苦労はいとわない」というかなりストイックなラーメンマニアだった……というストーリーで、作中に登場する店が実在のラーメン屋をモデルにしているのが特徴です。

2015年夏には、早見あかりさん主演で実写ドラマ化。ドラマ版では「ラーメン二郎」や「蒙古タンメン中本」「天下一品」「ほりうち」といった実在の店が登場、ラーメンを汁まで飲み干す早見さんの姿が放送され、深夜帯での放送にもかかわらず高視聴率を記録しました。

原作の単行本は第4巻まで刊行されており、最新5巻が3月30日(木)に発売されます。

試し読みはこちらから

ラーメン大好き小泉さん 1
著者:鳴見なる
発売日:2014年10月
発行所:竹書房
価格:626円(税込)
ISBNコード:9784812487983

ラーメン大好き小泉さん(5)
著者:鳴見なる
発売日:2017年03月
発行所:竹書房
価格:626円(税込)
ISBNコード:9784801957978



 

品川・羽田の「品達」でコラボイベント開催!

4月1日(土)からは、TVアニメ化と第5巻の発売を記念して、ラーメンフードコート「品達 品川」「品達 羽田」にてコラボイベントが開催。

対象メニューを注文するとスタンプがもらえ、スタンプを集めると小泉さんオリジナルグッズと交換することができます。

ラーメン好き・小泉さん好きの方は足を運んでみてはいかがでしょうか? なおイベントは、5月31日(水)までとなっています。


©鳴見なる・竹書房/「ラーメン大好き小泉さん」製作委員会

]]>
http://hon-hikidashi.jp/enjoy/26294/ ]]>
http://hon-hikidashi.jp/?p=26306Tue, 28 Mar 2017 08:00:55 +0000ほんのひきだし編集部ピース又吉『劇場』発売決定で『火花』文庫版が再上昇!今売れている文庫ランキング(2017年3月20日~3月26日)ja_book前回ランキングで初登場にして首位を獲得した、湊かなえさんの『リバース』文庫版。その後も新刊が続々発売されていますが、3月中旬のランキングを制したのはどんな作品なのでしょうか?

先週1週間の文庫売上ランキングを発表します(※今回の集計期間:2017年3月20日~26日/日販 オープンネットワークWIN調べ)。括弧内は前回の順位との比較です。

 

文庫売上ランキング トップ3

順位 書名 著者 発売日
1(→) 講談社文庫
リバース
湊かなえ 2017/3/15
2(↑) 文春文庫
火花
又吉直樹 2017/2/10
3(NEW) MF文庫J
Re:ゼロから始める異世界生活(12)
長月達平 2017/3/23

第1位は、前回と変わらず『リバース』となりました。

それに迫っているのが、又吉直樹さんの『火花』。新作『劇場』の単行本発売が発表され、注目度が上がったことも一つの要因でしょう。

又吉直樹初の恋愛小説『劇場』5月11日に単行本発売決定!

第3位には、初登場の『Re:ゼロから始める異世界生活』最新12巻がランクイン。いわゆる「なろう系」のライトノベルで、アニメやゲームなど多方面に展開されている人気シリーズです。

Re:ゼロから始める異世界生活 12
著者:長月達平
発売日:2017年03月
発行所:KADOKAWA
価格:626円(税込)
ISBNコード:9784040691435

 

第4位~第10位

順位 書名 著者 発売日
4(↓) メディアワークス文庫
ビブリア古書堂の事件手帖(7)栞子さんと果てない舞台
三上延 2017/2/25
5(↑) 富士見ファンタジア文庫
デート・ア・ライブ(16)狂三リフレイン
橘公司 2017/3/18
6(↓) 光文社文庫
吉原裏同心抄 旅立ちぬ
佐伯泰英 2017/3/9
7(↑) 富士見ファンタジア文庫
ハイスクールD×D(23)球技大会のジョーカー
石踏一榮 2017/3/18
8(NEW) オーバーラップ文庫
灰と幻想のグリムガル(10)ラブソングは届かない
十文字青 2017/3/23
9(↓) 文春文庫
潜る女
堂場瞬一 2017/3/10
10(↓) 集英社文庫
辻番奮闘記 危急
上田秀人 2017/3/17

