娯楽性が評される文学賞 第153回直木賞候補作は6名

2015年06月19日
もっと見る
ほんのひきだし編集部
Pocket

日本文学振興会より6月19日、第153回芥川賞・直木賞候補作が発表された。受賞を決める選考会は、7月16日(木)17時より東京・築地の「新喜楽」にて行われる。

 

第153回直木賞の候補作はこちら

門井 慶喜 『東京帝大叡古(えーこ)教授』(小学館)

東京帝大叡古教授
著者:門井慶喜
発売日:2015年03月
発行所:小学館
価格:1,728円(税込)
ISBNコード:9784093864084

主な作品
シュンスケ!
著者:門井慶喜
発売日:2013年03月
発行所:角川書店
価格:1,944円(税込)
ISBNコード:9784041104132

注文の多い美術館
著者:門井慶喜
発売日:2014年11月
発行所:文藝春秋
価格:1,620円(税込)
ISBNコード:9784163901701

 

澤田 瞳子 『若冲(じゃくちゅう)』(文藝春秋)

若冲
著者:澤田瞳子
発売日:2015年04月
発行所:文藝春秋
価格:1,728円(税込)
ISBNコード:9784163902494

主な作品
孤鷹の天 上
著者:澤田瞳子
発売日:2013年09月
発行所:徳間書店
価格:741円(税込)
ISBNコード:9784198937416

満つる月の如し
著者:澤田瞳子
発売日:2014年10月
発行所:徳間書店
価格:767円(税込)
ISBNコード:9784198938994

 

西川 美和 『永い言い訳』(文藝春秋)

永い言い訳
著者:西川美和
発売日:2015年02月
発行所:文藝春秋
価格:1,728円(税込)
ISBNコード:9784163902142

主な作品
ゆれる
著者:西川美和
発売日:2006年06月
発行所:ポプラ社
価格:1,296円(税込)
ISBNコード:9784591093030

夢売るふたり
著者:文藝春秋
発売日:2012年08月
発行所:文藝春秋
価格:1,728円(税込)
ISBNコード:9784163755908

 

馳 星周(はせ せいしゅう)『アンタッチャブル』(毎日新聞出版)

アンタッチャブル
著者:馳星周
発売日:2015年05月
発行所:毎日新聞出版
価格:1,998円(税込)
ISBNコード:9784620108148

主な作品
不夜城
著者:馳星周
発売日:1998年04月
発行所:角川書店
価格:720円(税込)
ISBNコード:9784043442010

雪炎
著者:馳星周
発売日:2015年01月
発行所:集英社
価格:1,944円(税込)
ISBNコード:9784087807462

 

東山 彰良 『流(りゅう)』(講談社)

著者:東山彰良
発売日:2015年05月
発行所:講談社
価格:1,728円(税込)
ISBNコード:9784062194853

主な作品
逃亡作法 上 新装版
著者:東山彰良
発売日:2009年09月
発行所:宝島社
価格:494円(税込)
ISBNコード:9784796673785

ブラックライダー
著者:東山彰良
発売日:2013年09月
発行所:新潮社
価格:2,808円(税込)
ISBNコード:9784103346517

 

柚木 麻子 『ナイルパーチの女子会』(文藝春秋)

ナイルパーチの女子会
著者:柚木麻子
発売日:2015年03月
発行所:文藝春秋
価格:1,620円(税込)
ISBNコード:9784163902296

主な作品
ランチのアッコちゃん
著者:柚木麻子
発売日:2013年04月
発行所:双葉社
価格:1,188円(税込)
ISBNコード:9784575238198

本屋さんのダイアナ
著者:柚木麻子
発売日:2014年04月
発行所:新潮社
価格:1,404円(税込)
ISBNコード:9784103355311

 

贈呈式は8月下旬に都内にて行われる予定。

なお前回(第152回)受賞作は西 加奈子『サラバ!』。

サラバ! 上
著者:西加奈子
発売日:2014年11月
発行所:小学館
価格:1,728円(税込)
ISBNコード:9784093863926

また、候補作品は下記の通り。
青山文平『鬼はもとより』(徳間書店)
大島真寿美『あなたの本当の人生は』(文藝春秋)
木下昌輝『宇喜多(うきた)の捨て嫁』(文藝春秋)
西 加奈子『サラバ!』(小学館)
万城目 学『悟浄出立(ごじょうしゅったつ)』(新潮社)

 

優秀な「短編・長編の大衆文芸作品」に贈られる直木賞

直木賞は、芥川賞と同じく日本文学振興会が昭和10年に制定。 新聞・雑誌(同人雑誌を含む)あるいは単行本として発表された短編および長編の大衆文芸作品のうち、最も優秀なものに贈られ(応募方式ではない)、無名・新進・中堅作家が対象となっている。授賞は上半期・下半期の年2回。選考委員は、浅田次郎・伊集院静・北方謙三・桐野夏生・高村薫・林真理子・東野圭吾・宮城谷昌光・宮部みゆきの各氏となっている。

 


あわせて読みたい
又吉直樹『火花』もノミネート 第153回芥川賞候補作が決定!

Pocket

  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る