• 第160回芥川龍之介賞候補に6作:「平成くん、さようなら」古市憲寿をはじめ4名が初ノミネート

    2018年12月17日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    2018年12月17日(月)、日本文学振興会より第160回芥川龍之介賞の候補作が発表された。

    今回芥川賞にノミネートされたのは、古市憲寿「平成くん、さようなら」、町屋良平「1R1分34秒」など6作で、6名中4名が初ノミネート。

    選考会は1月16日(水)に築地「新喜楽」にて開催。贈呈式は、2月下旬に都内にて行なわれる。

     

    第160回芥川龍之介賞候補作品

    ・上田岳弘「ニムロッド」(群像12月号)
    ・鴻池留衣「ジャップ・ン・ロール・ヒーロー」(新潮9月号)
    ・砂川文次「戦場のレビヤタン」(文學界12月号)
    ・高山羽根子「居た場所」(文藝冬季号)
    ・古市憲寿「平成くん、さようなら」(文學界9月号)
    ・町屋良平「1R1分34秒」(新潮11月号)

    第159回受賞作・ノミネート作はこちら

     

    上田岳弘「ニムロッド」※3回目

    うえだ・たかひろ。1979年2月26日兵庫県明石市生まれ。早稲田大学法学部卒業後、法人向けソリューションメーカーの立ち上げに参画し、現在同社で役員を務める。2013年「太陽」で第45回新潮新人賞を受賞してデビュー。2015年「私の恋人」で第28回三島由紀夫賞を受賞。2016年、GRANTA Best of Young Japanese Novelistsに選出。2018年『塔と重力』で第68回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。

    主な作品:
    ・『太陽・惑星』(新潮社刊)=「太陽」第27回三島由紀夫賞候補、「惑星」第152回芥川賞候補
    ・『私の恋人』(新潮社刊)=第28回三島由紀夫賞受賞
    ・『異郷の友人』(新潮社刊)=第154回芥川賞候補、第38回野間文芸新人賞候補
    ・『塔と重力』(新潮社刊)=第68回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞

    私の恋人
    著者:上田岳弘
    発売日:2018年02月
    発行所:新潮社
    価格:432円(税込)
    ISBNコード:9784101212616
    塔と重力
    著者:上田岳弘
    発売日:2017年07月
    発行所:新潮社
    価格:1,728円(税込)
    ISBNコード:9784103367345

     

    鴻池留衣「ジャップ・ン・ロール・ヒーロー」※初ノミネート

    こうのいけ・るい。1987年2月1日埼玉県川口市生まれ、深谷市育ち。慶應義塾大学文学部中退。2016年「二人組み」で第48回新潮新人賞を受賞してデビュー。

    主な作品:
    ・『ナイス・エイジ』(新潮社刊)※第48回新潮新人賞受賞作「二人組み」併録

    ナイス・エイジ
    著者:鴻池留衣
    発売日:2018年01月
    発行所:新潮社
    価格:1,728円(税込)
    ISBNコード:9784103514619

     

    砂川文次「戦場のレビヤタン」※初ノミネート

    すなかわ・ぶんじ。1990年4月1日大阪府吹田市生まれ。神奈川大学卒。元自衛官。都内区役所勤務。2016年「市街戦」で第121回文學界新人賞を受賞。

    主な作品:
    ・「市街戦」(2016年文學界5月号)=第121回文學界新人賞受賞
    ・「熊狩り」(2016年文學界11月号)
    ・「バベルの褒賞」(2017年文學界11月号)

     

    高山羽根子「居た場所」※初ノミネート

    たかやま・はねこ。1975年5月9日富山県富山市生まれ。多摩美術大学美術学部絵画学科卒。2010年「うどん キツネつきの」が第1回創元SF短編賞の佳作に選出される。同年、同作を収録したアンソロジー『原色の想像力』(創元SF文庫)でデビュー。2016年「太陽の側の島」で第2回林芙美子文学賞受賞。

    主な作品:
    ・『うどん キツネつきの』(東京創元社刊)=第36回日本SF大賞最終候補
    ・「太陽の側の島」(2016年婦人公論4月12日号)
    ・『オブジェクタム』(朝日新聞出版刊)※「太陽の側の島」併録

    うどんキツネつきの
    著者:高山羽根子
    発売日:2016年11月
    発行所:東京創元社
    価格:1,015円(税込)
    ISBNコード:9784488765019
    オブジェクタム
    著者:高山羽根子
    発売日:2018年08月
    発行所:朝日新聞出版
    価格:1,404円(税込)
    ISBNコード:9784022515643

     

    古市憲寿「平成くん、さようなら」※初ノミネート

    ふるいち・のりとし。1985年1月14日東京都生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業、東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了。2013年第4回日本学術振興会「育志賞」受賞。慶應義塾大学SFC研究所上席所員。

    主な作品:
    ・『絶望の国の幸福な若者たち』(講談社刊)
    ・『保育園義務教育化』(小学館刊)
    ・「彼は本当は優しい」(2018年文學界4月号)

    平成くん、さようなら
    著者:古市憲寿
    発売日:2018年11月
    発行所:文藝春秋
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784163909233
    絶望の国の幸福な若者たち
    著者:古市憲寿
    発売日:2011年09月
    発行所:講談社
    価格:1,944円(税込)
    ISBNコード:9784062170659

    元年生まれの青年が「平成の終わりに安楽死」を選んだ理由とは? 古市憲寿の初小説『平成くん、さようなら』

     

    町屋良平「1R1分34秒」※2回目

    まちや・りょうへい。1983年東京都台東区生まれ。埼玉県立越ヶ谷高校卒。2016年「青が破れる」で第53回文藝賞を受賞。同年、同作を収録した『青が破れる』でデビュー。

    主な作品:
    ・『青が破れる』(河出書房新社刊)=第30回三島由紀夫賞候補
    ・『しき』(河出書房新社刊)=第159回芥川賞候補、第40回野間文芸新人賞候補

    青が破れる
    著者:町屋良平
    発売日:2016年11月
    発行所:河出書房新社
    価格:1,296円(税込)
    ISBNコード:9784309025247
    しき
    著者:町屋良平
    発売日:2018年07月
    発行所:河出書房新社
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784309027180

     

    優秀な「純文学短編作品」に対して贈られる芥川賞

    芥川賞は、直木賞と同じく日本文学振興会が昭和10年に制定。新聞・雑誌(同人雑誌を含む)に発表された純文学短編作品のうち最も優秀なものに贈られ(応募方式ではない)、主に無名もしくは新進の作家を対象としている。授賞は上半期・下半期の年2回。選考委員は、小川洋子・奥泉光・川上弘美・島田雅彦・髙樹のぶ子・堀江敏幸・宮本輝・山田詠美・吉田修一の各氏。

    ※ 直木賞候補作はこちら




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る