Wed, 18 Jan 2017 02:40:30 +0000 smartnews feed old | ほんのひきだし 人と本や本屋さんをつなぐWEBメディア「ほんのひきだし」 http://hon-hikidashi.jp/ ja 10 http://hon-hikidashi.jp/wp-content/themes/hikidashi/images/logo_hikidashi_rss.png ほんのひきだし http://hon-hikidashi.jp/ http://hon-hikidashi.jp/?p=22826Tue, 17 Jan 2017 23:00:34 +0000日販 販売企画部 なーちゃん『魔王城でおやすみ』第2巻発売記念 描き下ろしポストカード配布店一覧ja_book,ja_comic北海道・東北地方

▶関東地方▶中部地方▶近畿地方▶中国・四国地方▶九州地方

都道府県 店名・所在地
北海道 なにわ書房西友西町店
〒063-0062 北海道 札幌市西区西町南6丁目1西友西町店内
北海道 なにわ書房東光円山店
〒064-0821 北海道 札幌市中央区北一条西24丁目東光ストア円山店2F
青森県 成田書店サンロード店
〒030-0842 青森県 青森市緑町3丁目9-2サンロード青森2F
秋田県 スクラム大館店
〒017-0041 秋田県 大館市字大田面238番
岩手県 ブックスアメリカン北上店
〒024-0072 岩手県 北上市北鬼柳32地割42番地
岩手県 日野屋ブックセンター
〒029-0803 岩手県 一関市千厩町千厩字前田96-11
岩手県 エムズエクスポ盛岡店
〒025-0122 岩手県 盛岡市みたけ3丁目36-1
宮城県 宮脇書店仙台鈎取店
〒982-0805 宮城県 仙台市太白区鉤取本町1丁目21-1鈎取SC2F
宮城県 ブックセンター湘南黒松店
〒981-8004 宮城県 仙台市泉区旭ヶ丘堤2-22-2みやぎ生協内
宮城県 BOOKEXPRESS仙台北口店
〒980-0021 宮城県 仙台市青葉区中央1-1-1
宮城県 うさぎや長町店
〒982-0011 宮城県 仙台市太白区長町6丁目5-2
宮城県 うさぎや白石店
〒989-0217 宮城県 白石市大平森合字森合沖76-1
宮城県 スクラム古川店
〒989-6232 宮城県 大崎市古川沢田字筒場浦15番
福島県 西沢アピオ店
〒965-0059 福島県 会津若松市インター西113
福島県 西沢書店門田店
〒965-0832 福島県 会津若松市天神町22番27号
福島県 TSUTAYA神明通り店
〒965-0871 福島県 会津若松市栄町2-14
福島県 ブックエース植田店
〒974-8212 福島県 いわき市東田町2-10-6
福島県 ブックエース内郷店
〒973-8403 福島県 いわき市内郷綴町紫崎46-1
福島県 ブックエース小名浜店
〒971-8124 福島県 いわき市小名浜住吉字花木内1-1
福島県 ブックエース上荒川店
〒970-8034 福島県 いわき市平上荒川島田5
群馬県 蔦屋前橋箱田店
〒371-0837 群馬県 前橋市箱田町416-1
群馬県 紀伊國屋書店前橋店
〒371-0801 群馬県 前橋市文京町けやきウォーク前橋
群馬県 ふじの木書房
〒376-0044 群馬県 桐生市永楽町5-10メガドンキホーテ3F
]]>
http://hon-hikidashi.jp/bookstore/22826/ ]]>
http://hon-hikidashi.jp/?p=22933Tue, 17 Jan 2017 23:00:16 +0000日販 販売企画部 なーちゃん囚われの姫が安眠を求めて好き放題!人気急上昇の『魔王城でおやすみ』描き下ろしポストカード配布中ja_book,ja_comic第1巻は発売後即重版! 大注目の睡眠ファンタジーコメディ『魔王城でおやすみ』

魔王にさらわれ、城に幽閉された人間のお姫様。しかし姫は絶望するどころか「寝る以外、することがない」と暇を持て余し、そればかりか「幽閉されてからぐっすり眠れたためしがない」と寝床を充実させるために城を徘徊し始めた……!

『だがしかし』や『ハヤテのごとく』など多くの人気コメディを生み出している小学館「週刊少年サンデー」から、次世代を担う作品が登場しているのをご存知でしょうか?

