• 月間首位は村上春樹『騎士団長殺し』!3月の月間総合ランキング(2017年3月31日調べ)

    2017年04月03日
    もっと見る
    日販 仕入部 吉野
    Pocket

    2月の月間総合ランキングでは、直木賞受賞作『蜜蜂と遠雷』が第1位となりました。

    3月はどんな本が売れていたのでしょうか? さっそく、ランキングをどうぞ!!

    順位 書名 著者 出版社
    1 騎士団長殺し(1・2) 村上春樹 新潮社
    2 九十歳。何がめでたい 佐藤愛子 小学館
    3 応仁の乱 呉座勇一 中央公論新社
    4 コーヒーが冷めないうちに 川口俊和 サンマーク出版
    5 か「」く「」し「」ご「」と「 住野よる 新潮社
    6 はじめての人のための3000円投資生活 横山光昭 アスコム
    7 君の膵臓をたべたい 住野よる 双葉社
    8 それでもこの世は悪くなかった 佐藤愛子 文藝春秋
    9 おしりたんてい かいとうVSたんてい トロル ポプラ社
    10 サイコパス 中野信子 文藝春秋

    3月のランキング第1位は、2月24日に発売された村上春樹さんの『騎士団長殺し』となりました。『1Q84』から7年、待望の書き下ろし長編です。

    妻と別れ、小田原市郊外の古い家で暮らし始めた画家の「私」が、家の屋根裏で見つけた「騎士団長殺し」という絵……。「私」はそこから、奇妙な出来事に巻き込まれていくことになります。

    ファンに嬉しい“春樹ワールド”全開のストーリーながら、初めて読む人にもやさしいソフトな読み味になっているとの評もある本作。春樹作品を読んだことのない方も、この機会にチャレンジしてみては?

    騎士団長殺し 第1部(顕れるイデア編)
    著者:村上春樹
    発売日:2017年02月
    発行所:新潮社
    価格:1,944円(税込)
    ISBNコード:9784103534327
    騎士団長殺し 第2部(遷ろうメタファー編)
    著者:村上春樹
    発売日:2017年02月
    発行所:新潮社
    価格:1,944円(税込)
    ISBNコード:9784103534334

    村上春樹30年来の編集担当は『騎士団長殺し』をどう読んだか?

    ▼読了した方はこちらもチェック! 4月17日(月)発売予定です。

    村上春樹「騎士団長殺し」メッタ斬り!
    著者:大森望 豊崎由美
    発売日:2017年04月
    発行所:河出書房新社
    価格:799円(税込)
    ISBNコード:9784309025674

    話題の新書『応仁の乱』は、第3位にランクイン。知名度のわりにくわしく知っている人の少ない「応仁の乱」について、既成史観の図式に頼ることなく丁寧に整理し、読み解いている一冊です。

    副読本には『超現代語訳戦国時代』がおすすめ。「応仁の乱」から「真田丸」まで、歴史大好き芸人の房野史典さん(ブロードキャスト!!)が、わかりやすくまとめています。

    応仁の乱
    著者:呉座勇一
    発売日:2016年10月
    発行所:中央公論新社
    価格:972円(税込)
    ISBNコード:9784121024015
    超現代語訳戦国時代
    著者:房野史典
    発売日:2016年09月
    発行所:幻冬舎
    価格:1,404円(税込)
    ISBNコード:9784344029910

    今や28万部を突破!『応仁の乱』を読んでいるのは、どんな人たちなのか?

    第5位は、住野よるさんの最新作『か「」く「」し「」ご「」と「』。『君の膵臓をたべたい』『また、同じ夢を見ていた』『よるのばけもの』に続く4作目です。

    ちょっと変わった能力を持つ5人の高校生が織りなす、共感度ナンバーワンの青春小説。青春真っ盛りの中高生も、あの頃の気持ちを味わいたい大人たちにもおすすめです!

    か「」く「」し「」ご「」と「
    著者:住野よる
    発売日:2017年03月
    発行所:新潮社
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784103508311

    「キミスイ」「また夢」の住野よるさんってどんな人?本人に直接聞いてみた〈単独インタビュー〉




    ランキング番外編:これぞ究極の“角栄本”!『父と私』

    ランキング外から注目のタイトルを紹介する「ランキング番外編」。今回は、いま何かと話題の『父と私』を取り上げます。

    父と私
    著者:田中眞紀子
    発売日:2017年03月
    発行所:日刊工業新聞社
    価格:1,728円(税込)
    ISBNコード:9784526076763

    「角栄ブーム」が起こった2016年。年間ベストセラーで第1位を獲得した『天才』をはじめ数多くの“角栄本”が刊行されましたが、今回紹介する『父と私』は、実の娘である田中眞紀子さんが、自らの視点で「政治家・田中角栄」について綴った一冊です。

    47年間もの間、すぐそばで父を見てきた田中眞紀子さんは、何を学び、今を生きる人々に何を伝えようとしているのか? 本書とともに、あらためて『天才』を再読するのも良さそうです。

    天才
    著者:石原慎太郎
    発売日:2016年01月
    発行所:幻冬舎
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784344028777

    ***

    さて、4月はいよいよ「本屋大賞2017」の結果が発表されます! どの作品が大賞を受賞するのか、またランキングにどう影響するのか、楽しみですね。

     

    前回のランキングを見る

    直木賞受賞作『蜜蜂と遠雷』が首位獲得!2月の月間総合ランキング(2017年2月28日調べ)

    タグ
    Pocket

  • netgalley03|8/7~8/21

    発売前の新刊がスマホ・PCで読める!「NetGalley」


  • 関連記事

    ページの先頭に戻る