• 『ど根性ガエルの娘』『SAD GiRL』など8作品が第21回手塚治虫文化賞マンガ大賞最終候補に

    2017年02月23日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部 浅野
    Pocket

    第21回手塚治虫文化賞 マンガ大賞の最終候補が決定

    第21回手塚治虫文化賞「マンガ大賞」の最終候補が決定しました。

    今回最終候補作品としてノミネートされたのは、8作品。書店員・漫画関係者で最も推す者の多かった『ゴールデンカムイ』をはじめ、先日あらたに単行本が刊行された『ど根性ガエルの娘』、TVアニメ化が決定した『クジラの子らは砂上に歌う』などが候補となっています。

     

    最終候補作品はこちら

    ・『クジラの子らは砂上に歌う』(梅田阿比/秋田書店)
    ・『ゴールデンカムイ』(野田サトル/集英社)
    ・『SAD GiRL』( 高浜寛/リイド社)
    ・『昭和元禄落語心中』(雲田はるこ/講談社)
    ・『トクサツガガガ』(丹羽庭/小学館)
    ・『ど根性ガエルの娘』(大月悠祐子/白泉社)
    ・『花に染む』(くらもちふさこ/集英社)
    ・『レインマン』(星野之宣/小学館)
    ※作品名50音順、敬称略

    選考委員には、女優の杏さん、漫画家の里中満智子さんのほか、漫画編集者や解説者、研究者などが参加。また今回新任として、作家の桜庭一樹さんが参加しています。

     

    最終選考会の結果は4月下旬発表

    大賞受賞作は最終選考会を経て、4月下旬の朝日新聞紙面で発表予定。また5月31日(水)には東京・浜離宮朝日ホールにて贈呈式が行われます。

    昨年の大賞受賞作はこちら

     

    おすすめ関連記事

    『ど根性ガエルの娘』が衝撃的すぎると話題沸騰中!単行本の緊急発売が決定

    アニメ「昭和元禄落語心中」第2期 “助六再び編” は2017年1月より放送スタート

    タグ
    Pocket






  • 関連記事

    ページの先頭に戻る