• 最強の将棋AIから「知能」の本質を考える 今売れているビジネス書ランキング(2017年6月30日調べ)

    2017年07月15日
    もっと見る
    日販 仕入部 服部
    Pocket

    ビジネス書 2017年6月の売上ランキング(日販調べ)

    順位 書名 著者 出版社
    1 はじめての人のための3000円投資生活 横山光昭 アスコム
    2 あの会社はこうして潰れた 藤森徹 日本経済新聞出版社
    3 「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由 ゆうきゆう
    汐街コナ
    あさ出版
    4 まんがでわかる 伝え方が9割 佐々木圭一
    大舞キリコほか
    ダイヤモンド社
    5 脳疲労が消える最高の休息法CDブック 久賀谷亮 ダイヤモンド社
    6 マンガでわかる!誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方 野口敏
    酒井だんごむし
    すばる舎
    7 考え方 稲盛和夫 大和書房
    8 宝くじで1億円当たった人の末路 鈴木信行 日経BP社発行日経BPマーケティング発売
    9 「言葉にできる」は武器になる。 梅田悟司 日本経済新聞出版社
    10 神・時間術 樺沢紫苑 大和書房

    6月の月間ランキング第1位は、2017年上半期ベストセラーでも総合第7位に輝いた『はじめての人のための3000円投資生活』となりました。これで8か月連続第1位! 驚異的です。

    6月23日(金)には続編となる『3000円投資生活で本当に人生を変える!』が発売され、こちらも好調。発売から2週間で早くも10万部を突破しています。

    はじめての人のための3000円投資生活
    著者:横山光昭
    発売日:2016年07月
    発行所:アスコム
    価格:1,188円(税込)
    ISBNコード:9784776209119
    3000円投資生活で本当に人生を変える!
    著者:横山光昭
    発売日:2017年07月
    発行所:アスコム
    価格:864円(税込)
    ISBNコード:9784776209478

    初心者におすすめ!『3000円投資生活』人気の理由は「損の少なさ」と「分かりやすさ」にある
    ベストセラーの『3000円投資生活』に実践編が登場!“次の一手”で本当に人生が変わる!?

    そして第5位には、20万部のヒットを記録したマインドフルネス本のCDブックがランクイン。前作『世界のエリートがやっている最高の休息法』の内容をさらにわかりやすくし、マインドフルネスの脳科学的メカニズムを解説しています。

    なんと付属CDは“10分間聞くだけで頭がスッキリする”という代物。最強の休息法を身につけて仕事の効率を上げ、プライベートを充実させましょう!

    脳疲労が消える 最高の休息法[CDブック]
    著者:久賀谷亮
    発売日:2017年05月
    発行所:ダイヤモンド社
    価格:1,620円(税込)
    ISBNコード:9784478101919

     

    人工知能はどのようにして「名人」を超えたのか?

    史上最多連勝記録を達成した藤井聡太四段の影響で、今“将棋”に注目が集まっています。

    棋士の中には戦術を学ぶうえでAI(将棋ソフト)を使う方もかなり多いのだとか。また「天才棋士とAIはどちらが強いのか?」というテーマは、持ち上がるたびにさまざまな議論を呼んでいます。

    そんな今読みたいのが、“最強の将棋AI”とされるポナンザの開発者が、人工知能についての解説を通して「知能とは何か」という問題にこたえた『人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?』。プログラマの手を離れ、既存の科学の範疇を超え、さらに人間そのものからも卒業しようとしているAI。理解を深めるのにおすすめの一冊です。

    人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?
    著者:山本一成
    発売日:2017年05月
    発行所:ダイヤモンド社
    価格:1,620円(税込)
    ISBNコード:9784478102541

    藤井四段の活躍で将棋ブーム到来!今売れている将棋本ランキング
    藤井四段の集中力を育てた「モンテッソーリ教育」関連本が売行好調




    前回のランキングを見る

    帝国データバンク情報部長が明かす、有名企業倒産の裏側!今売れているビジネス書ランキング(2017年5月30日調べ)

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る