• 2015年で一番売れた本はこれだ! 年間ベストセラーランキング発表

    2015年12月01日
    もっと見る
    仕入窓口のさっかー小僧(日販 仕入部)
    Pocket

    本日12月1日、2015年の年間ベストセラーが発表されました。今年もまだひと月残ってはいますが、振り返ってみれば「アメトーーク!」読書芸人特集の放送や『火花』『スクラップ・アンド・ビルド』の芥川賞ダブル受賞、『孤独のグルメ 2』の発売など、たくさんの本が刊行され、ニュースも豊富な一年でしたね。

    週間総合ランキングを振り返ってみるとこれまでの出来事が一気におさらいできて、懐かしいようなつい最近のことのような、年末特有の気持ちになりました。

    これまでの週間総合ランキングを見てみる

    ……前置きが長くなりましたが、それでは一体2015年で一番売れた本は何なのでしょうか?ということで、ランキングどん!

    順位 書名 著者 出版社
    1 火花 又吉直樹 文藝春秋
    2 フランス人は10着しか服を持たない
    パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣
    ジェニファー・L・スコット
    神崎朗子訳
    大和書房
    3 家族という病 下重暁子 幻冬舎
    4 聞くだけで自律神経が整うCDブック 小林弘幸
    大矢たけはる
    アスコム
    5 一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い 篠田桃紅 幻冬舎
    6 置かれた場所で咲きなさい 渡辺和子 幻冬舎
    7 新・人間革命(27) 池田大作 聖教新聞社
    8 智慧の法 心のダイヤモンドを輝かせよ 大川隆法 幸福の科学出版
    9 人間の分際 曽野綾子 幻冬舎
    10 感情的にならない本 不機嫌な人は幼稚に見える 和田秀樹 新講社
    11 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 坪田信貴 KADOKAWA
    12 鹿の王 (上)生き残った者
    鹿の王 (下)還って行く者
    上橋菜穂子 KADOKAWA
    13 下町ロケット(2)ガウディ計画 池井戸潤 小学館
    14 新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 池上彰
    佐藤優
    文藝春秋
    15 嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え 岸見一郎
    古賀史健
    ダイヤモンド社
    16 お金が貯まるのは、どっち!? お金に好かれる人、嫌われる人の法則 菅井敏之 アスコム
    17 ラプラスの魔女 東野圭吾 KADOKAWA
    18 だるまさんが かがくいひろし ブロンズ新社
    19 身近な人が亡くなった後の手続のすべて 児島明日美
    福田真弓ほか
    自由国民社
    20 平常心のコツ 「乱れた心」を整える93の言葉 植西聰 自由国民社

    第1位は『火花』です! 3月の発売当初から話題を呼んでいましたが、7月の芥川賞受賞をきっかけに大ブームに発展し、またたく間に累計発行部数240万部のベストセラーとなりました。まさに今年を象徴する一冊ですね。発行元の文藝春秋は2013年に村上春樹さんの『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』でも年間総合ランキング第1位を獲得しており、2年ぶりの戴冠となります。

    ここでちょっとだけ『火花』の裏話を。実は私たち仕入窓口担当は、発売の約1か月前に『火花』が刊行されるという情報をもらっていました。その際に文藝春秋の方と「初版発行部数の目安はどのくらいがよいか?」という話になり、私は「堅実にいくなら5万部、冒険するなら10万部」と答えました。そして、実際に発行された初版の部数は15万部。その後の売れ行きを見れば、どちらの判断が正しかったか一目瞭然ですね(笑)。いずれにせよ、おめでとうございます!

    火花
    著者:又吉直樹
    発売日:2015年03月
    発行所:文藝春秋
    価格:1,296円(税込)
    ISBNコード:9784163902302

    第2位は『フランス人は10着しか服を持たない』。『フランス人は10着しか服を持たない』は今年の上半期ランキングで第1位だったのですが、下半期も売上を維持していました。競馬でいうところの“逃げ粘り”ですね。こちらも年間で50万部を突破した大ベストセラーです。

    フランス人は10着しか服を持たない
    著者:ジェニファー・L.スコット 神崎朗子
    発売日:2014年10月
    発行所:大和書房
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784479782995

    第3位には『家族という病』がランクイン。刺激的なタイトルと著者のテレビ出演により話題となり、日本人の家族観に一石を投じました。

    家族という病
    著者:下重暁子
    発売日:2015年03月
    発行所:幻冬舎
    価格:842円(税込)
    ISBNコード:9784344983762

    ***

    続いてベスト20には入っていないものの、今年を象徴する本として押さえておきたいものを3冊ご紹介します。まずはこちら。

    君の膵臓をたべたい
    著者:住野よる
    発売日:2015年06月
    発行所:双葉社
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784575239058

    『君の膵臓をたべたい』は、年間総合ランキングの文芸書ジャンルで第7位を獲得している作品です。文芸書では『火花』に続いて話題になりました。
    作者は突如現れた期待の新人・住野よるさん。最初はインパクトのあるタイトルに敬遠した方もいらっしゃったようですが、読んでみて「なんだこれは! めちゃくちゃ泣ける青春小説じゃないか。これは第2のセカチューだ……!」と打ち震えたのは私だけではないはず。

    ●あわせて読みたい:「セカチュー」を超えるか!?『君の膵臓をたべたい』がいよいよ発売

    続いては児童書から、この秋最も話題になった絵本『ママがおばけになっちゃった!』を紹介します。児童書ジャンルでは第4位にランクインしている作品です。「ママが交通事故で死んでおばけになっちゃった」というところから始まる物語は親子がお互いを大切な存在だとあらためて認識する内容になっており、全国の親御さんに支持されています。作者であるのぶみさんの異色の経歴や「一目惚れした女性の気を引くために絵本作家になった」というエピソードに、のぶみさんのファンになった方も多いのではないでしょうか。

    ママがおばけになっちゃった!
    著者:のぶみ
    発売日:2015年07月
    発行所:講談社
    価格:1,296円(税込)
    ISBNコード:9784061332676

    そして最後に紹介するのは、文庫ジャンル第1位の『禁断の魔術』です。

    禁断の魔術
    著者:東野圭吾
    発売日:2015年06月
    発行所:文藝春秋
    価格:680円(税込)
    ISBNコード:9784167903770

    言わずと知れた東野圭吾さんの作品、しかも「ガリレオ」シリーズに、今さら注目も何もないだろうと思うかもしれません。いや、自分でもそう思います。しかしこの作品は「もともと短編で書かれていたものを大幅にリライトし長編にして、文庫化する」という、まさに“禁断の魔術”が使われているのです! 単行本が文庫化される際に加筆修正されることはよくあるのですが、短編を長編に書き直すなんて前代未聞です。湯川先生に怒られるかもしれませんが「有り得ない!」。こんなことができるのは東野さんだけかもしれません。

    ***

    いかがでしたか? せっかくなのでこの機会に、上半期ランキングや5年前、10年前のランキングも覗いてみてくださいね。それではまた~。

    今年前半で最も売れた銘柄は? 2015上半期ベストセラー
    企画力が活きた当たり年!2010年度ベストセラーランキング
    いまから10年前に売れたのは何?2005年度ベストセラーランキング

    2016年上半期で一番売れた本は『天才』に決定!「2016年上半期ベストセラー」発表

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る