• 今売れている文庫ランキング(2017年6月19日~6月25日)

    2017年06月27日
    もっと見る
    日販 ほんのひきだし編集部 SxGxMxT
    Pocket

    前回は、住野よるさんの『君の膵臓をたべたい』が第1位に、『魔法科高校の劣等生』第22巻が第2位にランクインしました。

    そして先週は、2015年本屋大賞を受賞した『鹿の王』の文庫化がスタート、同じく2015年に「アメトーーク!」読書芸人特集をきっかけにブレイクした『教団X』も文庫化されています。

    さて、ランキングに新たな動きはあったのでしょうか? ランキングを見てみましょう!(※今回の集計期間:2017年6月19日~25日/日販 オープンネットワークWIN調べ)。括弧内は前回の順位との比較です。

     

    文庫売上ランキング トップ3

    順位 書名 著者 発売日
    1(→) 双葉文庫
    君の膵臓をたべたい
    住野よる 2017/4/27
    2(NEW) 角川文庫
    鹿の王(1)
    上橋菜穂子 2017/6/17
    3(NEW) 角川文庫
    鹿の王(2)
    上橋菜穂子 2017/6/17

    前回と同じく、『君の膵臓をたべたい』が第1位となりました! 7月28日(金)の映画公開まであと1か月。このままトップ3以内を維持し続けるのか、要注目です。

    君の膵臓をたべたい
    著者:住野よる
    発売日:2017年04月
    発行所:双葉社
    価格:720円(税込)
    ISBNコード:9784575519945

    『鹿の王』第1巻・第2巻は、第2位・第3位に並んでランクイン。第3巻・第4巻は、7月25日(火)発売予定です。

    鹿の王 1
    著者:上橋菜穂子
    発売日:2017年06月
    発行所:KADOKAWA
    価格:691円(税込)
    ISBNコード:9784041054895

     

    第4位~第10位

    順位 書名 著者 発売日
    4(↑) 徳間文庫
    アキラとあきら
    池井戸潤 2017/5/17
    5(↓) 講談社文庫
    百万石の留守居役(9)因果
    上田秀人 2017/6/15
    6(NEW) 集英社文庫
    教団X
    中村文則 2017/6/22
    7(↑) ポプラ文庫
    真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥
    大沼紀子 2017/6/15
    8(↓) 光文社文庫
    虚ろな十字架
    東野圭吾 2017/5/11
    9(NEW) MF文庫J
    Re:ゼロから始める異世界生活(13)
    長月達平 2017/6/23
    10(↓) 講談社文庫
    22年目の告白-私が殺人犯です-
    浜口倫太郎 2017/4/14

    『教団X』は第6位となりました。記事冒頭で触れた「アメトーーク!」読書芸人特集にてオードリー若林正恭さん、ピース又吉直樹さん(当時は芥川賞受賞前でした)に絶賛され、注目を集めた作品です。

    恋人の失踪をきっかけに、カルト宗教団体にかかわりを持つこととなった主人公。物語はこれを通して、人間の“性”や“悪”を描き出します。500ページを超える長編に「挫折率が高い」とも言われている本作ですが、文庫化されたこの機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

    教団X
    著者:中村文則
    発売日:2017年06月
    発行所:集英社
    価格:864円(税込)
    ISBNコード:9784087455915

    第9位には、人気ライトノベル『Re:ゼロから始める異世界生活』最新13巻がランクイン。「リゼロ」と呼ばれ親しまれている本シリーズは、小説投稿サイト「小説家になろう」にて2012年4月より連載され、2014年1月よりMF文庫Jより刊行されている作品です。

    自身の死とともに時間を巻き戻す“死に戻り”の能力を持ち異世界に転生した少年が、繰り返される“死の運命”に抗うべく奮闘する物語。異世界転生系の作品の中でも、主人公がチートな能力を持っていない設定が好きな方には特におすすめです。

    Re:ゼロから始める異世界生活 13
    著者:長月達平 大塚真一郎
    発売日:2017年06月
    発行所:KADOKAWA
    価格:626円(税込)
    ISBNコード:9784040692852



    1 2
    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る