• 今売れている文庫ランキング(2018年7月30日~8月5日)

    2018年08月07日
    もっと見る
    日販 ほんのひきだし編集部 川下
    Pocket

    前回のランキングでは、湊かなえさん『ユートピア』が第1位、東野圭吾さん『人魚の眠る家』が第2位でした。

    今回は、昨年TVドラマ化された作品の文庫版がランクイン。さっそく見ていきましょう(※今回の集計期間:2018年7月30日~8月5日/日販 オープンネットワークWIN調べ)。括弧内は前回の順位との比較です。

     

    文庫売上ランキング トップ3

    順位 書名 著者 発売日
    1(NEW) 文春文庫
    新・酔いどれ小籐次(12)夏の雪
    佐伯泰英 2018/8/3
    2(NEW) 幻冬舎文庫
    ツバキ文具店
    小川糸 2018/8/3
    3(↓) 集英社文庫
    ユートピア
    湊かなえ 2018/6/21

    今回首位を獲得したのは、佐伯泰英さんによる時代小説「新・酔いどれ小籐次」シリーズ第12弾『夏の雪』です。

    夏の雪
    著者:佐伯泰英
    発売日:2018年08月
    発行所:文藝春秋
    価格:799円(税込)
    ISBNコード:9784167911140

    冴えない初老の男ではあるものの、愛嬌溢れる笑顔が魅力の主人公・赤目小籐次の活躍を描いた作品。今回は「花火」をテーマにしており、今の季節にぴったりの一冊です。

    第2位には小川糸さん『ツバキ文具店』の文庫版が初登場でランクイン。

    ツバキ文具店
    著者:小川糸
    発売日:2018年08月
    発行所:幻冬舎
    価格:648円(税込)
    ISBNコード:9784344427617

    古都・鎌倉を舞台に、様々な事情を抱えた人々の思いを手紙として形にする「代書屋」の物語です。2017年本屋大賞で第4位にランクインし、多部未華子さん主演でTVドラマにもなりました。

    本書には作中に登場する手紙が挿絵として掲載されており、直筆のあたたかみを感じられるのが大きな特徴です。

    関連記事
    『ツバキ文具店』待望の文庫化!鎌倉を訪れたくなる「鎌倉案内エッセイ」も同時発売
    他人の想いを紙とペンに込める、”代書屋”の手紙を公開!小川糸『ツバキ文具店』の続編『キラキラ共和国』

     

    第4位~第10位

    順位 書名 著者 発売日
    4(↓) 幻冬舎文庫
    人魚の眠る家
    東野圭吾 2018/5/30
    5(NEW) 徳間時代小説文庫
    拵屋銀次郎半畳記 侠客(4)
    門田泰明 2018/8/2
    6(↓) 双葉文庫
    また、同じ夢を見ていた
    住野よる 2018/7/12
    7(NEW) 文春文庫
    半分、青い。(下)
    北川悦吏子 2018/8/3
    8(NEW) 文春文庫
    劉邦(3)
    宮城谷昌光 2018/8/3
    9(↑) 扶桑社文庫
    劇場版コード・ブルー
    安達奈緒子 2018/7/14
    10(NEW) 文春文庫
    劉邦(4)
    宮城谷昌光 2018/8/3

    第7位にはNHK連続テレビ小説「半分、青い。」のノベライズ下巻が登場! 演出の都合上、ドラマで削られてしまったセリフも収録した完全版となっており、ドラマをさらに楽しめる一冊です。

    半分、青い。 下
    著者:北川悦吏子
    発売日:2018年08月
    発行所:文藝春秋
    価格:1,069円(税込)
    ISBNコード:9784167911171

    ▼『半分、青い。』上巻はこちら
    半分、青い。 上
    著者:北川悦吏子
    発売日:2018年05月
    発行所:文藝春秋
    価格:950円(税込)
    ISBNコード:9784167910648

    いま話題の朝の連続テレビ小説が、文字通りの「小説」となって登場!
    「ラブストーリーの神様」の新たなる代表作。

    高度経済成長期の終わり、岐阜県の小さな食堂に生まれたスズメ。
    小学生の時に病気で左耳を失聴してしまいますが、我が子を愛してやまない両親と、同じ日に同じ病院で生まれた幼馴染のリツに支えられ健やかに成長する。
    高校を卒業したスズメは少女漫画家を目指し上京し、人気漫画家・秋風羽織のもとで仲間と修業に打ち込むが……。

    文芸春秋公式サイト『半分、青い。(上)』より〉

    第8位、第10位には、それぞれ宮城谷昌光さんによる『劉邦』の第3巻、第4巻がランクイン。農民の子に生まれ、平凡な一地方官吏であった劉邦が、漢王朝の初代皇帝になるまでの過程を「集団の力」に着目して紐解いた大河小説です。第4巻で完結となります。

    劉邦 1
    著者:宮城谷昌光
    発売日:2018年07月
    発行所:文藝春秋
    価格:713円(税込)
    ISBNコード:9784167910976
    劉邦 2
    著者:宮城谷昌光
    発売日:2018年07月
    発行所:文藝春秋
    価格:756円(税込)
    ISBNコード:9784167910983
    劉邦 3
    著者:宮城谷昌光
    発売日:2018年08月
    発行所:文藝春秋
    価格:756円(税込)
    ISBNコード:9784167911157
    劉邦 4
    著者:宮城谷昌光
    発売日:2018年08月
    発行所:文藝春秋
    価格:778円(税込)
    ISBNコード:9784167911164

    >>11位~20位にランクインしたのは……?




    1 2
    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る