第22回松本清張賞贈呈式開催

2015年07月10日
もっと見る
日販 商品情報センター
Pocket

日本文学振興会は7月3日、東京・丸の内のパレスホテルで、第22回松本清張賞の贈呈式を開催した。

同賞は、推理小説のみならず時代・歴史小説、日本古代史など、幅広い分野で大きな足跡を残した故松本清張氏の業績を記念し制定された、公募の長篇小説賞である。選考委員は、石田衣良、角田光代、北村薫、桜庭一樹、葉室麟の各氏。

受賞者と受賞作品は以下の通り。

額賀 澪(ぬかがみお)「ウインドノーツ」
(発表「オール讀物」6月号 ※単行本は『屋上のウインドノーツ』と改題)

著者略歴: 1990年生まれ。茨城県出身。2013年日本大学藝術学部文芸学科卒。現在、広告代理店勤務。

屋上のウインドノーツ
著者:額賀澪
発売日:2015年06月
発行所:文藝春秋
価格:1,296円(税込)
ISBNコード:9784163902869

選考委員の桜庭一樹氏は、「今年の選考は、最初から額賀さんの作品が抜きん出ていた。構成がしっかりしており、描写も素晴らしい。そして、人と人が出会って影響を及ぼして変わっていける、成長をしていけることを信じて書いているところがよい。読者が希望を持って読めるエンターテインメントの作家である」と祝辞を述べた。

受賞の額賀氏は、「大学で私に創作を教えてくれた恩師から『今日は具合が悪く行けない』とメールがあり、『これからも受賞パーティーがいっぱいあるように頑張るので、次回は来てください』と伝えた。先生との約束を守れるよう、頑張っていきたい」と笑顔で受賞の喜びを語った。

なお、額賀氏は同時期に、「ヒトリコ」で第16回小学館文庫小説賞も受賞している。

ヒトリコ
著者:額賀澪
発売日:2015年06月
発行所:小学館
価格:1,296円(税込)
ISBNコード:9784093864176

文藝春秋と小学館では「注目の24歳大型新人 ダブル文学賞受賞!」と両社で朝日新聞全五段共同広告を打つなど、書店営業、広告宣伝面でのコラボレーションを展開している。

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る