それは、2016年5月より連載されている『魔王城でおやすみ』。連載当初より人気を集め、2016年9月に発売された第1巻は、即重版されるほど売れ行き好調でした。

魔王城でおやすみ 1
著者:熊之股鍵次
発売日:2016年09月
発行所:小学館
価格:463円(税込)
ISBNコード:9784091273420

本作の魅力は、なんといっても主人公・スヤリス姫の天真爛漫さ! 魔物をブラッシングして取れた毛で枕を作ったり、電撃を出すドラゴンを使って肩こりを治したりと、人質のはずなのに魔王も魔物も巻き込んで、お城の中で好き勝手しちゃいます。

ひたすら安眠を求めて行動し、ぐっすり眠る姿もとてもかわいい姫。「かわいい子のわがままは聞いてしまう」そんな読者心理をついて、ファンを拡大しています。

▼こんな幸せそうな寝顔をされたら、多少のわがままは許してしまいますよね……。

魔王城でおやすみ

〉『魔王城でおやすみ』試し読みはこちらから
https://www.shogakukan.co.jp/books/09127342

 

第2巻発売記念! 描き下ろしポストカード配布中

そんな『魔王城でおやすみ』ですが、待望の第2巻が1月18日(水)に発売! これを記念して現在、作者・熊之股鍵次さんによる描き下ろしイラストを使用したポストカードが一部書店にて配布されています。

▼スヤリス姫と「でびあくま」が描かれた、かわいらしいデザインです。

いま大注目の新感覚癒し系コメディ♪ 気になった方はぜひ、第1巻もあわせて書店店頭でお買い求めくださいね!

〉ポストカード配布書店一覧を見る
http://hon-hikidashi.jp/bookstore/22826/

魔王城でおやすみ 2
著者:熊之股鍵次
発売日:2017年01月
発行所:小学館
価格:463円(税込)
ISBNコード:9784091274885
]]>
http://hon-hikidashi.jp/bookstore/22933/ ]]>
http://hon-hikidashi.jp/?p=23010Tue, 17 Jan 2017 03:00:54 +0000ほんのひきだし編集部今売れている文庫ランキング(2017年1月9日~2017年1月15日)ja_book佐伯泰英さんの新刊が圧倒的な強さを見せつけた、前回の文庫ランキング。その勢いは続いているのでしょうか?

先週1週間の文庫の売上ランキングを発表します(※今回の集計期間:1月9日~1月15日/日販 オープンネットワークWIN調べ)。括弧内は前回の順位との比較です。

 

文庫売上ランキング トップ3

順位 書名 著者 発売日
1(→) 双葉文庫
空也十番勝負 青春篇 声なき蝉(上)
佐伯泰英 2017/1/6
2(→) 双葉文庫
空也十番勝負 青春篇 声なき蝉(下)
佐伯泰英 2017/1/6
3(↑) 文春文庫
黒書院の六兵衛(上)
浅田次郎 2017/1/6

第1位・第2位は、前回に引き続き『声なき蝉』となりました。同日に発売された浅田次郎さんの『黒書院の六兵衛』は、順位を上げて上巻が第3位にランクイン。売れているこの2作は読者層が似通っているものの、意外にも両方購入している方は少ないのが面白いところです。

声なき蝉 上
著者:佐伯泰英
発売日:2017年01月
発行所:双葉社
価格:700円(税込)
ISBNコード:9784575668100
黒書院の六兵衛 上
著者:浅田次郎
発売日:2017年01月
発行所:文藝春秋
価格:734円(税込)
ISBNコード:9784167907662

 

第4位~第10位

順位 書名 著者 発売日
4(↓) 宝島社文庫
ぼくは明日、昨日のきみとデ-トする
七月隆文 2014/8/6
5(↑) 文春文庫
黒書院の六兵衛(下)
浅田次郎 2017/1/6
6(↓) 角川文庫
小説 君の名は。
新海誠 2016/6/18
7(↓) 実業之日本社文庫
雪煙チェイス
東野圭吾 2016/11/29
8(NEW) 朝日コミック文庫
百鬼夜行抄(17)
今市子 2017/1/7
9(NEW) 電撃文庫
エロマンガ先生(8)和泉マサムネの休日
伏見つかさ 2017/1/7
10(NEW) 徳間文庫
拵屋銀次郎半畳記 侠客(1)
門田泰明 2017/1/7

今回のランキングでは、連載スタート以来初めてコミック文庫がランクインしました。

記念すべきその作品は、第8位の『百鬼夜行抄』第17巻。美しい画調で40代・50代女性からも多くの支持を受ける人気作です。

百鬼夜行抄 17
著者:今市子
発売日:2017年01月
発行所:朝日新聞出版
価格:670円(税込)
ISBNコード:9784022690708

ランキング初登場で第10位にランクインした『侠客』は、門田泰明さんの作品。門田さんというと、「黒豹」シリーズに代表されるハードボイルド作品を想像する方が多いかと思いますが、昨今は時代小説が人気です!

