「アメトーーク!」効果抜群!今週の総合ランキングトップ10!

2015年06月25日
もっと見る
仕入窓口のさっかー小僧(日販 仕入部)
Pocket

キングダム芸人に続き、読書芸人でも売上が爆発!

こんにちは!先週は出版業界全員が注目していた(と、思われる)テレビ朝日系「アメトーーク!」読書芸人特集が放送されました。個人的には「電車の中で人が読んでいる本が気になる」という“本好きあるある”に特にうなずいてしまいました。

翌日19日には第153回芥川・直木賞候補作の発表もあり、何かと話題の1週間でしたね。さて、ランキングのほうはどうなったのか?超・注目です!

ということで、ランキングどん!

順位 書名 著者
1 火花 又吉直樹
2 一〇三歳になってわかったこと 篠田桃紅
3 絶歌 元少年A
4 家族という病 下重暁子
5 聞くだけで自律神経が整うCDブック 小林弘幸
6 ラプラスの魔女 東野圭吾
7 サラバ!(上下) 西加奈子
8 フランス人は10着しか服を持たない ジェニファー・L・スコット
神崎朗子訳
9 身近な人が亡くなった後の手続のすべて 児島明日美
福田真弓ほか
10 百歳の力 篠田桃紅

と言うことで、読書芸人・又吉直樹さんの作品で芥川賞候補作にもノミネートされた文藝春秋『火花』が第1位を獲得しました!

火花
著者:又吉直樹
発売日:2015年03月
発行所:文藝春秋
価格:1,296円(税込)
ISBNコード:9784163902302

売行きのグラフも見てみましょう。(日販調べ)

先日の「キングダム芸人」を彷彿とさせるこの売行!先週も取り上げましたが、改めてTVの影響力が絶大であることを思い知りました。ちなみに『火花』の他にも、前回の直木賞受賞作である西加奈子さんの『サラバ!』(総合ランキング第7位)や、中村文則さんの『教団X』(文芸書ランキング第4位)など、読書芸人で取り上げられていた銘柄は売上が軒並み急伸しております。

第2位には、もはやおなじみとなった篠田桃紅さんの『一〇三歳になってわかったこと』がランクイン。こちらも先週18日(木)放送のテレビ朝日系「モーニングバード」で紹介されたことを受け、売上が4倍となっております。しかしこの銘柄、毎週相当売っているのに、なかなか1位に輝けないシルバーコレクターっぷりを発揮しておりますね(笑)。第10位にランクインした集英社『百歳の力』も篠田桃紅さんの著作で、『一〇三歳~』とともに売れています。

 

仕入窓口が注目する、今週の一冊

今週は文芸書ランキングで第8位を獲得した、住野よるさんの『君の膵臓をたべたい』(双葉社)を紹介します。

君の膵臓をたべたい
著者:住野よる
発売日:2015年06月
発行所:双葉社
価格:1,512円(税込)
ISBNコード:9784575239058

発売前より業界内では話題になっており、先週当サイトのコラムでもご紹介した銘柄。かなりいい滑り出しを決めております。ちょっと季節はずれ感はありますが(笑)装丁もとても爽やかで、書店店頭でも色鮮やかに展開されていますね。見かけたらぜひ手に取ってみてください。

【名前のない僕】と、【日常のない彼女】。そんな二人が織りなす、ひと夏の物語
小説は、最後のページまで終わらないと、信じていた。

10代特有の瑞々しさがデビュー作とは思えない筆力で描かれており、読んでいると、遠い昔に忘れてきた甘酸っぱかったりしょっぱかったり、そういういろいろな感情を思い出します。ちなみに装丁は桜なんですが、内容は夏のお話。これからの季節にお薦めの一冊です。

 

それではまた~。

 


あわせて読みたい
「セカチュー」を超えるか!?『君の膵臓をたべたい』がいよいよ発売

 

 

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る