第4位~第10位には、ライトノベルの新刊が多数ランクインしています。

初登場の『灰と幻想のグリムガル』第10巻は、3月23日(木)発売の最新巻。昨年TVアニメ化された際には、「まさか十文字青先生の作品がアニメになるとは……!」と一部のラノベ読みたちを狂喜させました。

灰と幻想のグリムガル level.10
著者:十文字青
発売日:2017年03月
発行所:オーバーラップ
価格:680円(税込)
ISBNコード:9784865542028



]]>
http://hon-hikidashi.jp/more/26306/ ]]>
http://hon-hikidashi.jp/?p=26271Tue, 28 Mar 2017 07:02:04 +0000ほんのひきだし編集部マンガ大賞2017『響~小説家になる方法~』が大賞を受賞 作者・柳本光晴らが執筆の裏側を語るja_book,ja_comic「マンガ大賞2017」大賞が決定!

3月28日(火)に行われた「マンガ大賞2017」の授賞式にて、二次選考の結果が発表されました。

ノミネート13作品から大賞に選ばれたのは、『響~小説家になる方法~』。

文学界に革命を起こせるほどの圧倒的な才能をもつ女子高生・響を主人公に、作中では、響の純粋さゆえに生じてしまう周囲との軋轢や、彼女の才能に人生さえも変えられてしまう人々が描かれている作品です。

授賞式には作者の柳本光晴さんが登壇し、作品や自身についての質問に回答。

作品の題材に「文芸」を選んだ理由について「世間ではメジャーだけれど、漫画ではあまり扱われていない題材を探した結果が文芸だった」と語り、また「(芥川・直木賞の)授賞式を取材しようとホテルへ向かったが、事前に編集者に相談しておらず、会場もわからなかったので帰ってきてしまった」と、主人公・響を思わせるようなエピソードも披露しました。

響~小説家になる方法~ 1
著者:柳本光晴
発売日:2015年02月
発行所:小学館
価格:596円(税込)
ISBNコード:9784091867698

なお「マンガ大賞2017」の選考対象は、2016年1月1日(金)から12月31日(土)までに単行本の新刊が刊行された漫画のうち、最大巻数が8巻までのもの。

選考には書店員をはじめとする漫画好き有志が参加しており、一次選考では94名が参加。過去最多となる253タイトルが挙がり、得票数の多かった上位10位(計13作品)がノミネートされていました。

「マンガ大賞2017」ノミネート作品発表!『私の少年』『約束のネバーランド』『ゴールデンゴールド』など13作品

 

あなたの推しタイトルは何位でしたか?

ランキング全体は下記の通り。

「このマンガがすごい!2017」オンナ編で第1位を獲得した『金の国 水の国』が第2位、九井諒子さんの『ダンジョン飯』が第3位にランクインしています。

 

第1位:『響~小説家になる方法~』(既刊5巻)

響~小説家になる方法~ 1
著者:柳本光晴
発売日:2015年02月
発行所:小学館
価格:596円(税込)
ISBNコード:9784091867698

単行本最新6巻は、4月12日(水)発売です。

『響~小説家になる方法~』は、「俺マンガ大賞2015」で第10位にランクインしています。

 

第2位:『金の国 水の国』(全1巻)

金の国水の国
著者:岩本ナオ
発売日:2016年07月
発行所:小学館
価格:640円(税込)
ISBNコード:9784091386687

『金の国 水の国』は、「このマンガがすごい!2017」オンナ編第1位を獲得しています(オトコ編第1位は『中間管理録トネガワ』)。

 

第3位:『ダンジョン飯』(既刊4巻)

ダンジョン飯 1
著者:九井諒子
発売日:2015年01月
発行所:KADOKAWA
価格:670円(税込)
ISBNコード:9784047301535

『ダンジョン飯』は、「俺マンガ大賞2015」「全国書店員が選んだおすすめコミック2016」「このマンガがすごい!2016」オトコ編でいずれも第1位を獲得しています。




]]>
http://hon-hikidashi.jp/enjoy/26271/ ]]>
http://hon-hikidashi.jp/?p=26301Tue, 28 Mar 2017 03:00:16 +0000日販 リノベーショングループ 平木ご当地カップラーメンの頂点は!?石山勇人・森山聡子・ヤマダイ担当者とNo.1を決める総選挙【特典あり】ja_book「ご当地カップラーメンの頂点」を決める総選挙!