この『侠客』は、新シリーズ「拵屋銀次郎半畳記」の第1巻。何か新たな時代小説シリーズに挑戦したいという方におすすめです。

侠客 1
著者:門田泰明
発売日:2017年01月
発行所:徳間書店
価格:734円(税込)
ISBNコード:9784198941833
]]>
http://hon-hikidashi.jp/more/23010/ ]]>
http://hon-hikidashi.jp/?p=22754Tue, 17 Jan 2017 02:00:41 +0000古幡瑞穂(日販 販売企画部)年末年始は書籍の売上が絶好調!『サピエンス全史』の勢いが止まらない!?ja_book
サピエンス全史 上
著者:ユヴァル・ノア・ハラリ 柴田裕之
発売日:2016年09月
発行所:河出書房新社
価格:2,052円(税込)
ISBNコード:9784309226712

今年も年末年始は書籍の売上げが好調! 幸先良いスタートを切ることができました。2014年~2015年の年末年始はピケティの『21世紀の資本』が大ブレイク(記事はこちら)、それを読んでいた人が2015年~2016年の年末年始で読んだのは『ギリシア人の物語I』(記事はこちら)……と、年末年始は重厚な本の読書が進む季節です。

それでは、昨年の年末年始に『ギリシア人の物語』を読んでいた方は、この年末年始に何を読んでいたのでしょうか?

2015年12月20日~2016年1月4日に『ギリシア人の物語[I]』を購入した方が、一年後の2016年12月20日~2017年1月4日の期間に購入したものがこちら。

順位 分類 書名 著者 出版社
1 月刊Hanada 飛鳥新社
2 文庫 機は熟せり[上/下] ジェフリー・アーチャー 新潮社
3 文庫 炎路を行く者 上橋菜穂子 新潮社
3 新書 応仁の乱 呉座勇一 中央公論新社
4 100分de名著[2017年1月] 日本放送協会 NHK出版
5 総合 マンスリーWiLL ワック

書籍の第1位はジェフリー・アーチャー。その下の順位にあたってもバラツキが多く、「この人たちはこれを読んだ」という明確な一冊のない年末年始休暇となったようです。

年末年始の重厚な読書に最適な一冊は、このあと大きな動きを見せました。HONZでも発売時から注目している『サピエンス全史』がNHKの特集を受けて大ブレイク。

またたく間に、ベストセラーとなりました。

この『サピエンス全史』の売上、さらには1月末には『ギリシア人の物語Ⅱ』の発売も控えていることから、昨年からは1か月遅れでの「重厚な読書」時間の盛り上がりが来そうな予感です。

これからさらに話題になるであろう『サピエンス全史』の読者を見ていきましょう。上巻のこれまでの読者層がこちら。

男性読者が80%。50代・60代と、年輩読者が多めのクラスタになりました。

この読者がこの2年間で読んだものの、ベスト10がこちらです。

順位 分類 書名 著者 出版社
1 サピエンス全史[下] ユヴァル・ノア・ハラリ 河出書房新社
2 新書 言ってはいけない 橘玲 新潮社
3 日本人はどこから来たのか? 海部陽介 文藝春秋
4 新書 シャルリとは誰か? エマニュエル・トッド 文藝春秋
4 ギリシア人の物語 塩野七生 新潮社
6 天才 石原慎太郎 幻冬舎
7 住友銀行秘史 國重惇史 講談社
8 新書 科学の発見 スティーヴン・ワインバーグ 文藝春秋
8 新書 京都ぎらい 井上章一 朝日新聞出版
10 げんきな日本論 橋爪大三郎 講談社
10 戦争まで 加藤陽子 朝日出版

もっとも併読されているのは、もちろん『サピエンス全史』の下巻。ポイントカード提示がキーとなっているこのデータでも、65%があわせて購入しています。第3位に『日本人はどこから来たのか?』が入っており、文化人類学への興味の高さを伺うことができます。ジャンル的には世界史、政治といったタイトルが目立ちました。

