• 今売れている文庫ランキング(2018年12月3日~12月9日)

    2018年12月11日
    もっと見る
    日販 ほんのひきだし編集部 川下
    Pocket

    前回のランキングでは、佐伯泰英さんの「新・古着屋総兵衛」シリーズ第17巻『いざ帰りなん』が第1位、畠中恵さんの「しゃばけ」シリーズ第15弾『おおあたり』が第2位となりました。

    今回は世界的に人気なライトノベルの最新刊がランクイン! さっそく見ていきましょう(※今回の集計期間:2018年12月3日~12月9日/日販 オープンネットワークWIN調べ)。括弧内は前回の順位との比較です。

     

    文庫売上ランキング トップ3

    今回首位を獲得したのは、『ソードアート・オンライン』最新21巻です!

    ソードアート・オンライン 21
    著者:川原礫
    発売日:2018年12月
    発行所:KADOKAWA
    価格:659円(税込)
    ISBNコード:9784049122114

    本作は、仮想空間に入り込んでプレイするMMORPGを舞台にした、全世界でのシリーズ累計発行部数が2200万部を突破している人気ライトノベル。

    第21巻では、「人界」と「暗黒界」という2つの世界が存在する仮想世界《アンダーワールド》から帰還したキリトとアスナ、アリスの3人が、突如として謎のゲーム《ユナイタル・リング》に巻き込まれていきます。

    第2位、第3位は先週に続き『おおあたり』、「隠蔽捜査」シリーズ第6巻『去就』となりました。

    おおあたり
    著者:畠中恵
    発売日:2018年12月
    発行所:新潮社
    価格:637円(税込)
    ISBNコード:9784101461366

    去就
    著者:今野敏
    発売日:2018年12月
    発行所:新潮社
    価格:724円(税込)
    ISBNコード:9784101321622

     

    第4位~第10位

    第6位には「警視庁公安部・青山望」シリーズ第12弾『最恐組織』がランクイン! 元公安捜査官という異例の経歴を持つ濱嘉之さんが描く、公安部のエース・青山捜査官を主人公とした人気シリーズです。

    最恐組織
    著者:濱嘉之
    発売日:2018年12月
    発行所:文藝春秋
    価格:853円(税込)
    ISBNコード:9784167911515

    今回発売された第12巻をもって本シリーズは完結。最終巻は、東京マラソンと浅草三社祭で「覚醒剤混入殺人事件」が相次いで発生するところから物語がはじまります。

    青山による大胆な捜査の末、暴力団と中・韓・露マフィアによる複合犯罪が明らかになり……。今回も青山は強大な「国家の敵」と対峙していきます。

    >>11位~20位にランクインしたのは……?



    1 2
    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る