ハリー・ポッターと呪いの子

ファンタビ公開で「ハリポタ」新作は好調を維持!今週の週間総合ランキング(11/24調べ)

2016年11月25日
もっと見る
日販 仕入部 SxGxMxT
Pocket

前回のランキングでは『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部特別リハーサル版』が第1位に、「アメトーーク!」の読書芸人特集で紹介された『コンビニ人間』が第2位にランクインしました。今回はどんな作品がランキング入りしているのでしょうか?

さっそく、ランキングど~~~ん!

順位 書名 著者 出版社
1 新・人間革命(28) 池田大作 聖教新聞社
2 ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版 J.K.ローリング
ジョン・ティファニーほか
静山社
3 コンビニ人間 村田沙耶香 文藝春秋
4 九十歳。何がめでたい 佐藤愛子 小学館
5 はじめての人のための3000円投資生活 横山光昭 アスコム
6 つくおき 週末まとめて作り置きレシピ nozomi 光文社
7 恋のゴンドラ 東野圭吾 実業之日本社
8 掟上今日子の旅行記 西尾維新 講談社
9 人間の煩悩 佐藤愛子 幻冬舎
10 君の名は。(角川つばさ文庫) 新海誠
ちーこ
KADOKAWA

今回は池田大作さんの長編大河小説「新・人間革命」の最新28巻が首位を獲得し、前回第1位だった『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版』は第2位となりました。11月23日には新シリーズの映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」も公開され、魔法世界の物語を楽しむ人々が増えています。

ハリー・ポッターと呪いの子 第1部・第2部 特別リハーサル版
著者:J.K.ローリング ジョン・ティファニー ジャック・ソーン ジャック・ソーン 松岡佑子
発売日:2016年11月
発行所:静山社
価格:1,944円(税込)
ISBNコード:9784863893467

村田沙耶香さんの芥川賞受賞作『コンビニ人間』も好調で、前回に引き続き『ハリー・ポッターと呪いの子』の次点をキープ。ちなみにトップ10には入っていませんが、先週「スポットライト」でご紹介した『マチネの終わりに』をはじめ、『グローバライズ』や『教団X』など「アメトーーク!」読書芸人特集で紹介された他の作品も軒並み売上を伸ばしています。

11月17日に発売された西尾維新さんによる〈忘却探偵〉シリーズ最新作『掟ガミ今日子の旅行記』は第8位にランクイン。初回版には限定特典として「掟上今日子の搭乗券しおり」が付いていますので、ファンの方はお早めに書店でお買い求めください。

掟上今日子の旅行記
著者:西尾維新
発売日:2016年11月
発行所:講談社
価格:1,350円(税込)
ISBNコード:9784062203760

 

今週のスポットライト:「これは、戦争だ」テロリストからの宣戦布告! 『And so this is Xmas』

総合ランキングでは圏外ながら、注目のタイトルをピックアップする「今週のスポットライト」。今回はクリスマスのちょうど1か月前、本日11月25日に発売される『And so this is Xmas』を取り上げます。著者は「アンフェア」シリーズや、藤原竜也さん主演ドラマ「そして誰もいなくなった」の脚本でも知られる秦建日子さん。『And so this is Xmas』は9月から10月にかけて舞台公演も行われており大好評を博したようですが、小説版では舞台脚本とは異なるシナリオで、我々読者をハラハラさせてくれます!

And so this is Xmas
著者:秦建日子
発売日:2016年11月
発行所:河出書房新社
価格:1,728円(税込)
ISBNコード:9784309025131

恵比寿、渋谷で起きる連続爆弾テロ! 第3のテロを予告する犯人の要求は、テレビ生放送での首相との対話。犯人は? 動機は? 繰り返される「これは戦争だ」という言葉の意味は?

河出書房新社公式HP『And so this is Xmas』より)

現代において不幸にも無視できない存在の一つとなってしまったテロリズム。それが日本で牙を剥いたとき、我われ一般人はどうなってしまうのか? 今の日本の在り方を根本から問いかける、ノンストップ・クライム・サスペンスです。

秦建日子さん関連記事
「アンフェア」原作シリーズ最新刊発売!作者・秦建日子が語る〈雪平夏見〉との10年

以上、今週の総合ランキングでした。来週もお楽しみに! それではまた~。

 

先週のランキングを見る

『ハリー・ポッターと呪いの子』が爆発的に売れている!今週の週間総合ランキング(11/16調べ)

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る