*

これからまだまだ話題になるであろう『サピエンス全史』。読者の併読本から、次に注目すべき一冊を探っていきたいと思います。

忍者の掟
著者:川上仁一
発売日:2016年12月
発行所:KADOKAWA
価格:972円(税込)
ISBNコード:9784040821061

「一子相伝の史料を本邦初公開!」という内容紹介に、一子相伝のものを世の中に見せちゃって良いのか、それは掟に書いてないのか?など衝撃と疑問が隠せませんが、注目を集めている一冊。著者は甲賀忍之伝を継承する甲賀伴党21代宗師家であり、「秘蔵の史料が公開されている!」と、忍者好きならずとも心のざわざわを隠せません。今年は『忍びの国』の映画化もあり、出版業界的には忍者から目が離せない1年になりそうです。

屋根をかける人
著者:門井慶喜
発売日:2016年12月
発行所:KADOKAWA
価格:1,728円(税込)
ISBNコード:9784041047507

『家康、江戸を建てる』が直木賞候補にもなった著者、門井慶喜による小説。明治末期にキリスト教布教のために来日した建築家、メレル・ヴォーリズの生涯を描いた作品です。実在の人物を扱った小説のため、小説好きだけでなくノンフィクション好きの方々にも多くの支持を受けています。メンソレータムを売ったのもこの方なのだと聞いて、急激に身近に感じています。

イモータル
著者:萩耿介
発売日:2014年11月
発行所:中央公論新社
価格:886円(税込)
ISBNコード:9784122060395

こちらは2012年に『不滅の書』として単行本で発売され、2014年に改題のうえ発売されました。それが昨年の後半からじわじわと注目され始め、売上を伸ばしつつある作品です。インドで消息を絶った兄が残した書物。これに導かれ旅をすることになる弟。連作短編という体裁をとった哲学書です。謎の書を軸に交差する昔の文明と、そこに生きる人々たちには、哲学好き・小説好きどちらも惹きつけられているようです。

紙の世界史
著者:マーク・カーランスキー 川副智子
発売日:2016年11月
発行所:徳間書店
価格:2,592円(税込)
ISBNコード:9784198642969

著者のマーク・カーランスキーは、これまでにも『塩の世界史』などのベストセラーを持ちます。今回、彼が世界を読み解くテーマに選んだのは「紙」。人類が発明し、記録をするものとして使い続けている「紙」がどうつくられて、どう運ばれて、どう進化したのかを読み解きます。

***

新年早々の大物銘柄のヒットに期待が高まりますが、まだまだ今年も面白い本の出版計画は目白押し。今年一年、皆様が充実した読書生活をお送りになることを祈念しております。


(「HONZ」で2016年1月11日に公開された記事に、一部編集を加えています)
HONZバナー

]]>
http://hon-hikidashi.jp/more/22754/ ]]>
http://hon-hikidashi.jp/?p=22810Mon, 16 Jan 2017 23:00:38 +0000日販 ほんのひきだし編集部 「新刊展望」担当「猫弁」著者を作家にした「いなもと」とは:大山淳子さんの読書日記ja_book累計40万部を超える『猫弁』シリーズで人気の大山淳子さん。「事務所は猫だらけ」という天才弁護士の活躍を描く同シリーズだけでなく、猫好きにはたまらない作品を届けてくれています。そんな大山さんに、切なくも愛情あふれる猫とのエピソードを交え、読書日記をお寄せいただきました。

 

命のはじまりとおわり

デビュー作のタイトルに「猫」が付いているため、わたしは「猫好き作家」と呼ばれたりもするが、猫との縁は少ないほうだと思う。

13年前、娘が赤ちゃん猫を拾ってしまい、しかたなく飼い始めたという消極的エピソードがあるだけだ。わたしが知っているのは1匹の猫だけ。名前は娘がつけた。「いなもと」という。男の子だ。

当時わたしは猫というものが珍しく、怖くもあった。だから生態を観察したし、育てるための本も読んだし、猫と人間の共生についても考えた。それがデビュー作を書くきっかけになったのは確かで、つまりわたしを作家にしたのは、いなもとなのである。

彼の出自は不明だ。ひとりぼっちで栗林にいて、カラスにつつかれていた。我が家に来てからは完全室内飼いなので、彼は猫を見た記憶も猫である自覚もないと思う。臆病猫で、病院に行く途中、キャリーの中であばれて鼻から流血した過去があり、「余程のことがない限り、病院には連れて行くまい」と決めていた。

