• 2018年 年間ベストセラーランキング発表!あの歴史的名著の漫画版が第1位に

    2018年11月30日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    2018年の年間ベストセラーが発表!

    11月30日(金)、2018年の年間ベストセラーが発表されました。

    『漫画 君たちはどう生きるか』『ざんねんないきもの事典』のロングヒットや、芸人初の手塚治虫文化賞受賞などさまざまなニュースがありましたが、2018年はどんな本が売れたのでしょうか?

    さっそくランキングを見てみましょう!

    ※本文中の売上推移は「日販 オープンネットワークWIN調べ」、購入者クラスタ分析は「日販 WIN+調べ」です。

    ※特別企画「平成の年間ベストセラーを振り返る」公開中! 30年間の変遷を、当時のベストセラーを通して10年ごとに振り返ります(記事はこちら)。

     

    第1位:『漫画 君たちはどう生きるか』

    漫画君たちはどう生きるか
    著者:吉野源三郎 羽賀翔一
    発売日:2017年08月
    発行所:マガジンハウス
    価格:1,404円(税込)
    ISBNコード:9784838729470

    第1位は『漫画 君たちはどう生きるか』。1937年の出版以来、多くの人に読み継がれてきた吉野源三郎さんの小説を、漫画家の羽賀翔一さんが再構成のうえ漫画化した作品です。

    「世界一受けたい授業スペシャル」(日本テレビ系)や「おはよう日本」(NHK総合)など、テレビ番組で取り上げられたことで売上を伸ばし、2018年上半期ベストセラーに続いて、圧倒的大差で総合1位を獲得しました。

    購買層は40~70代が多く、なかでも40代女性が中心。累計発行部数は204万部を突破しています。

    宮崎駿監督の長編映画復帰作が「君たちはどう生きるか」となることが発表されており、今後も引き続き注目を集めそうです。書籍新装版も第9位にランクインしています。

    3分半でわかる『君たちはどう生きるか』:発売2か月で33万部となった話題作

     

    第2位:『大家さんと僕』

    大家さんと僕
    著者:矢部太郎
    発売日:2017年10月
    発行所:新潮社
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784103512110

    『大家さんと僕』は、お笑いコンビ・カラテカの矢部太郎さんによるエッセイ漫画です。一風変わった“大家さん”と芸人の“僕”の、実話に基づいたエピソードが「ほっこりする」と人気を集め、累計発行部数75万部のロングヒットとなっています。

    矢部さんは今年4月に、本作で第22回「手塚治虫文化賞 短編賞」を受賞。お笑い芸人の受賞、またプロの漫画家以外の受賞も初めてということで、大きな話題になりました。

    今年4月からは、「週刊新潮」で『大家さんと僕』の第2期が連載されていましたが、8月に大家さんが逝去したことを受けて、一時休載。しかし、「描くことで大家さんとまた会えたら」との思いから、11月に連載が再開されています。

    『大家さんと僕』矢部太郎さんの刊行インタビューはこちら
    『大家さんと僕』第2期が週刊新潮で連載スタート!カラテカ矢部太郎「手塚治虫文化賞 短編賞」受賞は芸人初

     

    第3位:『ざんねんないきもの事典』

    ざんねんないきもの事典
    著者:下間文恵 徳永明子 かわむらふゆみ 今泉忠明
    発売日:2016年05月
    発行所:高橋書店
    価格:972円(税込)
    ISBNコード:9784471103644

    ちょっと「ざんねんな」感じに進化してしまった122種類の動物たちの生態を、かわいいイラストとともに紹介した児童書『ざんねんないきもの事典』。2017年6月発売の続編は第6位に、2018年5月発売の続々編も第12位にランクインしています。

    2017年の年間ベストセラーでも本書が第2位、続編が第8位にランクインしており、異例のロングセラーとなっています。

    『ざんねんないきもの事典』は累計発行部数138万部。今年8月には、NHK・Eテレでアニメ化されました。

    作り手に聞く!『ざんねんないきもの事典』ミリオンセラーの理由

    第4位~第10位を見る 〉〉




    1 2
    タグ
    Pocket

  • すばる舎_スマホ記事下

    abareru20181201
  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る