• 読書の秋間近!読みたい本は見つかるかな?今週の週間ベストセラー(9/2調べ) & 8月の月間ベストセラー!

    2015年09月04日
    もっと見る
    仕入窓口のさっかー小僧(日販 仕入部)
    Pocket

    こんにちは!あっというまに夏が終わり、早くも秋の気配が近づいてまいりました。今週は、週間ベストセラー・月間ベストセラーをあわせてお送りします。

    ということで、ランキングどん!まずは週間ベストセラーから。(日販 9月2日調べ)

    順位 書名 著者 出版社
    1 火花 又吉直樹 文藝春秋
    2 人間の分際 曽野綾子 幻冬舎
    3 大放言 百田尚樹 新潮社
    4 スクラップ・アンド・ビルド 羽田圭介 文藝春秋
    5 東山彰良 講談社
    6 あっ!命の授業 ゴルゴ松本 廣済堂出版
    7 橋本奈々未ファースト写真集 やさしい棘 橋本奈々未
    長野博文
    幻冬舎
    8 月が導く異世界道中(7) あずみ圭 アルファポリス発行
    星雲社発売
    9 身近な人が亡くなった後の手続のすべて 児島明日美
    福田真弓ほか
    自由国民社
    10 明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい 樋野興夫 幻冬舎

    続いて月間ベストセラー!(日販 8月31日調べ)

    順位 書名 著者 出版社
    1 火花 又吉直樹 文藝春秋
    2 人間の分際 曽野綾子 幻冬舎
    3 東山彰良 講談社
    4 BORUTO―ボルト― NARUTO THE MOVIE 岸本斉史 小太刀右京 集英社
    5 家族という病 下重暁子 幻冬舎
    6 スクラップ・アンド・ビルド 羽田圭介 文藝春秋
    7 あっ!命の授業 ゴルゴ松本 廣済堂出版
    8 バケモノの子(角川つばさ文庫) 細田守 KADOKAWA
    9 君の膵臓をたべたい 住野よる 双葉社
    10 身近な人が亡くなった後の手続のすべて 児島明日美
    福田真弓ほか
    自由国民社

    ということで、週間、月間ともに火花が第1位に輝きました!これはもしかすると、年末の流行語大賞も狙えるかもしれませんね。

    火花
    著者:又吉直樹
    発売日:2015年03月
    発行所:文藝春秋
    価格:1,296円(税込)
    ISBNコード:9784163902302

    注目銘柄は週間ベストセラーから。まずは第4位の『スクラップ・アンド・ビルド』。

    スクラップ・アンド・ビルド
    著者:羽田圭介
    発売日:2015年08月
    発行所:文藝春秋
    価格:1,296円(税込)
    ISBNコード:9784163903408

    「もう一つの芥川賞」「火花じゃないほう」など、やや失礼(?)な呼ばれ方をされてはいますが、羽田さんのキャラクターも相まって間違いなく愛されている本作。もちろん作品としての質は、読書好きにちゃんと届いております。『スクラップ・アンド・ビルド』は発売4週目にして、ついに直木賞受賞作『流』を抜き第4位にランクアップしました。

    芥川賞受賞作は「文藝春秋」の9月号に全文が掲載されるため、ふつう8月上旬から売上が落ち着いてくるもの。しかも『スクラップ・アンド・ビルド』の単行本発売日は、「文藝春秋」9月号発売直前の8月5日でした(文藝春秋は8月7日発売)。それにもかかわらず、累計発行部数は8月中に14万部を突破。例年の芥川賞と比べてもダントツの売上です。

    続いては、第7位の橋本奈々未ファースト写真集『やさしい棘』。

    やさしい棘
    著者:橋本奈々未 長野博文
    発売日:2015年08月
    発行所:幻冬舎
    価格:1,700円(税込)
    ISBNコード:9784344027947

    乃木坂46のメンバーで、雑誌「Cancam」の専属モデルでもある橋本奈々未さんのファーストソロ写真集が見事ランクイン。乃木坂46のメンバーでは白石麻衣さん、西野七瀬さんに続いて3人目のソロ写真集です。白石さん・西野さんのお2人は10万部に近い売上を記録しておりますので、同じ1期生として、売上もこれに続くのか注目です。

     

    仕入窓口が注目する今週の一冊

    今週は新書のランキングで6位に入っている「下流老人」です。

    下流老人
    著者:藤田孝典
    発売日:2015年06月
    発行所:朝日新聞出版
    価格:821円(税込)
    ISBNコード:9784022736208

    まもなく、日本の高齢者の9割が下流化する。本書でいう下流老人とは、「生活保護基準相当で暮らす高齢者、およびその恐れがある高齢者」である。そして今、日本に「下流老人」が大量に生まれている。この存在が、日本に与えるインパクトは計り知れない。
    約600万人がひとり暮らし、うち半数は生活保護レベルの日本の高齢者。老後崩壊の衝撃を、テレビ、新聞、ネットで今最注目の著者が描く。

    こちらは6月の発売以後、徐々に売上を伸ばしてついにランキング入りを果たしました。

    下流老人(日販 オープンネットワークWIN調べ)

    これが自分の将来なのかと想像するだけでも恐ろしいですが、実は似たようなテーマで売れている本があります。

    老後破産
    著者:日本放送協会
    発売日:2015年07月
    発行所:新潮社
    価格:1,404円(税込)
    ISBNコード:9784104056064

    こちらは昨年NHKスペシャルで放映された「老人漂流社会~老後破産の現実~」を書籍化したもの。7月の発売以降、先ほどの『下流老人』とともに店頭に並んでいるのをよく見かけます。私も含めてですが、将来の生活を考えるためにも、一読してみてはいかがでしょうか。

    それではまた~。

    タグ
    Pocket






  • 関連記事

    ページの先頭に戻る