幸い病気も怪我もせず、13歳になった。わたしはいなもとを家族つまり空気のように必需なものと感じるようになっていた。ゆえに観察も怠っていたように思う。

年末のことである。「水を飲みすぎるのではないか」と夫が言った。「腎臓が悪くなると、そういう症状が出るらしい」と言うのだ。

病院の正月休みが明けるのを待って、連れて行った。若い頃と違い、彼は抵抗しなかった。キャリーの中でも診察台の上でもただじっと震えていた。血液と尿を採取された。検査結果は1週間後にわかる。

結果を待つ間に2冊の本を読んだ。いずれも再読だ。

1冊目は内田百閒の『ノラや』(中公文庫)。1匹の猫へのすさまじい思いが怒涛のように綴られた日記である。

ふらっと居ついた野良猫で、たいしてかわいがっていたようにも思えない。なのにいなくなった途端、百閒先生の頭はノラでいっぱいになり、風呂も入らず、食事も喉を通らず、ひたすら嘆く。ただ嘆くのではなく、探し回る。体も使うが金も使う。広告文もばんばん出す。なんと14年の歳月、探し続け、その思いを綴り続けたのである。死んだ猫の噂を聞けば飛んで行き、墓を掘り返して骨を確認し「ノラではなかった」と肩を落とす。「何もそこまで!」なエピソードが延々と続くのだ。

わたしは自分の子ども時代を振り返った。

3歳の頃、道で転んで「今、泣いていいのだろうか」と辺りを伺った記憶がある。ろくに口もきけない時分から「空気を読む」ことで感情を抑制していた。

人は社会性を持つ生き物だし、そこから切り離して純粋な自分の感情に向き合うのは難しい。百閒先生はノラが消えた日を境に、感情の抑制がきかなくなった。悲しみとガチで向き合ったのだ。

70を過ぎて自分の心に向き合えた先生を「よかったね」とは思えない。だって、辛すぎる。社会性による感情の抑制はむしろ人間を救うのだと思う。

ノラや 改版
著者:内田百間
発売日:1997年01月
発行所:中央公論新社
価格:782円(税込)
ISBNコード:9784122027848

次に読んだのはポール・ギャリコの『雪のひとひら』(新潮文庫)。

主人公は「水」である。雪として生まれ、地上に降り、川で雨のしずくと出会い、愛し合って子どもをなして、やがて蒸発して消える。

解説によると、女性の一生を表しているらしい。けれどわたしは「命のはじまりとおわり」と受け取った。生きている間はいろいろあるけど、生まれる時と消える時はやさしい幸福感に包まれるというお話。『ノラや』でざわついたわたしの心は少しだが落ち着いた。

雪のひとひら
著者:ポール・ギャリコ 矢川澄子
発売日:2008年12月
発行所:新潮社
価格:497円(税込)
ISBNコード:9784102168059

今、いなもとはわたしのベッドで丸くなり、息をしている。この風景を失った時、わたしはどうなるだろう? 検査結果はまだ出ていない。


大山淳子 Junko Oyama
東京都出身。2006年『三日月夜話』で城戸賞入選。2008年『通夜女』で函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞グランプリ。2011年『猫弁 死体の身代金』でTBS・講談社第3回ドラマ原作大賞を受賞しデビュー。猫弁シリーズに『猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち』『猫弁と透明人間』『猫弁と指輪物語』『猫弁と少女探偵』『猫弁と魔女裁判』、他著に『雪猫』『猫は抱くもの』『牛姫の嫁入り』『あずかりやさん』がある。


【大山淳子さんの最新刊】

原之内菊子の憂鬱なインタビュー
著者:大山淳子
発売日:2017年01月
発行所:小学館
価格:1,512円(税込)
ISBNコード:9784093864626

弁当屋の看板娘、おたふく顔の原之内菊子には特殊な能力がある。その顔を見た者は皆、”自分語り”が止まらなくなってしまうのだ。

弱小編プロ「三巴企画」の戸部社長は、菊子の力に惚れ込み、インタビュアーとして採用する。ただ頷いているだけで次々に特ダネを取ってくる菊子だが、ヤクザの組長の取材をしたことから、とんでもない事件に巻き込まれてしまい――!?

小学館公式HP『原之内菊子の憂鬱なインタビュー』より


common_banner_tenbo

]]>
http://hon-hikidashi.jp/enjoy/22810/ ]]>