• シリーズ累計410万部突破!『オーバーロード』最新巻が首位獲得!今週の週間総合ランキング(2017年10月4日調べ)

    2017年10月05日
    もっと見る
    日販 ほんのひきだし編集部 SxGxMxT
    Pocket

    前回のランキングでは、前々回に続き、東野圭吾さんの『マスカレード・ナイト』が第1位、『ざんねんないきもの事典』が第2位にランクインしました。

    さて、今回のランキングはどうなったのでしょうか?

    さっそくランキング、ど~ん!

    順位 書名 著者 出版社
    1 オーバーロード(12) 丸山くがね KADOKAWA
    2 マスカレード・ナイト 東野圭吾 集英社
    3 くるねこ(20) くるねこ大和 KADOKAWA
    4 生きていくあなたへ 日野原重明 幻冬舎
    5 ざんねんないきもの事典 今泉忠明
    下間文恵ほか
    高橋書店
    6 encourage 石原さとみ 宝島社
    7 続 ざんねんないきもの事典 今泉忠明
    下間文恵ほか
    高橋書店
    8 世界一美味しい煮卵の作り方 はらぺこグリズリ- 光文社
    9 ホワイトラビット 伊坂幸太郎 新潮社
    10 毎日かあさん(14) 西原理恵子 毎日新聞出版

    今回の第1位は、丸山くがねさんの『オーバーロード』第12巻となりました!

    『オーバーロード』はシリーズ累計発行部数が410万部を突破している新文芸作品。「魔王」を主人公としたダークファンタジーです。「このライトノベルがすごい!2017」で単行本・ノベルズ部門の第1位を獲得、2015年に放送されたテレビアニメ第1期は多くのファンを魅了しました。

    2018年1月からは、テレビアニメ第2期「オーバーロードⅡ」が放送されます。原作を未読の方は放送前にぜひチェックを!


    オーバーロード 12
    著者:丸山くがね soーbin
    発売日:2017年09月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784047348455

    第3位には、『くるねこ』第20巻がランクイン。

    『くるねこ』は著者・くるねこ大和さんの人気ブログを原作とするコミックエッセイ。猫との日常を綴った内容が猫好きの支持を集め、シリーズ累計発行部数は200万部を突破しています。

    くるねこ 其の20
    著者:くるねこ大和
    発売日:2017年09月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784047347755

    『くるねこ』第20巻と同時に、「くるねこ」シリーズで”猫医者”としておなじみ鈴木真さんの『もっと猫医者に訊け!』も発売されました。猫と人にまつわる100問100答に加え、くるねこ大和さんの描き下ろしイラストと漫画も収録されています。
    もっと猫医者に訊け!
    著者:鈴木真 くるねこ大和
    発売日:2017年09月
    発行所:KADOKAWA
    価格:756円(税込)
    ISBNコード:9784047347274

    第4位には、日野原重明さんの『生きていくあなたへ』がランクインしました。

    日野原さんは文化勲章受賞歴もある医学博士。「生活習慣病」という言葉の生みの親としても知られ、終末期医療の普及をはじめ多くの分野で日本の医学の発展を支えてきました。最後まで現役で活動をされていましたが、2017年7月18日、呼吸不全で亡くなりました。105歳でした。

    『生きていくあなたへ』は、そんな日野原さんが亡くなる直前までベッドで語った、「これから生きていく人々」へのメッセージをまとめたもの。健康と病気、出会いと別れ、そして生と死……。105歳という高齢で、死と向き合いながら紡ぎ出された言葉には、人生の深淵を覗かせるような深みがあります。

    悩み、迷い、傷つきながら生きる全ての人におすすめの一冊です。

    生きていくあなたへ
    著者:日野原重明
    発売日:2017年09月
    発行所:幻冬舎
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784344031722

     

    今週のスポットライト:ドンペリより運動後の麦茶のほうが美味い! 堀江貴文×井川意高『東大から刑務所へ』

    総合ランキングでは圏外ながら、注目のタイトルをピックアップする「今週のスポットライト」。今回は、新書ノンフィクションランキングで第6位にランクインした『東大から刑務所へ』を取り上げます。

    本書は、「元東大生で元受刑者」という共通した経歴をもつ堀江貴文さん、元大王製紙会長・井川意高さんの対談を収録した一冊です。

    東大から刑務所へ
    著者:堀江貴文 井川意高
    発売日:2017年09月
    発行所:幻冬舎
    価格:886円(税込)
    ISBNコード:9784344984714

    大学在学中に起業したライブドアを時価総額8,000億円企業にまで成長させながら、2011年に証券取引法違反で懲役2年6か月の実刑判決を受けた堀江さん。一方、大王製紙創業家の長男として生まれ、42歳で社長に就任しながらカジノに106億8,000万円を使い込み、2012年に執行猶予なしの懲役4年を言い渡された井川さん。

    輝かしいキャリアから一転、どん底生活を経験した2人が語る人生論とは……?

    驚きなのは、辛い経験をしながらもどこかポジティブな視点を失っていないこと。「ドンペリより運動後の麦茶のほうが美味い」「すべてを失って初めて、自分らしい生き方が見つかる」など、受刑生活から前向きな学びを引き出し、出所後の活動への意欲を高めているのです。

    「刑務所に入る」という経験は誰にでも当てはまるものではありませんが、「どんな環境でも腐らずに経験として活かす」姿勢からは大いに学ぶべき点があります。「今人生がうまくいってない……」とお悩みの方は、本書からヒントをもらえるかもしれませんよ。

    以上、今週の週間総合ランキングでした。次回もお楽しみに!



     

    前回のランキングを見る

    『毎日かあさん』最終巻が好調!”卒母”の先は……?今週の週間総合ランキング(2017年9月27日調べ)

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る