• 又吉直樹『火花』もノミネート 第153回芥川賞候補作が決定!

    2015年06月19日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    日本文学振興会より6月19日、第153回芥川賞・直木賞候補作が発表された。受賞を決める選考会は、7月16日(木)17時より東京・築地の「新喜楽」にて行われる。

     

    島本理生氏、又吉直樹氏ら5名の作品がノミネート

    内村 薫風 「MとΣ」(「新潮」3月号掲載)

     

    島本 理生 「夏の裁断」(「文學界」6月号掲載)
    芥川賞候補ノミネートは「リトル・バイ・リトル」(第128回)「生まれる森」(第130回)「大きな熊が来る前に、おやすみ。」(第135回)に続いて4度目となる。

    主な作品

    ナラタージュ
    著者:島本理生
    発売日:2008年02月
    発行所:角川書店
    価格:648円(税込)
    ISBNコード:9784043885015

    リトル・バイ・リトル
    著者:島本理生
    発売日:2006年01月
    発行所:講談社
    価格:453円(税込)
    ISBNコード:9784062752954

    アンダスタンド・メイビー 上
    著者:島本理生
    発売日:2014年01月
    発行所:中央公論新社
    価格:782円(税込)
    ISBNコード:9784122058958

     

    高橋 弘希 「朝顔の日」(「新潮」6月号掲載)
    前回(第152回)芥川賞候補作に「指の骨」がノミネートされた。

    主な作品

    指の骨
    著者:高橋弘希
    発売日:2015年01月
    発行所:新潮社
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784103370710

     

    滝口 悠生 「ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス」(「新潮」5月号掲載)

    主な作品

    寝相
    著者:滝口悠生
    発売日:2014年03月
    発行所:新潮社
    価格:1,944円(税込)
    ISBNコード:9784103353119

    愛と人生
    著者:滝口悠生
    発売日:2015年01月
    発行所:講談社
    価格:1,836円(税込)
    ISBNコード:9784062193351

     

    羽田 圭介「スクラップ・アンド・ビルド」(「文學界」3月号掲載)

    主な作品

    黒冷水
    著者:羽田圭介
    発売日:2003年11月
    発行所:河出書房新社
    価格:1,404円(税込)
    ISBNコード:9784309015897

    メタモルフォシス
    著者:羽田圭介
    発売日:2014年07月
    発行所:新潮社
    価格:1,728円(税込)
    ISBNコード:9784103361114

     

    又吉 直樹 「火花」(「文學界」2月号掲載)

    主な作品

    カキフライが無いなら来なかった
    著者:せきしろ 又吉直樹
    発売日:2009年06月
    発行所:幻冬舎
    価格:1,404円(税込)
    ISBNコード:9784344016958

    新・四字熟語
    著者:又吉直樹 田中象雨
    発売日:2015年01月
    発行所:幻冬舎
    価格:583円(税込)
    ISBNコード:9784344423008

    火花
    著者:又吉直樹
    発売日:2015年03月
    発行所:文藝春秋
    価格:1,296円(税込)
    ISBNコード:9784163902302

     

    贈呈式は8月下旬に都内にて行われる予定。

    なお前回(第152回)受賞作は小野正嗣『九年前の祈り』。

    九年前の祈り
    著者:小野正嗣
    発売日:2014年12月
    発行所:講談社
    価格:1,728円(税込)
    ISBNコード:9784062192927

    また、候補作品は下記の通り。
    上田岳弘『惑星』(新潮8月号)
    小野正嗣『九年前の祈り』(群像9月号)
    小谷野 敦『ヌエのいた家』(文學界9月号)
    高尾長良『影媛(かげひめ)』(新潮12月号)
    高橋弘希『指の骨』(新潮11月号)

     

    優秀な「純文学短編作品」に対して贈られる芥川賞

    芥川賞は、直木賞と同じく日本文学振興会が昭和10年に制定。新聞・雑誌(同人雑誌を含む)に発表された純文学短編作品のうち最も優秀なものに贈られ(応募方式ではない)、主に無名もしくは新進の作家を対象としている。授賞は上半期・下半期の年2回。選考委員は、小川洋子・奥泉光・川上弘美・島田雅彦・高樹のぶ子・堀江敏幸・宮本輝・村上龍・山田詠美の各氏となっている。

     


    あわせて読みたい
    娯楽性が評される文学賞 第153回直木賞候補作は6名

    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る