4月5日(水)、文禄堂高円寺店にて“参加型”の「ご当地ラーメン総選挙」が開催されます。

当日は、2000軒以上のラーメン店を取材したラーメン研究家・石山勇人さんと、「ラーメン女子博」プロデューサーで自身も年間600杯以上のラーメンを食べるという“ラーメン女子”の森本聡子さん、そして「凄麺 ご当地ラーメンシリーズ」でも知られるヤマダイ㈱マーケティング部の神田佳克さんが登壇。

石山さん・森本さんは参加者とともに「神田さんおすすめの5品」を試食し、どのラーメンがナンバーワンにふさわしいかを採点で決定。

神田さんから商品の開発秘話や各商品の特徴といった裏話を聞きながら、石山さん・森本さんが「ご当地カップラーメン」の世界をさらに深掘りしていきます。

さらにイベント参加者には、ヤマダイの「凄麺 ご当地カップラーメン」1品をおみやげとしてプレゼント!!

ラーメン好きにはたまらないイベントとなっています。参加希望の方は、Peatixよりお申し込みください。

なお文禄堂高円寺店では、本日3月28日(火)より、店頭にて「凄麺 ご当地カップラーメン」各種の販売がスタートしています。




 

イベント概要

「参加型ラーメン総選挙」
ラーメン研究家石山勇人と決める ご当地ラーメン頂上決戦

日時:
2017年4月5日(水)19:30~21:00

会場:
文禄堂高円寺店(東京都杉並区高円寺北2-6-1 高円寺千歳ビル1F)
※営業時間 9:00~25:00

内容:
ヤマダイ㈱の商品「凄麺 ご当地カップラーメンシリーズ」から、担当者おすすめ5品を試食。登壇者とともに採点を行い、ご当地カップラーメンナンバーワンを決定します。

また試食に加え、「凄麺 ご当地カップラーメン」1品が“お土産凄麺”としてプレゼントされます(商品内容はランダム)。

〈登壇者〉
・ラーメン研究家 石山勇人(@hayato_ishiyama
・ラーメン女子博プロデューサー 森本聡子(@majoooon
・ヤマダイ㈱マーケティング部 神田佳克(@newtouch_noodle

参加費:
1500円(試食5品+お土産凄麺1個込み)
※当日精算制

申込方法:
Peatixにて事前申し込み受付中
http://peatix.com/event/246506/view

定員:
45名

お問い合わせ:
03-5373-3371(文禄堂高円寺店)

イベント詳細はこちら
http://peatix.com/event/246506/view

]]>
http://hon-hikidashi.jp/bookstore/26301/ ]]>
http://hon-hikidashi.jp/?p=26080Tue, 28 Mar 2017 02:00:25 +0000日販 ほんのひきだし編集部「新刊展望」担当 猪越「服を10年買わない」チャレンジを成功させた、絵本作家・どいかやさんの仕事場訪問ja_book代表作『チリとチリリ』などで知られる、絵本作家のどいかやさん。

自然や動物たちの登場する絵本で、子どもから大人まで多くの読者の心を掴んでいるどいさんですが、実はご自身も、千葉の緑豊かな山間で6匹の猫とともにご夫婦で暮らしています。

そんなどいさんは、10年前の大みそか、ふと自分が「着きれないほど服を持っているのに、まだ服を買い続けている」ことに気づいたのだそうです。

「そうだ! 10年服を買わないでみよう」

それから10年、そのチャレンジをまとめたイラストエッセイ『服を10年買わないって決めてみました』が発売されました。

どいさんが「服を10年買わないチャレンジ」で得たものとは? また自然や生き物を愛する暮らしぶりについて、アトリエに伺い、お話を聞きました。

服を10年買わないって決めてみました
著者:どいかや
発売日:2017年03月
発行所:白泉社
価格:1,404円(税込)
ISBNコード:9784592732907

▶どいかやさんのプロフィールはこちら

 

地域との交流で、充実の毎日を過ごす

――たくさんの緑に囲まれた、ログハウス風の素敵なお宅ですね。こちらにお住まいになられてどのくらいになるのですか?

16年になります。

――『服を10年買わないって決めてみました』を読むと、地域の方ととても良い関係を築いていらっしゃることが感じられました。

スポーツクラブや自治会、近隣のさまざまなジャンルの創作家など、いろいろな仲間との交流があります。

この場所に転居してきたのは、「自然が豊かなところで暮らしたい」と思ったことが一番の理由ですが、田舎に住むのなら、より深く地元の人たちと付き合っていきたいと思ったんです。何でも揃う街中の住宅地とは違って、ここでは住人同士が助け合わなくては生活できません。自治会の活動など大変なこともありますが、自分たちのために必要なことですし、自然に周囲の人たちと仲間になれたのが良かったですね。

「ご近所と助け合うこと」の一つに薪割があります。どいさんのお宅にも薪ストーブがあって、室内は体の芯から温まる、心地よい暖かさ。しかし薪の準備は体力もいるため、近所の方々で年配の方の分も薪を割ったりと、助け合っているのだそう。

どいさんのお宅の広々としたウッドデッキにも、たくさんの薪が積まれています。

――「服を10年買わないチャレンジ」の中でも、ご近所さんとの手芸クラブの存在が役立っているようですね。ほかにも趣味の仲間がたくさんいらっしゃいそうです。

町内の漆作家さんが手芸クラブを始めてくれて、週に1度、自分のやりたい手芸を持ち寄ってやっています。近所の人も、自分で洋服を作ったりリフォームの話をしたりするので、そのつながりの中でも情報をもらっています。

ほかにも、自分でも思いがけず運動にはまってスポーツクラブに通ったり、ウクレレを習ったり。パンの職人さんが週に1度、ご近所用にパンを焼いてくれるので、みんなで買いに行って、その方のお宅で食べながらおしゃべりすることもあります。

 

生活で感じたことを絵本に

――とてもお忙しそうですが、お仕事の時間はどのように確保されているのですか?

あまり決めていなくて、空いた時間にやっています。月曜日はスポーツクラブ、火曜日はウクレレと1週間のスケジュールが決まっているので、予定がない日や半日を使って仕事をする感じです。もちろん仕事がすごく忙しくなったら、そういうクラブ活動はお休みしますけれど(笑)。

趣味の合間にできるくらい、ゆったりした気持ちでお仕事ができるといいなというのは、以前から考えていたことなんです。

――絵本を作るときには、まずお話を考えるところから始まるのですか?

絵本のテーマやストーリーは常に頭の中にあって、いつも自然と考えています。空いた時間にするのは、どちらかというと絵を描くことですね。

私の場合は、生活の中で感じたことを誰かに話す延長で絵本にしています。絵を描くのは、自分の思ったことを表現するための最後の作業になります。

「このお話はこの編集者とやりたいな」とイメージが固まったときに、まずはその編集者に見せるために、時間を作ってラフにするところから始まりますね。

――『服を10年買わないって決めてみました』は、ご自身の体験をまとめられたイラストエッセイですね。

自分の考えたことを本にするという意味では絵本と同じなのですが、いつもは1枚の絵で表現していた部分も、文章やカットを描いたり、写真を撮ったり。ちょっと大変でした。

――チャレンジ中は「今ある服」を生かすために、ご家族の羽織やセーター、ご近所から譲られたズボンなど、そのままでは着にくい洋服は加工して活用されています。出来上がりのイラストはもちろん、ご自身がモデルとなって着用した写真も掲載されていてイメージが広がりました。

この本は、私が絵本を書いていることを知らない方にも手に取ってもらいたいなと思いました。そういう意味でも、イラストだけでなく写真があったほうがわかりやすいかなと考えたのですが、自作の服を着て写真に納まるのは恥ずかしかったです。

気心の知れた人に撮ってもらわないと無理だなと思い、最近カメラの仕事を始めた大学時代の同級生に撮影してもらいました。

インタビュー時の服も、どいさんがリフォームした、本の中でも紹介されているもの。市販の黒の染め粉で染めたシャツは、このような「いい感じのグレー」になるのだそう。

パンツはご近所の方から譲り受けた男性用スラックスを、ウエストや裾を手直しして愛用。ストールは最初に手芸クラブで習って編んだもの。様々な余り毛糸を使った、手編みならではのふんわり柔らかな1枚。

スラックスのリフォームは、本作のイラストではこのように紹介されています。

ほかにも「じんべいでワンピース」「裏返しブラウス」「ブラなしオーケーBNO」シリーズなど、「裁縫が大の苦手」というどいさんによる、シンプルでユニークなアイデアがいっぱい。

家族や知人との洋服にまつわる思い出も綴られていて、「消耗品」ではない、温もりの感じられる「服との関わり方」を考えさせられます。

]]>
http://hon-hikidashi.jp/enjoy/26080/ ]]>